【2019年版】UQモバイルのマンスリー割で実質108円でスマホを買える!対象機種はどれ?

お気に入りに追加!

格安SIMには、たくさんの企業が参入しています。
この記事は、au系列の格安SIMであるUQモバイルのお話です。
ダントツの回線速度で有名になった格安SIMです。

最近は、UQモバイルのテレビCMをよく見かけますよね?

そんなUQモバイルには、たくさんの割引が用意されています。
割引内容は以下の通りです。

  • スマトク割
  • 長期利用割引
  • イチキュッパ割
  • UQ家族割
  • マンスリー割
  • UQ購入サポート
    UQ購入サポートは,2017年11月27日で受付終了しました。

割引サービスの中でも、マンスリー割に焦点をあてました。

いちごくん
バナナさんは、UQモバイルのマンスリー割がどういうものか知ってる?
バナナさん
うーん。わかんない。
いちごくん
 マンスリー割のおかげで、スマホを108円で買えることもあるんだよ!
バナナさん
嘘っ!?スマホってあのスマホだよね?なんで108円で買えるの!?
いちごくん
おっ!興味持ってくれた?
それじゃあ、詳しく解説していくね。

毎月の携帯料金・スマホ本体代などをお得に契約したい人は、ぜひ最後まで参考にしてください。

UQモバイルキャッシュバックキャンペーンについて

お金を手にして喜ぶ男

その前に朗報です!

UQモバイルキャッシュバックページからUQモバイルに申し込みすると、10,000~13,000円の現金がかえってきます!

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

またこちらから、UQモバイルキャッシュバックページにつながります。

正規代理店リンクライフはこちらへ
(UQモバイルのキャンペーン専用ページに移動します)

いちごくん
町中の店舗や公式サイトから申し込むときと条件はおなじだけど、お得に契約することができるよ!

マンスリー割について

マンスリー割とは、一定の条件をクリアことで、契約2ヶ月目から25ヶ月目まで、毎月一定額を割り引いてくれるサービスです。

参照:公式ページ マンスリー割

スマホ本体の料金がめちゃくちゃ安くなり、実質108円でスマホを買うこともできるのです。

ドコモの「月々サポート」auの「毎月割」ソフトバンクの「月々割」と同じようなサービスです。
条件とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

マンスリー割を適用するための条件

バナナさん
マンスリー割っていつでも適用されるものなの?
いちごくん
そうじゃないんだ。ちゃんと条件がいくつかあるんだ。

マンスリー割を利用するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

条件をまとめると、以下の通りです。

  • スマホとSIMをセットで申し込むこと
  • おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込むこと
  • 対象のスマホを購入すること

この3点が適用の条件となります。
それでは、条件についてくわしく見ていきましょう!

スマホとUQモバイルのSIMをセットで申し込むこと

いちごくん
スマホとSIMカードをセットで申し込む必要があるよ!

UQモバイルには、「SIMカードのみ」の契約と「スマホとSIMカードセット購入」の契約の2つがあります。

マンスリー割を受けるためには、「スマホとSIMカードセット購入」の契約をする必要があります。

そもそもマンスリー割とは、スマホの本体代金を割り引くものです。
そのため、「SIMカードのみの契約」の場合は、対象外となります。

勘違いしないために押さえておきたいポイントですね。

おしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込むこと

マンスリー割を適用させるには、対象のプランに申し込む必要があります。
そのプランが以下の通りです。

【マンスリー割対象プラン】
  • おしゃべりS
  • おしゃべりM
  • おしゃべりL
  • ぴったりS
  • ぴったりM
  • ぴったりL

このことからわかるように、おしゃべり・ぴったりプランに申し込むことが条件となります。

おしゃべり・ぴったりプラン以外で契約した場合は対象外となります。
ご注意ください。

対象外のプランをまとめると、以下のようになります。

【マンスリー割対象外のプラン】
  • データ高速
  • データ高速+音声通話
  • データ無制限
  • データ無制限+音声通話
  • おしゃべりS(SIMカードのみの契約)
  • おしゃべりM(SIMカードのみの契約)
  • おしゃべりL(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりS(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりM(SIMカードのみの契約)
  • ぴったりL(SIMカードのみの契約)

ちなみに、おしゃべり・ぴったりプランは自動更新型の2年契約です。
大手キャリアいえば、「2年縛り」となります。
途中でUQモバイルを解約した場合は、違約金として9,500円が発生します。

いちごくん
マンスリー割を使う場合は、おしゃべりプランかぴったりプランに申し込もうね!

対象のスマホを購入する必要がある

バナナさん
マンスリー割についてわかってきたよ!
いちごくん
おっ!さすがだね!じゃあ次のステップにすすもうか。
マンスリー割を受けるためには、特定のスマホをかう必要があるんだよ
バナナさん
そうなんだ。どんな機種があるの?
欲しい機種があればいいな~。
いちごくん
それなら大丈夫。
たくさんの機種が用意されているから、心配しないでいいよ。

マンスリー割を適用させるには、指定のスマホをかう必要があります。

指定の機種ときいて、不安になった人はいませんか?

意外と大丈夫です。
たくさんのスマホが指定機種なので、あなたの望むスマホも指定機種の可能性も十分にあるのです。

対象機種が以下の通りです。

【マンスリー割対象機種】
  • iPhone 7 32GB
  • iPhone 7 128GB
  • iPhone 6s 32GB
  • iPhone 6s 128GB
  • R17 neo
  • AQUOS sense2
  • P20 lite
  • DIGNO A
  • HUAWEI nova lite 3
  • AQUOS sense
  • お手軽スマホ01
  • DIGNO Phone

2019年時点では、12種類のスマホが対象となっています。

シーズンが変わることで、新たに対象になる機種も増えていきます。
一方で、対象だった機種が対象外になることもあるでしょう。

欲しいスマホが対象である間に、契約することがコツですよ。

こちらの公式サイトからも、対象の機種が確認できます。

割引金額と実質負担金

バナナさん
ところで、マンスリー割ってどれくらい安くなるの?
いちごくん
それがね、「一概にいくら安くなる。」って言えないんだよ。
スマホによって、割り引きされる値段が変わるんだよね。

マンスリーの割引額は、購入するスマホに応じてきまります。
割引額と実質負担金をくわしくみていきましょう。

iPhone プランSの場合

いちごくん
じゃあ先に、iPhoneシリーズの割引額を解説するね。

applenロゴ

以下の表がプランSで契約した場合のマンスリー割引額と、毎月の料金となります。

端末本体価格マンスリー割
割引額
実質負担額毎月の料金
iPhone 7 32GB67,932円-864円47,196円1,967円
iPhone 7 128GB80,892円-864円60,156円2,507円
iPhone 6s 32GB59,724円-2,052円10,476円437円
iPhone 6s 128GB72,684円-2,052円23,436円977円

iPhone プランM/Lの場合

以下の表がプランM/Lで契約した場合のマンスリー割引額と、毎月の料金となります。

端末本体価格マンスリー割
割引額
実質負担額毎月の料金
iPhone 7 32GB67,932円-1,404円34,236円1,427円
iPhone 7 128GB80,892円-1,404円47,196円1,967円
iPhone 6s 32GB59,724円-2,052円10,476円437円
iPhone 6s 128GB72,684円-2,052円23,436円977円

当たり前のことですが、本体容量がふえると、実質負担金も増えてくるようになります。

バナナさん
iPhoneを買っても、本体料金がこんなにやすくなるんだ…!

Android プランSの場合

Androidスマホがこちら。

Androidのロゴ

以下の表がプランSで契約した場合のマンスリー割引額と、毎月の料金となります。

端末本体価格マンスリー割
割引額
実質負担額毎月の料金
R17 neo38,988円-1,080円13,068円545円
AQUOS sense236,396円-432円26,028円1,085円
P20 lite31,212円-1,296円108円5円
DIGNO A31,212円-972円7,884円329円
nova lite 331,644円-1,296円540円23円
AQUOS sense31,212円-1,296円108円5円
お手軽スマホ0136,828円-648円21,276円887円
DIGNO Phone20,844円-864円108円5円

Android プランM/Lの場合

以下の表がプランM/Lで契約した場合のマンスリー割引額と、毎月の料金となります。

端末本体価格マンスリー割
割引額
実質負担額毎月の料金
R17 neo38,988円-1,080円13,068円545円
AQUOS sense236,396円-432円26,028円1085円
P20 lite31,212円-1,296円1085円
DIGNO A31,212円-1,296円108円5円
nova lite 331,644円-1,296円540円23円
AQUOS sense31,212円-1,296円108円5円
お手軽スマホ0136,828円-648円21,276円887円
DIGNO Phone20,844円-864円108円5円

Androidスマホの方が、対象機種がおおく、実質108円の機種も多数用意されています。

実質負担金が、108円の機種も多数用意されています。
実質108円のスマホをまとめると以下の通りです。

【実質108円のスマホ】

「割引額=端末代の分割支払金」となる場合に、月々の端末代が0円となります
したがって、実質負担額が初回の108円だけになるスマホもあるのです。

注意点

いちごくん
マンスリー割を有効に使う場合でも、注意してほしい点がいくつかあるんだ。

マンスリー割を使う場合、あらかじめしっておいたほうが良い点を紹介していきます。

エントリーパッケージで契約する場合

エントリーパッケージでUQモバイルに契約する場合、回線契約と同時にスマホを買った場合のみ適用されます。

契約する際に、エントリーパッケージを使った場合は対象外となります。

契約するときのわずかなミスが、おおきな損を生みかねません!
くれぐれも注意してください。

マンスリー割が適用中にUQモバイルを解約した場合

マンスリー割適用中にUQモバイルを解約した時点で、マンスリー割も終了してしまいます。
そのため、スマホ本体の残金を一括支払いする必要があるのです。

またマンスリー割が適用中ということは、2年以内の解約を意味します。

2年以内で解約をすると、おしゃべりプラン・ぴったりプランの違約金が発生します。
そのため、9.500円もの無駄な失費がかさんできます。

これらのことから、マンスリー割が適用している間はUQモバイルを解約すべきではないでしょう。

いちごくん
割引をフルに活用するなら、2年間契約することが大事だよ!

スマホ一括支払いした場合でも、マンスリー割適用される

スマホを一括購入した場合でも、マンスリー割は適用されます。

端末の分割支払金がなくなるので、月額基本料からマンスリー割の代金が割り引かれることになります。

初月だけ高く感じますが、それ以降毎月の利用料金はとても安く済みます

まとめ:マンスリー割はおすすめ!

以上が、マンスリー割の全貌となります。

いちごくん
これでマンスリー割の解説が以上だよ 。
バナナさんは、わかったかな?
バナナさん
ちょっと難しかったけど、なんとかわかったよ!
いちごくん
それはよかった!
念のため、最後にまとめておくね。
【マンスリー割の適用条件】
  • スマホとSIMをセットで申し込むこと
  • 対象プランに申し込むこと
  • 対象のスマホを購入すること
  • 2年間契約すること

UQモバイルはただでさえ安いのに、マンスリー割のおかげにスマホ本体の料金も、さらに安くすることができるのです!

格安SIMを契約するにあたり、スマホも新調したい人は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

UQモバイルから購入する人は必見!

UQモバイルが気になった人は必見です!

これから紹介する方法で申し込むと、通常よりもお得になるのです!

UQモバイルキャッシュバックページからUQモバイルに申し込みすると、10,000~13,000円の現金がかえってきます!

これらのキャンペーンは公式サイトでも、ショップや量販店でも行っていません。

毎月の固定費の削減をしたい人、できる限り安く契約したい人はぜひご覧ください!
うまく活用いただくことが大切です。

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

またこちらから、UQモバイルキャッシュバックページにつながります。

お気に入りに追加!

関連記事