Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ncbrynch/sumaho-clinic.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【比較】iPhone XとGalaxy S9+の性能を比べてみた!

auから新製品のスマホが発表されましたね!
今夏は、以下の6機種があります!

その中でも今回は、「iPhone X」と「Galaxy S9+」の性能を比較した記事となります。
機種変更の際に、なやまれている人は必見です。

いちごくん
僕たちがたまに出てくるからよろしくね!
バナナさん
よろしくね

スポンサーリンク

デザインのちがい

両機種のデザインのちがいから見ていきましょう。

iPhone X デザインの特徴

はじめに「iPhone X」のデザインとなります。

液晶画面がベゼルレスとなる

上の画像をみてわかることなのですが、「iPhone X」では画面がすべて液晶画面のデザインとなりました。
こういった画面のことを、ベゼルレスといいます。

galaxyのスマホを意識した結果なのでしょうか…?

ホームボタンの廃止

iPhone Xでは、ホームボタンが廃止されました。

iPhone7では、ホームボタンはあったものの、かろうじて形としては残っていました。
「いずれ、ホームボタンがなくなる日も来るだろうな」と私は思っていました!
iPhone Xにて、それが現実となり驚きをかくせないです。

果たして、受けいれることができるのでしょうか…?
少々、気がかりな点です。

ホームボタンが廃止となったため、アプリを終了したり、Siriの起動方法などの操作性が一変しました。
すこし例をあげると、以下の通りです。

  • マルチタスク画面:下から上にスワイプして長押し
  • アプリ終了(ホーム画面に戻る):下から上にスワイプ
  • コントロールセンター:右上端を上から下にスワイプ
  • Siriの起動:サイドボタン(電源)を長押し
  • Apple Pay:サイドボタンをダブルクリック

使いやすいかどうかは、iPhone Xを手に取ってみないと全くわからないです。
いずれにしても、操作になれるため時間は必要でしょう。

背面がガラス素材となる

前面と背面のすべてがガラスデザインとなっています。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じざるを得ないでしょう。

またガラスの強度は、これまでの「iPhone」に採用された中で最も耐久性のあるものなのです!
これにより、画面や背面を割ってしまう機会がへるでしょう。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

カメラが厚くなった

iPhone Xでは、カメラ性能が向上してます。
それに伴い、カメラレンズ部分に厚みをおびています。

iPhone7でもそうなのですが、机のうえで操作するとカタカタと音がなり、本当に煩わしさをかんじます。
カバーを使わない人からすると、どうにかしてほしい点ですよね。

Galaxy S9+のデザイン

つづいて「Galaxy S9+ SCV39」デザインから見ていきましょう。

galaxy s9+ 正面

正面

galaxy s9+ 背面

背面

背面には2つのカメラ、指紋センサー感知部分がついていますね。

ベゼルレスで画面がおおきい

Galaxy S9 SCV38 インカメラ付近

「Galaxy S9+ SCV39」は、Infinity Displayとよばれるディスプレイを搭載しています。

Infinity Displayとは、ほぼベゼルレスで全面フルガラス。
端から端までフレームをそぎ落とした全画面ディスプレイのことです。

これにより、手に収まる大画面を実現しました。

虹彩認証は目で見えないため、スッキリしている

Galaxy S9 SCV38 虹彩認証は内部に隠されている

虹彩認証用カメラは、上部ベゼルの内側に隠れすっきりとしたデザインとなっています。

イヤホンジャック搭載!

「Galaxy S9+ SCV39」はイヤホンジャックの搭載を継続しています。

廃止されることが主流となりつつありますが、イヤホンジャック搭載されていることは他メーカーと差別化をはかっていますね。

カメラ部分はスッキリしている

Galaxy s9 SCV38 カメラ部分を強調

「Galaxy S9+ SCV39」のカメラ部分は、出っ張っていません。
スッキリしているデザインです。

両機種の特徴をまとめると以下の通りです。

【iPhone X】

  • 全体的にまるっこい
  • ベゼルレス画面
  • カメラ部分が出っ張っている
  • 画面のガラスが強度なものを採用

【Galaxy S9+ SCV39の特徴】

  • 丸みを帯びたデザイン
  • イヤホンジャックを搭載
  • デュアルカメラを搭載
  • カメラ部分がスッキリしている
スポンサードリンク

基本的なスペック

iPhone X
iphone x の外観 シルバーバージョン
Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
カラースペースグレイ
シルバー
ミッドナイトブラック
チタニウムグレー
 幅
高さ
厚さ
143.6
70.9
7.7 mm
約74
158
8.5mm
OSiOS 118.0
CPUA11 Bionicチップ
6コア(2+4)
ニューラルエンジン
SDM845
2.8GHz/
クアッドコア+
1.7GHz/
クアッドコア
重さ174g約187g
microSD
最大容量
400GB
RAM未公開(3GB)6GB
ROM64GB/256GB64GB
発売日2017年11月3日2018年5月18日

iPhone Xのほうが良い点

「iPhone X」における、良い点の紹介です。

ROM容量が大きい

  • iPhone XのROM容量→64GB・256GB
  • Galaxy S9+のROM容量→64GB

ROMは大きいほうが、たくさんのデータを保存できるので、大きければ大きい方がよいでしょう。
ただその分、本体の値段が変わりますので、あなたにあった容量をえらぶとよいでしょう。

重量がかるい

  • iPhone Xの重量→174g
  • Galaxy S9+の重量→約187g

「iPhone X」のほうが、約13gほど軽いスマホなのです。
大きな差はないことがわかりますね。

Galaxy S9+のほうが良い点

「Galaxy S9+」における、良い点の紹介です。

SDカードを取り付けることができる

  • iPhone X→SDカード取り付け不可
  • Galaxy S9+→SDカードがつかえる

「Galaxy S9+」には、最大400GBのSDカードをつかうことができます。
SDカードをつかうことができるのが、Androidの強みといえるでしょう。

RAM容量がおおきい

  • iPhone XのRAM容量→未公開(3GB)
  • Galaxy S9+のRAM容量→6GB

「iPhone X」のRAM容量は正式公表されていませんが、ユーザー間の情報で3GBとなっています。

RAM容量の数値上では、「Galaxy S9+」がよいことがわかるでしょう。
ただシステムがちがうので、正確な動作比較などはできないものとなります。

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

iPhone X
iphone x の外観 シルバーバージョン
Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
ディスプレイ
タイプ
OLED(有機EL)Super AMOLED
ディスプレイ
サイズ
5.8インチ
比率:16:9
約6.2インチ
液晶パネル1,000,000:1コントラスト比
最大輝度625cd/m2
広色域
True Tone
耐指紋性撥油コーティング
3D Touch
約1,677万色
画面
解像度
2,436 x 1,1252,960×1,440
(QHD+)

iPhone Xのほうが良い点

「iPhone X」における、良い点の紹介です。

True Toneディスプレイを採用した

ディスプレイには、True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

Galaxy S9+ の特徴・良い点

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

Super AMOLEDにより、きれいな画面を堪能できる

「Galaxy S9+ SCV39」は、Super AMOLEDとよばれる有機ELディスプレイを搭載しています。

明るい場所でも画面が見やすく、写真や動画が色鮮やかに映ります。
また、100,000:1のコントラスト比を誇っています。

ちなみに、コントラスト比とはこのような意味です。

コントラスト比とは、画面で一番明るい白表示と一番暗い黒表示との明るさの比率のことです。
比率が大きいほど明暗がはっきりと表示できることを意味します。

引用元:コトバンク様

画面サイズがおおきい

  • iPhone Xの画面サイズ→約5.8インチ
  • Galaxy S9+ SCV39の画面サイズ→約6.2インチ

「Galaxy S9+ SCV39」のほうが、わずか0.4インチもおおきいと判明いたしました。

画面解像度がたかい

  • iPhone Xのディスプレイ解像度→2,436 x 1,125
  • Galaxy S9+ SCV39のディスプレイ解像度→2,960×1,440(QHD+)

「Galaxy S9+ SCV39」の方が、数段階ほどよく画面表示することができます。

スポンサードリンク

カメラのスペックと共通点

iPhone X
iphone x の外観 シルバーバージョン
Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
有効画素数メイン:1200万画素

(裏面照射型センサー)
サブ:700万画素

メイン:約1,220万画素

(デュアルピクセル)

1,220万画素
サブ:約800万画素

F値メイン:F1.8
望遠:F2.4
サブ:F2.2
メイン:1.5・2.4
望遠:2.4
サブ:1.7
自動
手ぶれ
補正
静止画:○
動画:○
光学ズーム最大2倍2倍
デジタル
ズーム
最大10倍10倍

光学式の手振れ補正を搭載

  • iPhone X→光学式手ぶれ補正搭載
  • Galaxy S9+→光学式手ぶれ補正搭載

両機種ともに、光学式手ぶれ補正を搭載しています。
手ぶれ補正の機能には、大きくわけて電子式と光学式の2つがあります
光学式手ぶれ補正のほうが、手ぶれを軽減できます。

iPhone Xの特徴

「iPhone X」における、良い点の紹介です。

望遠レンズを搭載している

iphone x のカメラ部分をピックアップ

「iPhone X」には、望遠レンズを搭載しています。

光学式手ぶれ補正機能も効果があります。
望遠レンズにおいても、ぶれることなく、きれいに写真をとることができるのです。

遠い場所をとるときには、もってこいですね!

 ポートレートモード搭載

iPhone8 ポートレートモードの紹介

「iPhone X」は、インカメラにもポートレートモードが登載しております。
顔の特徴と光の相互作用から最適な照明エフェクト機能がつかえるのです。

iPhoneが自動的に被写体と背景を区別して、背景だけ暗くすることもできます。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)

こういったエフェクト機能がつかえるようになりました。

あわせて、ポートレートライティング機能が登載しております。
ポートレートライティング機能は、「ポートレートモード」でとった写真に加工する機能です。

もう少し具体的にいうと、ポートレートをとったあとに得られる情報を元に、明るさを追加したり、減らしたりします。
これにより、まるで違った照明で撮影したかのように、仕あげることができます。

ちなみに、「iPhone X」には、インカメラにもポートレートモードが搭載しているのです。「iPhone X」のほうが、カメラの楽しみがより深くなるでしょう!

Galaxy S9+の特徴

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

おおくの光をとりいれる、レンズを搭載

  • iPhone XのF値→メイン:F1.8 望遠:F2.4 サブ:F2.2
  • Galaxy S9+ SCV39のF値→メイン:1.5・2.4/望遠:2.4/サブ:1.7

カメラのレンズは「Galaxy S9+ SCV39」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

とくに、メインカメラに大きな差があると感じます。
これにより、夜間や屋内などでもキレイに撮れることでしょう。

2種類のレンズで、昼夜両用に成功!

galaxy s9 2種類のレンズについて解説

「Galaxy S9+ SCV39」には、2種類のレンズを搭載しています。
それぞれのレンズでF値がちがいます。

1.5のレンズと2.4のレンズが搭載しています。
昼で使うレンズと夜に使うレンズを自動的に切り替えています。

【夜に向いているレンズで撮った写真】

暗い場所では、おおくの光を集めるF値1.5に絞りがひらき、明るくきれいな写真をとることができます。

そのうえ暗い環境において、マルチフレームノイズリダクション機能がはたらきます。
おかげで、暗い場所で撮影してもクリアで綺麗に撮影できます。

F値1.5のレンズとマルチフレームノイズリダクション機能を併用し、暗い環境下につよくなりました。

【昼に向いているレンズで撮った写真】

昼の明るい場所では、F値2.4に切り替わり、きれいなな写真を撮影できます。

いちごくん
自動で切り替わるから、面倒な設定はいらないよ。

望遠レンズ搭載のため、ライブフォーカスがつかえる

galaxy s9+ デュアルカメラを搭載

「Galaxy S9+ SCV39」には、約1,220万画素の望遠レンズを搭載しました。
この望遠レンズは、光学2倍ズームができます。

また望遠レンズを利用した機能として、ライブフォーカスがあります。
写真のボケの強弱を調整することができるのです。

背景をぼかすことによって、写したいものを強調することも、また写したくないものをさりげなく隠すことができます。

撮影時も撮影後でも関係なく行えることが強みとなります。

ライブフォーカス使用後

Galaxy s9 SCV38 ライブフォーカス 背景ボケ

ライブフォーカス使用前

こうしてみると、背景のぼけ加減が一目瞭然ですね!
カメラ性能は着実に向上しています。

手軽にスローモーションが撮れる

Galaxy s9 SCV38 スローモーション紹介

「Galaxy S9+ SCV39」には、モーション検出という機能があります。

モーション検出機能をONにすると、ビデオ撮影時にカメラが自動で被写体を検知して、スーパースローモーション(960fps)で録画がスタートします。

これらの機能にて、SNSへの投稿がひときわ楽しく面白くなることでしょう。

スーパースロー映像の撮影ができる

XZ2 スローモーション

「Galaxy S9+ SCV39」には、最大960fpsのフルHD画質スローモーションカメラをとることができます。

バナナさん
960fpsとはどういった数値なの?

通常スピード(1秒30コマ)の映像に約6秒間のスローモーション映像(1秒最大960コマ)を組み合わせることで、緩急のある映像が簡単に作成できます。

通常のビデオ撮影中、スローモーションで残したい瞬間にスローボタンをタップすると、約0.2秒の一瞬を約6秒のスローモーション映像として記録。

プロ用のハイスピードカメラで撮るような、1秒960コマの印象的な映像がかんたんに残せます。

引用元:SONY公式

通常では、1秒で30fpsのところ、「Galaxy S9+ SCV39」には、のスローモーションカメラは、960fpsまで対応しています。

単純計算ですが、32倍細かく動画再生することができます!
SNSへの投稿がひときわ楽しく面白くなることでしょう。

スーパースローモーションで撮った動画をロック画面にできる

この子犬のように、スーパースローモーションで撮った動画を、ロック画面に設定することができます。

子犬かわいいですね。

AR機能が充実している

galaxy s9 SCV38 AR技術

「Galaxy S9+ SCV39」のAR技術により、、自分そっくりな絵文字スタンプを作ることができます。

喜怒哀楽、様々な気持ちを込めてAR絵文字をつかえます。
髪形や服装などを、自分好みの絵文字に加工することができます。

個人的な意見ですが、日本国内では需要が少ない機能のように感じます。

スポンサードリンク

充電関連のスペックと共通点

iPhone X
iphone x の外観 シルバーバージョン
Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
連続
通話時間
最大21時間約38.8時間
連続
待受時間
最大12時間
(インターネット利用)
最大13時間
(ビデオ再生)
最大60時間
(オーディオ再生)
約430時間
電池容量未公開(2,716mAh)3,500mAh
電池パック
取り外し
充電方式Lightning
ワイヤレス充電
USB Type-C
ワイヤレス充電

連続待受時間が「iPhone X」と「Galaxy S9+」では、明らかにちがいます。
検査方式がちがうのでしょうか?
ここでは、あえて取り上げないようにします。

ワイヤレス充電ができる

iphone X ワイヤレス充電をしている

  • iPhone X→ワイヤレス充電ができる
  • Galaxy S9+→ワイヤレス充電ができる

「iPhone X」と「Galaxy S9+」は、ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります。

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

≫≫Amazonで、おすすめのワイヤレス充電を集めてみました。

スポンサードリンク

その他のスペック

iPhone X
iphone x の外観 シルバーバージョン
Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11
A/b/g/n/ac
Bluetooth5Ver.5.0
GPS
テレビ
防水機能IPX7IPX5
IPX8
防塵性能IP6XIP6X
生態認証Face ID
(顔認証センサー)
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応
イヤホン
ジャック

最後に、その他の機能面を紹介していきます。

iPhone Xの特徴・良い点

iPhone Xの特徴・良い点を見ていきましょう。

Face ID機能を搭載!

iPhone Xには、顔認証のFace IDを新たに搭載しています。

Face IDとは、どういった機能なのでしょうか?

iPhone Xは、ベゼルレスになりTouch IDが撤廃されました。
その代わりとなる機能が、Face IDです。
前面カメラと赤外線カメラ、ドットプロジェクターなどを組み合わせることで、画面に視線を合わせるだけで自動的に画面をロック解除することができるようになりました。
Apple Payの支払いなどもFace IDを使って実行することになるようです。

ドットプロジェクターによって、髪型がかわったり、化粧などによる変化にも適応されます。
しかし、マスクをつけたり、眼鏡の有無によっては、正確によみこめない可能性があるようです。

ちなみに、このFace IDはiPhone Xにしか搭載されていない機能となります。
机のうえで操作しようとするとき、画面をのぞき込む必要があるのか気になるところです。

Galaxy S9+の特徴・良い点

「Galaxy S9+ SCV39」における、特徴や良い点の紹介です。

テレビを見ることができる

  • iPhone X→テレビ機能なし
  • Galaxy S9+→テレビ機能あり

「Galaxy S9+」には、テレビ機能が搭載しています。
普段からテレビをみない人には、興味のわかない項目ですね。

防水性能が優れている

  • iPhone Xの防水性能→IPX7
  • Galaxy S9+の防水性能→IPX5 IPX8
数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

この表が防水性能の基準となっています。

「iPhone X」だとこのようになります。

  • 一定の水圧で30分間 水に浸かっても保護

一方、「Galaxy S9+」の防水性能は、このようになります。

  • すべての方向から、いきおいのある水流に対する保護
  • 連続的に水中に置いても保護

「Galaxy S9+」の方が、防水性能に優れていることがわかります。

ただし、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

イヤホンジャックがついている

  • iPhone X→イヤホンジャックなし
  • Galaxy S9+→イヤホンジャックあり

「Galaxy S9+」には、いままでと変わらずイヤホンジャックがあります。
あなたお気に入りのイヤホンは、かわらず使うことができます。

「iPhone X」には、ついてないです。
残念ですね。

オーディオ環境に力をいれている

Galaxy s9 SCV38 高音質のスピーカー

世界的に有名なオーディオブランドAKGによってチューニングされたハイパワーなステレオスピーカーと、ドルビーアトモスによるオーディオ体験も楽しめます。

前機種のGalaxy S8 / S8+とくらべて、約1.4倍音量がアップしています。

ただ、そこまで大音量で音楽などをかける機会があるのかと言えば、疑問に思ってしまいます。

指紋認証は背面にある

Galaxy S9 SCV38 指紋認証は背面にある

指紋認証センサーは、簡単な動作でロック解除しやすいよう本体の背面へと位置しています。
人間工学に基づいた結果のようです。

わたし自身、背面に指紋センサーがあるスマホを持っていますが、あまり面倒とかんじた経験はありません。

これまで指紋センサーが、正面・サイドに搭載されていたスマホをつかっていた人でも、すぐに馴染むことでしょう。

インテリジェントスキャンが非常に便利!

Galaxy S9 SCV38 虹彩認証

「Galaxy S9+ SCV39」は、インテリジェントスキャンという機能を搭載しています。

インテリジェントスキャンとは、環境にあわせてロック解除方法を判断する機能です。

例えると以下の通りです。

  • マスクしているときは、指紋認証と虹彩認証
  • 手袋をしているときは、虹彩認証と顔認証
  • 虹彩認証が上手くいかないときは、顔認証も併用
  • 顔認証で情報がたりないときには、虹彩認証も併用

これにより、いかなる状況でも生体情報をつかうことができ、スムーズに使うことができるのです。

Bluetoothを2つ同時に接続できる

P20 Bluetoothを2つつかうことができる。

「Galaxy S9+ SCV39」は、2つ同時にBluetoothを接続することができます。

エクササイズ時にスマートバンドとイヤホンをスマートフォンに同時に接続したり、イヤホンを使用しながら車載用のBluetoothナビゲーションに接続できます。

昨今のさまざまな機器との接続を考慮されていますね。

AKGのイヤホンが同梱している!

Galaxy s9 SCV38 AKGのイヤホンを同梱

世界的にも有名なAKGの「マイク付きイヤホン」が、同梱品として用意されています。
またこちらのイヤホンは、ハイレゾにも対応しています。

そのほかの同梱品は以下の通りです。

  • テレビアンテナケーブル
  • Micro USB ケーブル(試供品)
  • AKGチューニングマイク付高音質イヤホン(試供品)
  • SIM取り出しツール(試供品)
  • OTG対応USB変換アダプタ(試供品)
  • クイックスタートガイド(取扱説明書)
  • クリアケース(試供品)

クリアケースもついているので、安心できますね。

まとめ

以上が、「iPhone X」と「Galaxy S9+」のちがいでした。

【iPhone Xを選ぶと満足する人】

  • 軽いスマホが好きな人
  • 以前からiPhoneを使っている人
  • ほかのapple製品をお持ちの方

【Galaxy S9+を選ぶと満足する人】

  • 大画面で映像をみたい人
  • いままでのイヤホンを使いたい人
  • 充電しながらイヤホンを使いたい人
  • 大容量のSDカードを使いたい人
  • 水回りでつかうことが多い人
  • テレビを見たい人
  • 電池の持ちを重視する人
バナナさん
いちごくんありがとう!
いちごくん
とんでもないよ!
バナナさん
iPhone Xの評判ってどうなの?
いちごくん
意外と賛否両論なんだ!
よく聞くのが、ロック解除がしにくいっていう不満があるよ。
バナナさん
誰が言ってたの?
いちごくん
ヒカキンさんやカズさんが言ってたよ。
ライフスタイルによって、合う合わないがあるんだって。
ついでに、実際の動画もみてみたら?
バナナさん
ありがとう !みてみるよ!

ヒカキンさんの動画

カズさんの動画

どっちの機種でもいえるのですが、購入を考えているなら、店舗でさわってみることをおすすめします!

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク