【比較】OPPO R17 NeoとHUAWEI P20 liteはどこが違うの?徹底的にくらべてみた!

お気に入りに追加!

UQモバイルから2018年秋冬/2019年春夏ラインアップとして、計4機種を新たに発売しました。

それがこちらの4点です。

今回は、「OPPO R17 Neo」と「HUAWEI P20 lite」スペックや特徴などを比較しまとめてみました。

簡単に特徴を説明しておきます。
両機種の特徴としては、低価格に抑えられている点でしょう。

ハイスペックのスマホを必要としない人には、おすすめできる機種となります。
そこで、どちらの機種にしようか悩んでいる人は必見です!

その前に朗報です!

当サイト限定リンクからUQモバイルに申し込みすると、10,000~13,000円の現金がかえってきます!

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

UQモバイルで16,000円のキャッシュバック!?お得に契約しよう!【キャンペーン】
※01/13更新済み あなたは、格安SIMの1つであるUQモバイルをご存知でしょうか? au系列の回線をつかっている会社です。 格...

またこちらから、当サイト限定の申し込みサイトにつながります。

当サイト限定リンクはこちらから
(UQモバイル公式サイトへ移動します)

いちごくん
町中の店舗や公式サイトから申し込むときと条件はおなじだけど、お得に契約することができるよ!

では、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

外観やデザインについて

はじめに外観やデザインの違いを見ていきましょう。

OPPO R17 Neoのデザイン特徴

まずはじめに、「OPPO R17 Neo」のデザインからみていきます。

背面がグラデーションになっている

OPPO R17 2

「OPPO R17 Neo」の背面が、グラデーションカラーとなっております。

とてもきれいな色合いで、高級感を感じますね。

HUAWEI P20 liteのデザイン

「HUAWEI P20 lite」のデザインから見ていきましょう。

P20 外観を紹介

高級感のある2.5Dガラスを使用。
手になじむ形となります。
横幅約71mmとすっきりしているため、女性でも簡単に片手で操作ができるデザインです。

P20 表面

正面

iPhone Xのようなデザインとなっています。

P20 裏面

背面

背面には、2つのカメラが搭載されています。
また、光沢のある高級感をだした仕上りです。

基本的なスペックと共通点

OPPO
R17 Neo
OPPO R17 2
HUAWEI
P20 lite
P20 クラインブルー
カラーレッド
ブルー
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
 幅
高さ
厚さ
約75.5
158.3
7.4mm
約71
149
7.4mm
OSColorOS 5.2
(Based on
Android8.1)
8
CPUSnapdragon 660
(SDM660)
1.95GHz
/4コア
+1.8GHz
/4コア
Kirin659
2.36GHz/
クアッドコア+
1.7GHz/
クアッドコア
重さ約156g約145g
microSD
最大容量
最大256GB256GB
 RAM4GB4GB
ROM128GB64GB
価格38,988円31,212円
(UQモバイル価格)
発売日2018/11/12018年6月15日

基本動作するには十分すぎる!

若いお兄さんが親指をたててgood!としている状態を表現した手書きの絵

「OPPO R17 Neo」「HUAWEI P20 lite」の処理能力は、正直高いとは言えません。
そのため、ゲームや処理の多いアプリをつかう習慣がある人には向きません。

しかし下記動作がメインの人には、問題なくつかうことができるでしょう。

  • ネット検索
  • LINE
  • 動画をみる
  • 通話をする

このように使う人にとっては、十分に動作するスマホとなっています。

OPPO R17 Neoのほうがいい点

「OPPO R17 Neo」のおける、良い点の紹介です。

ROM容量が大きい

  • OPPO R17 NeoのROM容量→128GB
  • HUAWEI P20 liteのROM容量→64GB

「OPPO R17 Neo」のほうが、本体にデータを保存できる容量がおおいです。
単純計算では、倍もおおくのデータを保存できます。

普段からおおくのデータを持ち歩く人からすれば、大切なことなのでおさえておきましょう。

HUAWEI P20 liteのほうが良い点

「HUAWEI P20 lite」における、良い点の紹介です。

本体が軽い

  • OPPO R17 Neoの重量→156g
  • HUAWEI P20 liteの重量→約145g

重さの差はたったの11gです。
もってみても、違いはわからないでしょう。

値段が安い

  • OPPO R17 Neoの値段→38,988円
  • HUAWEI P20 liteの値段→31,212円

公表当時の価格になりますが、「HUAWEI P20 lite」のほうが8,000円ほど安く設定されております。

スマホ代金を安くしたい人にとっては、とても気になるところといえるでしょう。

ディスプレイスペック

OPPO
R17 Neo
OPPO R17 2
HUAWEI
P20 lite
P20 クラインブルー
ディスプレイ
タイプ
有機EL
AMOLED
Multi-touch,
Capacitive
Screen
TFT
ディスプレイ
サイズ
6.4インチ約5.8インチ
ディスプレイ
最大表示色
1600万色約1,677万色
ディスプレイ
解像度
2340×10802,280×1,080
(FHD+)

OPPO R17 Neoのディスプレイ特徴

「OPPO R17 Neo」のディスプレイ特徴をみていきましょう。

ノッチディスプレイを採用

OPPO R17 2

「OPPO R17 Neo」の液晶ディスプレイは、ノッチ型となります。

ノッチ型とは、画面上部が凹んでいる液晶画面のことです。
電池残量や電波状況がおさまっております。

有機ELディスプレイを搭載

oppo R17 独自のOS搭載

「OPPO R17 Neo」での液晶画面は、有機ELディスプレイを搭載しております。

明るい場所でも画面が見やすく、写真や動画が色鮮やかに映ります。
また、100,000:1のコントラスト比を誇っています。

ちなみに、コントラスト比とはこのような意味です。

コントラスト比とは、画面で一番明るい白表示と一番暗い黒表示との明るさの比率のことです。
比率が大きいほど明暗がはっきりと表示できることを意味します。

引用元:コトバンク様

端的にいいますと、画面がとてもきれいなのです!

いちごくん
格安スマホで有機EL搭載は珍しいよ !

画面が圧倒的におおきい!

oppo R17 サイドの外観

「OPPO R17 Neo」では、画面サイズが6.4インチという圧倒的な大きさをほこっております。

ベゼルがほとんどないうえに、ノッチディスプレイのため、画面サイズがすごく大きいのです!

画面占有率が91%という圧倒的サイズとなります。
持ってみると本体の割に、画面の大きさを感じることでしょう。

HUAWEI P20 liteのディスプレイ特徴

「HUAWEI P20 lite」における、良い点の紹介です。

サイズの割に大きいディスプレイとなっている

P20 画面サイズがおおきい

「HUAWEI P20 lite」は、画面比率が19:9と大きなディスプレイを搭載しております。

サイズの割に画面が大きい仕様となっています。

いちごくん
「OPPO R17 Neo」のほうが画面サイズはおおきいよ!

カメラのスペック

OPPO
R17 Neo
OPPO R17 2
HUAWEI
P20 lite
P20 クラインブルー
有効画素数メイン:1,600
200万画素
サブ:
2,500万画素
メイン:約1,600万画素
約200万画素
サブ:約1,600万画素
撮影素子メイン:CMOS
サブ:CMOS
F値メイン:f/1.75 + f/2.4
サブ:f/2.0
カラー:1.8
モノクロ:1.6
サブ:2.0

つづいて、カメラ機能の紹介になります。

あらかじめ1つだけ、伝えたいことがあります。

画素数が高ければ高いほど、きれいな写真を撮れるとは限りません。
むしろ、「画素数が高すぎると、画質が低下する」とも言われています。

きれいな写真を撮るためには、デジタル処理やセンサーの良しあしも必要となるためです。
そのため、ここではあえて、画素数については取り上げないようにします。

OPPO R17 Neoのカメラ特徴

「OPPO R17 Neo」のカメラ特徴をみていきましょう。

背面カメラはデュアルレンズ搭

oppo R17 背面カメラはデュアルレンズ

「OPPO R17 Neo」の背面カメラは、デュアルカメラとなります。

性能自体はiPhoneにおよばないものの、背景ボケのある写真撮影をすることができます。

ただしインカメラでは、背景ボケのある写真撮影はできないです。
あらかじめご注意ください。

HUAWEI P20 liteのカメラ特徴

「HUAWEI P20 lite」における、良い点・特徴の紹介です。

暗い環境でも、明るい写真を撮ることが出きる

  • OPPO R17 NeoのF値→f/1.75 + f/2.4
  • HUAWEI P20 liteのF値→カラー:1.8 モノクロ:1.6

F値の数値がひくいほど、くらい環境でも多くの光をとりこむことができます。
そのため「HUAWEI P20 lite」のほうが、きれいな写真で撮影することができるのです。

ダブルレンズを搭載している

「HUAWEI P20 lite」はメインカメラに、ダブルレンズを搭載しています。
それぞれの機能は以下の通りです。

約1,600万画素+約200万画素のダブルレンズで、一眼レフのような美しいボケとることができます。
以下、2つの機能をつかうことでボケを作ることができます。

  • ポートレートモード
  • ワイドアパーチャー

それぞれの機能について、くわしくみていきましょう。

ポートレートモードでボケをきれいに!

P20 でカメラ撮影してみた(ポートレートモード)

ポートレートモードにより、背景ボケがきれいにできます。
それだけでなく、インジケーターで10段階のビューティレベル設定も可能となりました。

ワイドアパーチャーとは?

「HUAWEI P20 lite」には、ワイドアパーチャーという機能が搭載されました。

バナナさん
ワイドアパーチャーってなに?

撮影後にフォーカス位置を調整可能。一眼レフで撮影したように背景のぼかしも自在に変更できます。

引用元:公式ホームページ

撮影後の写真を、手軽に編集できるようですね!
個人的に、こちらの機能には興味があります。

ジェスチャーセルフィーで簡単撮影

P20 ジェスチャー撮影

いろんなポーズをしたままでも、インカメラに向かって手のひらをかざすとカウントダウンをはじまります。
ジェスチャーセルフィーは、自動タップやセルフタイマーを設定せず手軽に写真が撮るのです。

インカメラ撮影による煩わしい操作が、不必要となります。

インカメラは暗いところでもきれいに撮れる

P20 インカメラ撮影してみた

「HUAWEI P20 lite」のインカメラには、約1,600万画素のレンズと、「ライトフュージョン」と呼ばれる技術が搭載されました。

ライトフュージョンによって、受光感度を4倍に高める技術を組み合わせ、高精細な写真をとることができます。

充電関連のスペック

OPPO
R17 Neo
OPPO R17 2
HUAWEI
P20 lite
P20 クラインブルー
電池容量3,600mAh3,000mAh
通話時間約1,100分
待受時間約350時間
電池
持ち時間
約75時間
充電時間HUAWEI
Quick
Charger:
約100分TypeC 01/02
約130分
充電方式マイクロUSBHUAWEI
Quick
Charger
TypeC 01/02

HUAWEI P20 liteのほうが良い点

「HUAWEI P20 lite」における、良い点の紹介です。

インテリジェント機能によりバッテリー長持ち!

P20 インテリジェント機能

「HUAWEI P20 lite」は 、ユーザーが長い時間快適にスマートフォンを利用できるような設計をしています。
ユーザによるスマートフォンの操作をAIにより理解し、最も効率的なモードを予測することで、バッテリを節約します。
これにより長い時間つかうことができるのです。

一定の生活サイクルがある人には、最も効果が期待できるでしょう。

USB Type-Cでの充電

「HUAWEI P20 lite」は、USB Type-Cでの充電となります。

充電口は、端子に上下の区別がありません。
そのため、どちらの向きからでも差し込むことが可能です。

≫≫Amazonで、おすすめのUSB Type-cの充電器を集めてみました。

その他のスペックと共通点

OPPO
R17 Neo
OPPO R17 2
HUAWEI
P20 lite
P20 クラインブルー
Wi-Fi
テザリング
最大8台
Wi-Fi
規格
a/b/g/n/acIEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth5Ver.4.2
防水××
防塵××
GPS
おサイフ
ケータイ
××
NFC××
ハイレゾ
対応
××
イヤホン
ジャック
生体認証指紋認証

【利用可能機能】

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • テザリング
  • 指紋センサー

【利用不可機能】

  • 防水/防塵
  • フルセグ/ワンセグ
  • おサイフケータイ
  • ハイレゾ

テレビ機能は、つかうことはできません。
テレビ機能を使う予定があるかたは、注意が必要な項目ですね。

どちらの機種も防水防塵非搭載

海外製品では、防水防塵性能がないことがよくあります。

今回紹介している、「OPPO R17 Neo」「HUAWEI P20 lite」どちらの機種にも防塵防水性能はありません。

防水防塵性能が、不可欠な人にはおすすめできないスマホといえるでしょう。

おサイフケータイ非搭載

どちらのスマホにも、おサイフケータイを使うことができません。
もし、おサイフケータイを普段からつかっているなら、購入することをお勧めできません。

ただ、普段おサイフケータイをつかわないのなら、特に気にならない項目になりますね。

OPPO R17 Neoの特徴

「OPPO R17 Neo」のおける、良い点の紹介です。

Bluetoothの規格がよい

  • OPPO R17 NeoのBluetooth対応規格→Ver5.0
  • HUAWEI P20 liteのBluetooth対応規格→ver4.2

「OPPO R17 Neo」のほうが、Bluetooth対応規格が広くなっています。
普段からBluetoothを使っている人は、注意しておきたい項目でしょう!

日本初の画面内指紋認証を搭載!

oppo R17 液晶での指紋認証

「OPPO R17 Neo」では、液晶画面指紋認証ができる端末です。

バナナさん
画面内指紋認証って何?
いちごくん
液晶画面上で、指紋認証をする機能のことだよ !

往来であれば、ホームボタンや背面ボタンに指をそえて、ロック解除しておりました。

液晶画面指紋認証では、液晶画面の指定箇所に指をおくとロック解除することができるのです。

iPhoneとちがい、マスクやヘルメットなどをした状態でも、ロック解除をかんたんにすることができるのです!

近未来性を感じる機能ですね。

まとめ

以上が、「OPPO R17 Neo」と「HUAWEI P20 lite」スペックのちがいでした。

【OPPO R17 Neoのほうがいい点】

  • 有機ELディスプレイを搭載
  • 画面サイズがすごく大きい
  • Bluetooth規格が優れている

【HUAWEI P20 liteが良い点】

  • 本体が軽い
  • 値段が安い
  • 充電時間が短い

両機種ともにミドルエンドのスマホとしては、立派で優秀なスペックを誇っています!

普段から重たい動作(ゲーム、動画編集など)をする人には、「OPPO R17 Neo」や
「HUAWEI P20 lite」は不向きとなります。

どちらがおすすめかというと、個人的には「OPPO R17 Neo」のほうが好きです!

UQモバイルから購入する人は必見!

「OPPO R17 Neo」が「HUAWEI P20 lite」が気になった人は必見です!

これから紹介する方法で申し込むと、通常よりもお得になるのです!

当サイト限定リンクからUQモバイルに申し込みすると、10,000~13,000円の現金がかえってきます!

これらのキャンペーンは公式サイトでも、ショップや量販店でも行っていません。

毎月の固定費の削減をしたい人、できる限り安く契約したい人はぜひご覧ください!
うまく活用いただくことが大切です。

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

UQモバイルで16,000円のキャッシュバック!?お得に契約しよう!【キャンペーン】
※01/13更新済み あなたは、格安SIMの1つであるUQモバイルをご存知でしょうか? au系列の回線をつかっている会社です。 格...

またこちらから、当サイト限定の申し込みサイトにつながります。

当サイト限定リンクはこちらから
(UQモバイル公式サイトへ移動します)

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

お気に入りに追加!

関連記事