【2018年版】UQモバイルのマンスリー割で実質108円でスマホを買える!対象機種はどれ?

格安SIMには、たくさんの企業が参入しています。

この記事は、au系列の格安SIMであるUQモバイルのお話です。
ダントツの回線速度で有名になった格安SIMです。

最近は、テレビCMでもよく見かけますよね?

そんなUQモバイルには、たくさんの割引が用意されています。
割引内容は以下の通りです。

  • スマトク割
  • 長期利用割引
  • イチキュッパ割
  • UQ家族割
  • マンスリー割
  • UQ購入サポート
    UQ購入サポートは,2017年11月27日で受付終了しました。

割引サービスの中でも、マンスリー割に焦点をあてました。

いちごくん
バナナさんは、UQモバイルのマンスリー割がどういうものか知ってる?
バナナさん
うーん。わかんない。
いちごくん
 マンスリー割のおかげで、スマホを108円で買えることもあるんだよ!
バナナさん
嘘っ!?スマホってあのスマホだよね?なんで108円で買えるの!?
いちごくん
おっ!興味持ってくれた?
それじゃあ、詳しく解説していくね。

毎月の携帯料金・スマホ本体代などをお得に契約したい人は、ぜひ最後まで参考にしてください。

マンスリー割について

マンスリー割とは、一定の条件をクリアことで、契約2ヶ月目から25ヶ月目まで、毎月一定額を割り引いてくれるサービスです。

参照:公式ページ マンスリー割

スマホ本体の料金がめちゃくちゃ安くなり、実質108円でスマホを買うこともできるのです。

ドコモの「月々サポート」auの「毎月割」ソフトバンクの「月々割」と同じようなサービスです。

条件とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

マンスリー割を適用するための条件

バナナさん
マンスリー割っていつでも適用されるものなの?
いちごくん
そうじゃないんだ。ちゃんと条件がいくつかあるんだ。

マンスリー割を利用するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

条件をまとめると、以下の通りです。

  • スマホのSIMをセットで申し込むこと
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込むこと
  • 対象のスマホを購入すること

この3点が、適用の条件となります。
それでは、条件についてくわしく見ていきましょう!

スマホとUQモバイルのSIMをセットで申し込むこと

いちごくん
スマホとSIMカードをセットで申し込む必要があるよ!

UQモバイルには、「SIMカードのみ」の契約と「スマホとSIMカードセット購入」の契約の2つがあります。

マンスリー割を受けるためには、「スマホとSIMカードセット購入」の契約をする必要があります。

そもそもマンスリー割とは、スマホの本体代金を割り引くものです。
そのため、「SIMカードのみの契約」の場合は、対象外となります。

勘違いしないために押さえておきたいポイントですね。

おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込むこと

マンスリー割を適用させるには、対象のプランに申し込む必要があります。

そのプランが以下の通りです。

【対象プラン】

  • おしゃべりS
  • おしゃべりM
  • おしゃべりL
  • ぴったりS
  • ぴったりM
  • ぴったりL

おしゃべり・ぴったりプランに申し込むことが、条件となります。

おしゃべり・ぴったりプラン以外で契約した場合は対象外となります。
ご注意ください。

対象外のプランをまとめると、以下のようになります。

【対象外のプラン】

  • データ高速
  • データ高速+音声通話
  • データ無制限
  • データ無制限+音声通話
  • おしゃべりS(SIMカードのみの契約)
  • おしゃべりM(SIMカードのみの契約)
  • おしゃべりL(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりS(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりM(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりL(SIMカードのみの契約)

ちなみに、おしゃべり・ぴったりプランは自動更新型の2年契約です。
大手キャリアいえば、「2年縛り」となります。
途中でUQモバイルを解約した場合は、違約金として9,500円が発生します。

いちごくん
マンスリー割を使う場合は、おしゃべりプランかぴったりプランに申し込もうね!

対象のスマホを購入する必要がある

バナナさん
マンスリー割についてわかってきたよ!
いちごくん
おっ!さすがだね!じゃあ次のステップにすすもうか。
マンスリー割を受けるためには、特定のスマホをかう必要があるんだよ
バナナさん
そうなんだ。どんな機種があるの?
欲しい機種があればいいな~。
いちごくん
それなら大丈夫。
たくさんの機種が用意されているから、心配しないでいいよ。

マンスリー割を適用させるには、指定のスマホをかう必要があります。

指定の機種ときいて、不安になった人はいませんか?

意外と大丈夫です。
たくさんのスマホが指定機種なので、あなたの望むスマホも指定機種の可能性も十分にあるのです。

対象機種が以下の通りです。

  1. iPhone 6S(32GB)
  2. iPhone 6S(128GB)
  3. iPhone SE(32GB)
  4. iPhone SE(128GB)
  5. ZenFone  4
  6. ZenFone  4 Selfie Pro
  7. AQUOS sense
  8. AQUOS L2
  9. arrows M04 PREMIUM
  10. arrows  M03
  11. HUAWEI P10 lite
  12. HUAWEI nova
  13. DINGO W
  14. DINGO V
  15. DINGO Phone
  16. DIGNO L
  17. LG X screen
  18. LG G3 Beat
  19. KC-01
  20. BLADE V770

2017年12月時点では、20種類のスマホが対象となっています。

シーズンが変わることで、新たに対象になる機種も増えていきます。
一方で、対象だった機種が対象外になることもあるでしょう。

欲しいスマホが対象である間に、契約することがコツですよ。

こちらの公式サイトからも、対象の機種が確認できます。

割引金額と実質負担金

バナナさん
ところで、マンスリー割ってどれくらい安くなるの?
いちごくん
それがね、「一概にいくら安くなる。」って言えないんだよ。
スマホによって割り引きされる値段が変わるんだよね。

購入するスマホに応じて割引額がきまります。

割引額と実質負担金をくわしくみていきましょう。

iPhoneシリーズの場合

いちごくん
じゃあ先に、iPhoneシリーズの割引額を解説するね。

iPhoneシリーズの割引額を表にすると以下のようになります。

製品名マンスリー割実質負担額初回の金額
iPhone 6S
(32GB)
S:-540
M/L:-1080
S:1944
M/L:1404
S:2052
M/L:1512
iPhone 6S
(128GB)
S:-540
M/L:-1080
S:2484
M/L:1944
S:2592
M/L:2052
iPhone SE
(32GB)
S:-756
M/L:-1296
S:毎月1.080
M/L:毎月540
S:1188
M/L:648
iPhone SE
(128GB)
S:-864
M/L:-1404
S:1404
M/L:864
S:1512
M/L:972

当たり前のことですが、本体容量がふえると、実質負担金も増えてくるようになります。

バナナさん
iPhoneを買っても、本体料金がこんなにやすくなるんだ…!

androidスマホの場合

つづいて、andoiodスマホの割引額を見ていきましょう。

表にすると以下のようになります。

製品名マンスリー割実質負担額初回の金額
ZenFone 4S:432
M/L:864
S:2052
M/L:1620
S:3780
M/L:3348
ZenFone 4
Selfie Pro
S:432
M/L:864
S:1404
M/L:972
S:3564
M/L:3132
AQUOS
sense
S:756
M/L:1296
S:毎月540
M/L:毎月0
S:648
M/L:108
AQUOS
L2
S/M/L:1296S/M/L:毎月0S/M/L:108
arrows
M04
PREMIUM
S:432
M/L:972
S:毎月1.080
M/L:毎月540
S:毎月1188
M/L:毎月648
arrows
M03
S:432
M/L:864
S:1296
M/L:864
S:1728
M/L:1296
HUAWEI
P10 lite
S:864
M/L:1404
S:毎月540
M/L:毎月0
S:648
M/L:108
HUAWEI
nova
S:432
M/L:864
S:1188
M/L:756
S:3326
M/L:2894
DINGO WS:1026
M/L:1566
S:毎月540
M/L:毎月0
S:648
M/L:108
DINGO VS/M/L:1080S/M/L:毎月0S/M/L:108
DINGO
Phone
S/M/L:864S/M/L:毎月0S/M/L:108
DIGNO LS/M/L:1944S/M/L:毎月0S/M/L:108
LG X
screen
S/M/L:1566S/M/L:毎月0S/M/L:108
LG G3
Beat
S/M/L:1566S/M/L:毎月0S/M/L:0
KC-01S/M/L:1296S/M/L:毎月0S/M/L:1037
BLADE
V770
S/M/L:1188S/M/L:毎月0S/M/L:108

androidの方が、対象機種がたくさんありますね。

実質負担金が、108円の機種も多数用意されています。

実質108円のスマホをまとめると以下の通りです。

【実質108円のスマホ】

  • AQUOS sense
  • AQUOS L2
  • HUAWEI P10 lite
  • DINGO V
  • DINGO Phone
  • DIGNO L
  • LG X screen
  • LG G3 Beat

「割引額=端末代の分割支払金」となる場合に、月々の端末代が0円となります
したがって、実質負担額が初回の108円だけになるスマホもあるのです。

注意点

いちごくん
マンスリー割を有効に使う場合でも、注意してほしい点がいくつかあるんだ。

マンスリー割を使う場合、あらかじめしっておいたほうが良い点を紹介していきます。

エントリーパッケージで契約する場合

エントリーパッケージでUQモバイルに契約する場合、回線契約と同時にスマホを買った場合のみ適用されます。

契約前に製品を購入されている場合は対象外となります。

契約するときのわずかなミスが、おおきな損を生みかねません!
くれぐれも注意してください。

マンスリー割が適用中にUQモバイルを解約した場合

マンスリー割適用中に、解約した場合の話です。

UQモバイルを解約した時点で、マンスリー割も終了してしまいます。
そのため、スマホ本体の残金を一括支払いする必要があるのです。

また、マンスリー割が適用中ということは、2年以内の解約を意味します。

2年以内で解約をすると、おしゃべりプラン・ぴったりプランの違約金が発生します。
そのため、9.500円もの無駄な失費がかさんできます。

これらのことから、マンスリー割が適用している間は、解約することはオススメできません。

いちごくん
フルに活用するなら、2年間契約することが大事だよ!

スマホ一括支払いした場合でも、マンスリー割適用される

スマホを一括購入した場合でも、マンスリー割は適用されます。

端末の分割支払金がなくなるので、月額基本料からマンスリー割の代金が割り引かれることになります

しかし、実質の支払い額としては同じ。
「一括支払い=分割支払い」です。

もちろん、対象機種の購入・対象プランの申し込みが前提となっています。

まとめ:マンスリー割はおすすめ!

以上が、マンスリー割の全貌となります。

いちごくん
これでマンスリー割の解説が以上だよ 。
バナナさんは、わかったかな?
バナナさん
ちょっと難しかったけど、なんとかわかったよ!
いちごくん
それはよかった!
念のため、最後にまとめておくね。

【条件】

  • スマホとSIMをセットで申し込むこと
  • 対象プランに申し込むこと
  • 対象のスマホを購入すること
  • 2年間契約すること

UQモバイルはただでさえ安いのに、マンスリー割のおかげにスマホ本体の料金も、さらに安くすることができるのです!

格安SIMを契約するにあたり、スマホも新調したい人は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

UQモバイルを契約する人は必見!

この記事をみて、UQモバイルの契約を考えている人は必見です!

公式サイトやショップで申し込むと初期費用が掛かりますが、下記のサイトから申し込みすると初期費用がかかりません!

またスマホと一緒にUQモバイルを契約すると、最大で25.000円のキャッシュバックを期間限定でうけることができます。
これらのキャンペーンは公式サイトでも、ショップや量販店でも行っていません。

毎月の固定費の削減をしたい人、できる限り安く契約したい人はぜひご覧ください!
うまくご活用いただくのがおすすめです!

いちごくん
初期費用がいらないうえに、最大25.000円のキャッシュバックもされるよ!
バナナさん
UQモバイルってそんなこともやってるの!?

くわしいキャンペーン内容は、こちらから確認できます。

UQモバイルで最大25.000円のキャッシュバック!?お得に契約しよう!【キャンペーン】

お得な契約を考えているひとは、これを機にぜひどうぞ。
こちらから、当サイト限定の申し込みサイトにつながります。

 ここまで、ご覧いただきありがとうございました。