【比較】iPhone XとiPhone8 Plusのスペックをくらべてみた!

Appleが、iPhone 8/8 Plus/X(アイフォーン テン)の3つの新型スマホを正式に発表しました。

今回の記事は、「iPhone X」と「iPhone 8 Plus」を比較してみました!

「iPhone X」と「iPhone 8 Plus」のどっちにしようか悩んでいるかたなら必見です!

※「iPhone X」→「X」「iPhone 8 Plus」→「8 Plus」と表記することがあります。

スポンサーリンク

デザインのちがい

はじめに、デザイン面をみていきましょう!

こちらが、「X」です。

つづいて、「8 Plus」

見てわかることですが、ちがいは以下の通りです。

  • 「X」→画面がすべて液晶画面のデザイン
  • 「X」→ホームボタンがない

このデザインが、「X」と「8 Plus」の最大のちがいといっても過言ではないでしょう!

また、「X」と「8 Plus」ともに、背面のすべてがガラスデザインとなっています。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じることでしょう。
ガラスの強度は、これまでの「iPhone」に採用された中で最も耐久性のあるものなのです!

これにより、画面や背面を割ってしまう機会がへることをいのるばかりです。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

基本スペックと共通点

iPhone X
iPhone 8 Plus

カラースペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ストレージ
容量
64GB/256GB
CPU
プロセッサ
A11 Bionicチップ
6コア(2+4)
ニューラルエンジン
不明
RAM未公開(3GB)未公開(3GB)
バッテリー連続通話:最大21時間
インターネット:最大12時間
ビデオ:最大13時間
オーディオ再生:最大60時間
連続通話:最大21時間
インターネット:最大13時間
ビデオ:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
サイズ143.6 x 70.9 x 7.7 mm158.4 x 78.1 x 7.5 mm
重量174g202g
価格64GB:112,800円
256GB:129,800円
64GB:89,800円
256GB:106,800円

A11 Bionicチップを搭載!


「X」と「8 Plus」には、A11 Bionicチップを搭載しています。

A11 Bionicは2つの高性能コアと4つの高効率コアの合計6つのCPUコアを搭載したプロセッサです。
高効率コアはA10 Fusionチップよりも最大70%高速になります。

また、高性能コアも最大25%高速になったのです。
GPUはAppleが独自に開発をしたもの。
7で搭載されていたA10 Fusionよりも30%高速になっています。

さらにニューラルエンジンと呼ばれる新しいハードウェアを内蔵することで、より高度な処理が可能になっているようです。

つまり、7よりも処理速度が高速化に成功したということです。
7でも十分な処理速度を誇っていたと思いますが…。

重たい処理をよくする方からすれば、うれしい進化となります!

ストレージは64GB/256GBのみ

「X」と「8 Plus」ともに、ストレージつまり本体容量が64GB/256GBのみとなります。

今後の生産状況によっては、本体容量が64GB/256GB以外のモデルもでることでしょう。

iPhone Xのほうが良い点

「X」における、良い点の紹介です。

サイズが小さく、携帯性にたけている

  • 「X」→143.6 x 70.9 x 7.7 mm
  • 「8 Plus」→158.4 x 78.1 x 7.5 mm

この2機種比べるうえで、サイズがおおきな違いとなります。
携帯性を重視するのであれば、iPhone Xのほうがよいですね!

重量がかるい

  • 「X」重量→174g
  • 「8 Plus」の重量→202g

サイズのちがいがあるため、重さも異なっています。

Xのほうが、28gも軽いスマホなのです。

iPhone 8 Plusのほうが良い点

「8 Plus」における、良い点の紹介です。

カラーバリエーションが多い

「X」と「8 Plus」には、カラーバリエーションにちがいがあります。

  • 「X」のカラー→スペースグレイ・シルバー
  • 「8 Plus」のカラー→スペースグレイ・シルバー・ゴールド

このように、「8 Plus」にのみ、ゴールドが用意されております。

価格がやすい

  • 「X」の価格→64GB:112,800円 256GB:129,800円
  • 「8 Plus」の価格→64GB:89,800円 256GB:106,800円

64GB・258GBどちらで比べても、23.000円の価格差があります。
これを高いとみるか安いとみるかは、あなた次第です。

わたし個人的には、かなり差額をかんじています。
価格帯から、8 Plus選ぶのもよいでしょう。

バッテリーもちがよい

  • X
    連続通話:最大21時間
    インターネット:最大12時間
    ビデオ:最大13時間
    オーディオ再生:最大60時間
  • 8 Plus
    連続通話:最大21時間
    インターネット:最大13時間
    ビデオ:最大14時間
    オーディオ再生:最大60時間

わずかながら、8 Plusの方が電池の持ちがよいようです。
おそらく大容量の電池パック搭載しているのでしょう。

8 Plusの方が、電池の持ちがよい結果となりました。

スポンサードリンク

ディスプレイスペックと共通点

iPhone X
iPhone 8 Plus

ディスプレイ
サイズ
5.8インチ5.5インチ
ディスプレイ
仕様
2,436 x 1,125ピクセル
OLED(有機EL)
1,000,000:1コントラスト比
最大輝度625cd/m2
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
3D Touch
1,920 x 1,080ピクセル
1,300:1コントラスト比
最大輝度625cd/m2
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
3D Touch

「X」と「8 Plus」の共通点は、以下の通りです。

  • 最大輝度625cd/m2
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 3D Touch

そのなかでも紹介したい機能がこちらです。

True Toneディスプレイを採用した

「X」と「8 Plus」のディスプレイには、True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

iPhone Xのほうが良い点

「X」ディスプレイスペックにおける、良い点の紹介です。

ディスプレイサイズがおおきい

  • 「X」の画面サイズ→、5.8インチ
  • 「8 Plus」の画面サイズ→5.5インチ

「X」の方が、0.3インチも画面サイズが大きくなっています。

迫力のある画面で、ゲーム・動画鑑賞などができます!

また画面サイズは、Xのほうが大きいですが、本体サイズは小さいスマホなのです。

解像度がよい

  • 「X」の画面解像度→2,436 x 1,125ピクセル
  • 「8 Plus」の画面解像度→1,920 x 1,080ピクセル

Xのほうが、解像度がよく、画面がきれいにうつるようになっています。

コントラスト比がたかい

  • 「X」のコントラスト比→1,000,000:1
  • 「8 Plus」のコントラスト比→1,300:1

コントラスト比とはどういった意味なのでしょうか?

コントラスト比とは、画面で一番明るい白表示と一番暗い黒表示との明るさの比率のことです。
比率が大きいほど明暗がはっきりと表示できることを意味します。

引用元:コトバンク様

このことからわかるように、Xのほうが明暗がはっきりするようです!
ディスプレイに関しては、iPhone Xの圧勝といえましょう。

スポンサードリンク

カメラスペックと共通点

iPhone X
iPhone 8 Plus

メイン
カメラ
1200万画素
広角:ƒ/1.8のレンズ
望遠:ƒ/2.4のレンズ
デュアル光学式手ぶれ補正
クアッドLED
True Toneフラッシュ
4K動画撮影(60fps)
ポートレートモード
ポートレートライティング
1200万画素
広角:ƒ/1.8のレンズ
望遠:ƒ/2.8のレンズ
光学式手ぶれ補正
クアッドLED
True Toneフラッシュ
4K動画撮影(60fps)
ポートレートモード
ポートレートライティング
イン
カメラ
700万画素
ƒ/2.2のレンズ
1080p HD動画撮影
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字
700万画素
ƒ/2.2のレンズ
1080p HD動画撮影

カメラスペックの共通点はこちらです。

【メインカメラ】

  • 1200万画素
  • ƒ/1.8
  • クアッドLED True Toneフラッシュ
  • 4K動画撮影(60fps)
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング

【インカメラ】

  • 700万画素
  • ƒ/2.2のレンズ
  • 1080p HD動画撮影

カメラの画素数やf値はおなじものです。
そのためカメラ機能には、圧倒的な差をかんじないでしょう。

iPhone Xのほうが良い点(メインカメラ)

「X」メインカメラスペックにおける、良い点の紹介です。

望遠レンズのƒ/2.4のレンズを搭載

  • 「X」→望遠:ƒ/2.4のレンズ
  • 「8 Plus」→望遠:ƒ/2.8のレンズ

F値が小さいほどレンズは明るく(=レンズを通る光量が多い)、シャッター速度を速くできる。
F値が小さい数値のほうが、機能として優れています。

望遠カメラは、「X」のほうがよいという結果です。

デュアル光学式手ぶれ補正機能搭載

  • 「X」→デュアル光学式手ぶれ補正
  • 「8 Plus」→光学式手ぶれ補正

「X」には、望遠レンズにも光学式手ぶれ補正機能が搭載しています。
望遠レンズにおいても、ぶれることなく、きれいに写真をとることができるのです。

iPhone Xのほうが良い点(インカメラ)

「X」インカメラスペックにおける、良い点の紹介です。

 ポートレートモード搭載

  • 「X」→ポートレートモード搭載
  • 「8 Plus」→ポートレートモードなし

「X」は、インカメラにもポートレートモードが登載しております。
顔の特徴と光の相互作用から最適な照明エフェクト機能がつかえるのです。

iPhoneが自動的に被写体と背景を区別して、背景だけ暗くすることもできます。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)

こういったエフェクト機能がつかえるようになりました。

あわせて、ポートレートライティング機能が登載しております。

ポートレートライティング機能は、「ポートレートモード」でとった写真に加工する機能です。

もう少し具体的にいうと、ポートレートをとったあとに得られる情報を元に、明るさを追加したり、減らしたりします。
これにより、まるで違った照明で撮影したかのように、仕あげることができます。

「X」のほうが、カメラの楽しみがより深くなるでしょう!

アニ文字機能搭載

  • 「X」→アニ文字機能搭載
  • 「8 Plus」→アニ文字機能なし

では、アニ文字とはどういった機能なのでしょうか?

Xの3Dセンサーがあなたの表情から、オリジナルの動く絵文字を作り出します。

「アニ文字」は、ユーザーの表情や言葉を読み取りアニメーションに変換する機能です。
「アニ文字」は現在、iPhone X同士かつApple Messageで利用可能と発表されています。

アニ文字は、絵文字をよくしたものということかと思われます。

個人的に、アニ文字機能は必要ないです。

お互いが、iPhone X同士かつApple Message上でしか使えません。
Apple Message自体をつかっているひとも、少数のようにかんじます。

Face IDの機能を無理やり活用したように見受けられます。

こんなとこに費用をかけるくらいなら、アニ文字機能をなくし本体の価格を下げてくれた方が、ユーザー満足度はあがるとおもいます。

残念すぎますね。

スポンサードリンク

その他のスペックと共通点

iPhone X
iPhone 8 Plus

ワイヤレス
通信
4G LTE-Advanced
(最大450Mbps)
MIMO対応
802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0
GPS、GLONASS
Galileo、QZSS
VoLTE
NFC対応
FeliCa
認証
システム
Face ID
(顔認識の有効化)
第2世代 Touch ID
高速充電30分で最大50%充電
ワイヤレス充電
(Qi)
防水防塵IP67等級

ワイヤレス充電ができる

「X」と「8 Plus」にて、ワイヤレス充電ができるようになりました。
背面の素材をアルミからガラス素材にかえたことで、ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホ Xをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

≫≫楽天市場で、おすすめのワイヤレス充電器を集めてみました。

防水、防塵性能は継続

「X」と「8 Plus」では、防水機能が搭載されています。
防水といっても幅広い種類が存在します。

IP67等級となります。

では、IP67等級とはどういった意味をするのでしょうか?

下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、両機種ともにこのとおりです。

  • 波浪、またはすべての方向から強いいきおいの水流に対する保護
  • 一定の水圧で30分間、水に浸かっても保護

決して、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

認証システムがちがう

  • 「X」→Face ID
  • 「8 Plus」→第2世代 Touch ID

Xには、顔認証のFace IDを新たに搭載しています。

Face IDとは、どういった機能なのでしょうか?

Xは、ベゼルレスになりTouch IDが撤廃されました。
その代わりとなる機能が、Face IDです。前面カメラと赤外線カメラ、ドットプロジェクターなどを組み合わせることで、画面に視線を合わせるだけで自動的に画面をロック解除することができるようになりました。
Apple Payの支払いなどもFace IDを使って実行することになるようです。

ドットプロジェクターによって、髪型がかわったり、化粧などによる変化にも適応されます。
しかし、マスクをつけたり、眼鏡の有無によっては、正確によみこめない可能性があるようです。

ちなみに、このFace IDはXにしか搭載されていない機能となります。

机のうえで操作しようとするとき、画面をのぞき込む必要があるのか気になるところです。

「8 Plus」は、Touch IDとなります。
iPhoneユーザーなら、慣れ親しんだ機能ですね。

まとめ

以上が、「X」と「8 Plus」のちがいでした。
まとめると以下の通りです。

【Xと8 Plusの共通点】

  • A11 Bionicチップを搭載!
  • ストレージは64GB/256GBのみ
  • True Toneディスプレイを採用した
  • ワイヤレス充電対応
  • 防水防塵対応

【Xのほうが良い点】

  • サイズが小さく、携帯性にたけている
  • 重量がかるい
  • ディスプレイサイズがおおきい
  • コントラスト比がたかい
  • 解像度がよい
  • 望遠レンズのƒ/2.4のレンズを搭載
  • デュアル光学式手ぶれ補正機能搭載
  • ポートレートモード搭載
  • アニ文字機能搭載

【8Plusのほうが良い点】

  • カラーバリエーションが多い
  • 価格がやすい
  • バッテリーもちがよい

カメラや液晶のスペックは、「X」が良いことがわかります。

ただ、「8 Plus」でも十分すぎる性能となっています。

スマホは高額な商品ということもありますので、お金に余裕のある方は、「X」でもいいのかなーっとおもいます。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク