【比較】Galaxy Note 8 AQUOS Rをくらべてみた!【SCV37 vs SHV39】

auから、2017年秋冬モデルとして新作のスマホが発表されました。

Samsung製品「Galaxy Note 8 SCV37」とSONY製品「Xperia XZ1 SOV36」とSHARP製品「AQUOS sense SHV40」の3機種です。

その中でも、Samsung製品「Galaxy Note 8 SCV37」夏モデルのSHARP製品「AQUOS R SHV39」を比較した記事となります。

スポンサーリンク

デザインの違い

はじめに、両機種のデザインのちがいから見ていきましょう。

Galaxy Note 8 SCV37のデザイン

まずはじめに、「Galaxy Note 8 SCV37」のデザインから見ていきましょう!

ベゼルレスデザイン

画面が、ほぼベゼルレスで全面フルガラスを採用しています。
フレームをそぎ落とした全画面ディスプレイです。

画面上から物理ボタンをなくしています。
画面を押すと現れる、感圧式ホームボタンを搭載しています。

ソフトウェアキーの採用により、戻るボタンと履歴ボタンの入れ替えができます。
フレームカラーもカスタマイズも可能。

これにより、別メーカーからの機種変更でも、問題なく対応できるようです。
「痒い所に手が届く」ともいえますね。

Sペンを使うことができる

「Galaxy Note 8 SCV37」には、Sペンをつかうことができます。

それにともなって下側面には、ペンの収納ができるようになっています。

背面レンズがスッキリしている

「Galaxy Note 8 SCV37」の背面には、カメラが配置しています。
カメラ部分が出っ張っている様子はないですね

AQUOS R SHV39のカラー・デザイン

つづいて、「AQUOS R SHV39」のデザインを見ていきましょう。

まるっこいデザイン

「AQUOS R SHV39」は丸みを帯びたデザインとなります。

カメラは部分は出っ張っていない

背面カメラが出っ張っていると、机で操作しているときガタガタするので、好きではありません。

しかし「AQUOS R SHV39」のメインカメラ部分には、出っ張りはありません。
とてもスッキリしたデザインとなります。

素晴らしいですね!!!

背面パネルは樹脂製

「AQUOS R SHV39」背面は樹脂製です。
しかし、見る角度によって光の反射色が変化する多層膜構造のため、高級感のあるスマホになっています。

そのほかに、手に持っているときに滑らないように、エッジ感のある断面をしております。
鏡面仕上げのアルミフレームをつかっているので、さらに高級感を感じることでしょう。

使われている素材をまとめると、以下のようになります。

  • 液晶→Corning Gorilla Glass 3
  • 背面→樹脂製
  • サイドフレーム→アルミ(鏡面仕上げ)

【Galaxy Note 8 SCV37の特徴】

  • 全体的にまるっこい
  • ベゼルレス画面
  • カメラ部分は出っ張っていない
  • Sペンをつかうことができる

【AQUOS R SHV39の特徴】

  • 丸みを帯びたデザイン
  • メラの出っ張りはない

個人的に、デザインは「Galaxy Note 8 SCV37」がいいように感じます!

スポンサードリンク

基本的なスペック

 Galaxy Note 8 SCV37

AQUOS R
SHV39
AQUOS R ホワイトの外観 裏表バージョン
カラーメープルゴールド
ミッドナイトブラック
マーキュリーブラック
ジルコニアホワイト
ライトゴールド
 幅
高さ
厚さ
75
163
8.6mm
74
153
8.7mm
OSAndroid™ 7.1Android™ 7.1
CPUSnapdragon 835
MSM8998
2.35GHz/クアッドコア
+1.9GHz/クアッドコア
MSM8998
2.2GHz/クアッドコア
+1.9GHz/クアッドコア
重さ約190g約169g
micro
SDXCカード
256GB256GB
 RAM6GB4GB
ROM64GB64GB
価格64GB:125,000円前後約86,400円
発売日2017年10月26日2017年7月7日

【共通点】

  • CPU
  • ROM(本体容量)

このように、基本的なスペックは似ていることがわかります。

ちなみに、CPUは同じものを搭載していますが、「Ghz」の数値が少しことなっています。
ここでは、「Ghz」の数値差は考慮しないことにします。

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」における、良い点の紹介です。

RAM容量がおおい

  • Galaxy Note 8 SCV37のRAM容量→6GB
  • AQUOS R SHV39のRAM容量→4GB

RAM容量の数値上では、「Galaxy Note 8 SCV37」がよいことがわかるでしょう。

RAMが大きければ大きいほど、同時にアプリを起動しても、正常にうごいてくれます。
ゲームなどの重たい処理をしているときでも、サクサクとうごいてくれます。

仮に、RAMが小さい状態で同時にアプリを使っていると下記のようなことがおきるのです。

  • アプリが強制終了してしまう
  • スマホの電源が勝手に切れる(再起動される)

RAMの容量が小さいと、いいことはあまりないです。
「Galaxy Note 8 SCV37」が優れていることがわかりますね。

しかしながら、「AQUOS R SHV39」のRAM容量は、決して小さいわけではありません。

AQUOS R SHV39の良い点

「AQUOS R SHV39」良い点の紹介です。

本体が軽い

  • Galaxy Note 8 SCV37の重量→約190g
  • AQUOS R SHV39の重量→約169g

「AQUOS R SHV39」のほうが、21gほど軽く、持ち歩きやすいスマホとなります。

おそらく今、あなたが持っているスマホと大きな差はないでしょう。
気軽に機種変更ができますね。

本体価格が安い

  • Galaxy Note 8 SCV37の価格→64GB:125,000円前後
  • AQUOS R SHV39の価格→64GB:86.400円前後

本体容量が64GBで比べると、約40.000円ほど安いことがわかります。
やっぱり安いほうがいいですよね!

スポンサードリンク

ディスプレイのスペック

 Galaxy Note 8 SCV37

AQUOS R
SHV39
AQUOS R ホワイトの外観 裏表バージョン
ディスプレイ
タイプ
Super AMOLEDIGZO
ディスプレイ
サイズ
約6.3インチ約5.3インチ
ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色約1,677万色
ディスプレイ
解像度
2,960×1,440
(QHD+)
2,560×1,440
(WQHD)

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」のディスプレイ性能における、良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

  • Galaxy Note 8 SCV37の画面サイズ→約6.3インチ
  • AQUOS R SHV39の画面サイズ→5.3インチ

「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、1.0インチほど大きいことがわかります。

画面解像度が高い

  • Galaxy Note 8 SCV37の画面解像度→2960×1440(QHD+)
  • AQUOS R SHV39の画面解像度→2,560×1,440(WQHD)

「Galaxy Note 8 SCV37」の方が、1段階ほどよく画面表示することができます。

ディスプレイ表示に関しては、「Galaxy Note 8 SCV37」に軍配があがるでしょう。

AQUOS R SHV39の良い点

「AQUOS R SHV39」のディスプレイ性能における、良い点の紹介です。

「AQUOS R SHV39」には、「ハイスピードIGZO」という液晶を搭載しております。
ハイスピードIGZOディスプレイは、従来のIGZOよりも進化を遂げています。

進化した点は、以下のとおりです。

  • 画面スクロールや動画の表示がなめらかになった
  • 液晶の応答速度はやくなった
  • 残像感がすくなく、見やすい液晶表示
  • 目が疲れにくいという効果がある

なめらかに画面表示される

ハイスピードIGZOディスプレイによって、動きの激しい動画や画面スクロール時の文字も残像をおさえます。
それにより、なめらかな表示にすることができます。

液晶の反応速度がはやい

ハイスピードIGZOのタッチパネルは、応答速度が1.5倍に向上しました。
SHARPの過去機種と比較した結果です。

リッチカラー テクノロジーモバイル

液晶テレビAQUOSの技術を受け継ぎ、表現できる色域が大きくアップしました。
写真も動画も、実物に近い色味で表示されます。

色彩を忠実に再現するS-PureLED

「AQUOS R SHV39」には、独自のバックライト&カラーフィルタ「S-PureLED」というものを搭載しております。

この機能により、いままで表現がむずかしかった微妙な色あいをきれいに再現できるようになりました。

水に濡れていても、操作しやすい

「AQUOS R SHV39」は、精度の高いタッチ操作ができるようになりました。

従来は、ガラスパネル、液晶パネル、タッチパネルの3層構造でした。

しかしこの仕組みでは、 画面表示のため液晶から電子ノイズがでてしまいます。
この電子のノイズが、タッチの反応をわるくしています。

あなたにも、操作しているのにうまく動かない、スムーズに動いてくれないなどの経験はありませんか?

一方「AQUOS R SHV39」では、先ほどの仕組みとはことなっています。

まず、タッチパネルと液晶表示の部品が一体型となっております。
これを「IGZOフルインセル液晶」といいます。

IGZOフルインセル液晶により、ノイズ影響のすくない認識ができるようになりました。
そのため、水にぬれている状態でもしっかり動いてくれるのです。

参照:SHARPの公式サイト

スマホを持つと画面が点灯する機能がある

「AQUOS R SHV39」には、スマホを手に取ると画面が点灯する機能があります。
そのため、ボタンを探す必要や押す必要がなくなります。

慣れれば、気にいる機能となるでしょう。

スクロールオート機能がある

インターネットやSNSなどの縦に長いページを、自動でスクロールする機能です。

ゆっくりとスクロールし、表示されたボタンの上で指を離すとスクロールオートがスタートします。
まるで、テレビを流し見する感覚です。

リラックスオート性能

「AQUOS R SHV39」には、リラックスオート機能とよばれるものが搭載されております。

リラックスオートとは、どのような機能なのでしょうか?
以下の通りです!

就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑えた画質へ移行します。
目に優しい画面表示となります。

就寝前にスマホいじりする人には、あってうれしい機能ですね。

スポンサードリンク

カメラのスペックと共通点

 Galaxy Note 8 SCV37

AQUOS R
SHV39
AQUOS R ホワイトの外観 裏表バージョン
有効画素数広角:約1,220万画素
(デュアルピクセル)
望遠:約1,220万画素
サブ:約800万画素
メイン:約2,260万画素
サブ:約1,630万画素
撮影素子広角/望遠:CMOSメイン:CMOS
サブ:CMOS
F値メイン:1.7
望遠:2.4
サブ:1.7
メイン:F値1.9
サブ:F値2.0
撮影ライト静止画:―
動画:○
静止画:○
動画:○
手ブレ
補正機能
(電子式)
手ブレ
補正機能
(光学式)
静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
動画最大
撮影サイズ
3,840×2,1603,840×2,160
動画ズーム10倍8倍
静止画最大
撮影サイズ
4,032×3,0245,488×4,112
静止画ズーム10倍8倍

こちらがカメラのスペックです。

あらかじめ1つだけ、伝えたいことがあります。

単純に画素数をみると「AQUOS R SHV39」のほうが高い数値を誇っています。
しかし、画素数が高ければ高いほど、きれいな写真を撮れるとは限りません。

むしろ、「画素数が高すぎると、画質が低下する」とも言われています。

きれいな写真を撮るためには、デジタル処理やセンサーの良しあしも必要となるためです。
そのため、ここではあえて、画素数については取り上げないようにします。

光学式の手振れ補正を搭載

  • Galaxy Note 8 SCV37→光学式手ぶれ補正搭載
  • AQUOS R SHV39→光学式手ぶれ補正搭載

両機種ともに、光学式手ぶれ補正を搭載しています。
手ぶれ補正の機能には、大きくわけて電子式と光学式の2つがあります

光学式手ぶれ補正のほうが、手ぶれを軽減できます。

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」のカメラ機能における、良い点の紹介です。

カメラのレンズがよい

  • Galaxy Note 8 SCV37のF値→メイン:1.7 望遠:2.4 サブ:1.7
  • AQUOS R SHV39のF値→メイン:1.9 サブ:2.0

カメラのレンズは「Galaxy Note 8 SCV37」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

とくに、サブカメラに大きな差があると感じます。
これにより、夜間や屋内などでもキレイに撮れることでしょう。

AQUOS R SHV39 と Galaxy Note 8 SCV37には、それぞれ特有の機能やセンサーをもっています。
それにより、画質の好みが別れることでしょう。

カメラ機能をよくつかう人は、かならず店舗で確認することがおすすめです!

望遠レンズを搭載している

  • Galaxy Note 8 SCV37→望遠レンズあり
  • AQUOS R SHV39→望遠レンズなし

「Galaxy Note8 SCV37」 には、Galaxyシリーズ初となる、約1,200万画素の望遠レンズを搭載しました。
この望遠レンズは、光学2倍ズームができます。

望遠レンズ・広角レンズともに、光学手ブレ補正機能を備えております。
ズームしてもブレの少ない写真をとることができるのです。

さらに「Galaxy Note8 SCV37」 には、ライブフォーカスという機能があります。
つまり、ボケの強弱を調整することができるのです。

背景をぼかすことによって、写したいものを強調することも、また写したくないものをさりげなく隠すことができます。

撮影時も撮影後でも関係なく行えることが強みとなります。

ライブフォーカス使用後

ライブフォーカス使用前

こうしてみると、背景のぼけ加減が一目瞭然ですね!
カメラ性能は着実に向上しています。

ズーム機能が優れている

  • Galaxy Note 8 SCV37のズーム倍率→10倍
  • AQUOS R SHV39のズーム倍率→8倍

望遠レンズの恩恵なのか、「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが遠くのものをきれいに撮ることができます。

AQUOS R SHV39の良い点

「AQUOS R SHV39」カメラの良い点を紹介です。

インテリジェントアクティブモード

しっかり構図を決めて撮影しなくても、カメラが構図を補正します。

この機能を、インテリジェントアクディブモードといいます。

  • 被写体が斜めになっていれば、真っ直ぐに補正する。
  • 被写体がずれていれば、中央に来るように補正する。

補正前の写真

補正後の写真

このように、スマホが自動で写真を補正してくれます。
ちなみに、わざと斜めにとっていても、斜めの写真を保存しておくこともできます。

あとからキャプチャー

高画質動画から秒間最大120枚の静止画を切り出せます。
簡単にSNSにアップできるようになっています。

SNSが趣味になっている人は、うれしい機能ではないでしょうか?

スポンサードリンク

充電関連のスペック

 Galaxy Note 8 SCV37

AQUOS R
SHV39
AQUOS R ホワイトの外観 裏表バージョン
電池容量3,300mAh3,160mAh
通話時間約1,830分約1,360分
待受時間約330時間約560時間
電池
持ち時間
約110時間約95時間
充電時間約110分約150分
テレビワンセグ:○
フルセグ:○
テレビ連続
視聴時間
ワンセグ:約14時間40分
フルセグ:約11時間10分
ワンセグ:約13時間10分
フルセグ:約9時間50分
電池パック
取り外し
バッテリー
節電
充電方式ワイヤレス充電
type-C
USB Type-C

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」の充電スペックにおける、良い点の紹介です。

電池の持ちがよい

  • Galaxy Note 8 SCV37の連続通話時間→約1,830分 (30.5時間)
  • AQUOS R SHV39の連続通話時間→約1,360分 (22.7時間)

「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、約8時間ほど長くなっています。
基本的な電池のもちは「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、優れていることでしょう。

AQUOS R SHV39の良い点

「AQUOS R SHV39」の充電スペックにおける、良い点の紹介です。

バックライトの消費電力を下げる

液晶ディスプレイは、本体の裏面から光をとりこむことで、明るく映像としてみることができるようになっています。

しかし、液晶の性質上、裏面からとりこんだ光をさえぎってしまうのです。
そのため、光の量がすくなくなります。

一方、IGZO液晶では、裏面からの光のさえぎりが少なく、たくさんの光をとりこむことができます。

つまり、今まで液晶と比べると、IGZO液晶はより少ないLEDの光量で同じ明るさの映像を表示させることができるのです。

スマホにおいて電池をもっとも消費する原因は、LEDをつかうことなのです。
LEDの光量をおさえる=電池の持ち向上につながるのです。

静止画表示の消費電力を大幅に低減

液晶に映像を表示する時、人の目には見えないはやさの周期で画像は書きかえられております。
これが、電力消費に大きく影響をあたえます。

この書き換え周期を、静止画表示時におそくし、スクロールしているときや動画をみているときだけはやく周波数をかえることで、液晶画面の表示電力を20~80%減らすことができます。

駆動を止めても一定期間画像を保つことができるのは、「IGZO液晶」だからなのです。
消費電力をおさえた状態をうみだし、高画質をキープしながらも、電力を大きくにへらすことができます。

安心の「長エネスイッチ」

動作や機能を一部制限することで、電池を長持ちさせることができるモードです。
もちろん、長エネスイッチ中は、スマホとしての機能は維持されます。

朝、充電を忘れていても残量20%から1日持たせることができます。

スポンサードリンク

その他のスペック

 Galaxy Note 8 SCV37

AQUOS R
SHV39
AQUOS R ホワイトの外観 裏表バージョン
Wi-Fi
テザリング
最大10台最大10台
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Miracast
対応
BluetoothVer.5.0Ver.5.0
赤外線通信
防水IPX5/IPX8IPX5/IPX8
防塵IP6XIP6X
GPS
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応
生体認証虹彩認証
指紋認証
指紋認証

スペック上では、ほとんどの項目がおなじ結果となっています。

【共通点】

  • Wi-Fi規格
  • Miracast対応
  • Bluetooth規格
  • 防水・防塵性能
  • GPS対応
  • おサイフケータイ対応
  • NFC対応
  • ハイレゾ対応

防水性能・防塵性能はおなじ

「Galaxy Note 8 SCV37」と「AQUOS R SHV39」の防水性能は、IPX5/8となります。

では、IPX5/8とはどういった意味をするのでしょうか?
下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、「Galaxy Note 8 SCV37」と「AQUOS R SHV39」の防水性能はこのとおりです。

  • すべての方向から、いきおいのある水流に対する保護
  • 連続的に水中に置いても保護

ただ、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」の機能における、良い点の紹介です。

セキュリティ方法が豊富

  • Galaxy Note 8 SCV37のセキュリティ→指紋認証 虹彩認証 顔認識
  • AQUOS R SHV39のセキュリティ→指紋認証

特に取りあげたい機能が、虹彩認証です。
虹彩認証というのは、ユーザーの目を認識して登録者かどうか判断する機能です。

セキュリティー面でも安心できますね。

Sペンがつかうことができる

「Galaxy Note8 SCV37」 には、Sペンというものがついてきます。
このSペンが、「Galaxy Note8 SCV37」最大の特徴といっても過言ではないでしょう。

この「Sペン」では、約0.7mmのペン先と4096段階の筆圧を感知します。
それにより、自然なペン使いが可能になっています。

画面オフメモ

画面を起動させることなく、メモがとれる機能があります。
書いたメモはすぐに表示させるようにできる上に、本体に保存することもできます。

個人的にも1度つかってみたい機能です!!

本物のように絵が描ける

4096段階の筆圧を感知することで、線の太さや濃淡をコントロールします。

このように普段のメモから絵を描くことまで、本物の紙とペンのような書き心地で表現するのです。

AQUOS R SHV39の良い点

「AQUOS R SHV39」の機能における、良い点の紹介です。

発熱対策がしっかりできている

ゲームなどをしていると、スマホ本体の温度が高くなります。
そうなると、スマホ自身が機能を抑制することがあります。

その結果、フリーズや再起動の不具合が発症します。

しかし「AQUOS R SHV39」には、発熱対策がしっかりとられております。

本体外郭近くに端末温度を監視する温度センサーをとりつけられました。
これにより、正確な温度監視ができるようになりました。

また内部には、アルミニウム合金をつかっております。
これにより、すばやく本体の熱をにがすことができます。

「AQUOS R SHV39」では、発熱がすくなくなった点も特徴をいえるでしょう。

参照:SHARPの公式サイト

まとめ

以上が、「Galaxy Note 8 SCV37」と「AQUOS R SHV39」のちがいでした。

値段が高い分、「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが全体的にみても高性能なスマホになっていました。

【Galaxy Note 8 SCV37がオススメな人】

  • 大画面で映像をみたい人
  • 電池の持ちを重視する人
  • Sペンを使いたい人
  • 金銭的に余裕のある人
  • ハイスペックのスマホが欲しい人

【AQUOS R SHV39がオススメな人】

  • できる限り低予算で済ませたい人
  • Sペンに興味のない人
  • ある程度のスペックで十分な人

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク