【比較】Galaxy S9+とAQUOS R2の性能を比べてみた【SCV39 vs SHV42】

auから新製品のスマホが発表されましたね!
今夏は、以下の6機種があります!

その中でも今回は、「Galaxy S9+」と「AQUOS R2」の性能を比較した記事となります。
機種変更の際に、なやまれている人は必見です。

いちごくん
僕たちがたまに出てくるからよろしくね!
バナナさん
よろしくね

スポンサーリンク

デザインのちがい

両機種のデザインのちがいから見ていきましょう。

Galaxy S9+のデザイン

つづいて「Galaxy S9+ SCV39」デザインから見ていきましょう。

galaxy s9+ 正面

正面

galaxy s9+ 背面

背面

背面には2つのカメラ、指紋センサー感知部分がついていますね。

ベゼルレスで画面がおおきい

Galaxy S9 SCV38 インカメラ付近

「Galaxy S9+ SCV39」は、Infinity Displayとよばれるディスプレイを搭載しています。

Infinity Displayとは、ほぼベゼルレスで全面フルガラス。
端から端までフレームをそぎ落とした全画面ディスプレイのことです。

これにより、手に収まる大画面を実現しました。

虹彩認証は目で見えないため、スッキリしている

Galaxy S9 SCV38 虹彩認証は内部に隠されている

虹彩認証用カメラは、上部ベゼルの内側に隠れすっきりとしたデザインとなっています。

イヤホンジャック搭載!

「Galaxy S9+ SCV39」はイヤホンジャックの搭載を継続しています。

廃止されることが主流となりつつありますが、イヤホンジャック搭載されていることは他メーカーと差別化をはかっていますね。

カメラ部分はスッキリしている

Galaxy s9 SCV38 カメラ部分を強調

「Galaxy S9+ SCV39」のカメラ部分は、出っ張っていません。
スッキリしているデザインです。

AQUOS R2 SHV42のデザイン

「AQUOS R2 SHV42」のデザインを見ていきましょう。

裏面

鏡面金属フレームと背面の3Dガラスがつかわれています。
高級感のあるデザインに仕上がっています。

表面

ディスプレイガラスはわずかにカーブしており、特殊コーティングが施されています。

iPhone Xのような、液晶画面となっているのも特徴ですね。
丸みを帯びたデザインのため、持ちやすいスマホとなっています。

デュアルカメラ仕様となった

AQUOS R2 ピンク 表裏

今回の「AQUOS R2 SHV42」から、デュアルカメラとなりました。

動画専用カメラと静止画撮影カメラの2種類となっています。

イヤホンジャックを搭載!

「AQUOS R2 SHV42」の上部にイヤホンジャックを搭載しています。

廃止されることが主流となりつつありますが、イヤホンジャック搭載されていることは他メーカーと差別化をはかっていますね。

両機種の特徴をまとめると以下の通りです。

【Galaxy S9+ SCV39の特徴】

  • 丸みを帯びたデザイン
  • イヤホンジャックを搭載
  • デュアルカメラを搭載
  • カメラ部分がスッキリしている

【AQUOS R2 SHV42の特徴】

  • 背面はガラス仕様
  • サイドは鏡面金属仕様
  • ディスプレイはわずかにカーブしている
  • デュアルカメラになっている
  • 上部にイヤホンジャックを搭載
スポンサードリンク

基本的なスペックと共通点

Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
AQUOS R2
SHV42
カラーミッドナイトブラック
チタニウムグレー
アクアマリン
プラチナホワイト
プレミアムブラック
 幅
高さ
厚さ
約74
158
8.5mm
約74
156
9.0mm
OS8.08.0
CPUSDM845
2.8GHz/
クアッドコア+
1.7GHz/
クアッドコア
SDM845
2.6GHz/
クアッドコア+
1.7GHz/
クアッドコア
重さ約187g約181g
microSD
最大容量
400GB400GB
 RAM6GB4GB
ROM64GB64GB
発売日2018年5月18日2018年6月上旬

CPU性能がよい

XZ2 高速CPU

「Galaxy S9+ SCV39」と「AQUOS R2」に搭載されているCPUの処理速度は、前機種よりも約1.2倍向上しました。

簡単にいいますと、アプリの起動や文字入力、ゲームなどのレスポンスが速く、動作も軽快です。

Galaxy S9+のほうが良い点

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

 本体が軽い

  • Galaxy S9+ SCV39の重量→187g
  • AQUOS R2の重量→181g

「Galaxy S9+ SCV39」のほうが、約6g軽い結果になりました。
わずかな差をかんじるレベルでしょう。

RAM容量がおおい

  • Galaxy S9+ SCV39のRAM→6GB
  • AQUOS R2のRAM→4GB

RAM容量の数値上では、「Galaxy S9+ SCV39」がよいことがわかるでしょう。

RAMが大きければ大きいほど、同時にアプリを起動しても、正常にうごいてくれます。
ゲームなどの重たい処理をしているときでも、サクサクとうごいてくれます。

仮に、RAMが小さい状態で同時にアプリを使っていると下記のようなことがおきるのです。

  • アプリが強制終了してしまう
  • スマホの電源が勝手に切れる(再起動される)

RAMの容量が小さいと、いいことはあまりないです。
「Galaxy S9+ SCV39」が優れていることがわかりますね。

しかしながら、「AQUOS R2」のRAM容量は、決して小さいわけではありません。

AQUOS R2 SHV42のほうが良い点

「AQUOS R2 SHV42」における、良い点はなし。

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
AQUOS R2
SHV42
ディスプレイ
タイプ
Super AMOLEDハイスピード
IGZO
ディスプレイ
サイズ
約6.2インチ約6.0インチ
ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色約1,677万色
ディスプレイ
解像度
2,960×1,440
(QHD+)
3,040×1,440
(WQHD+)

Galaxy S9+ の特徴・良い点

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

Super AMOLEDにより、きれいな画面を堪能できる

「Galaxy S9+ SCV39」は、Super AMOLEDとよばれる有機ELディスプレイを搭載しています。

明るい場所でも画面が見やすく、写真や動画が色鮮やかに映ります。
また、100,000:1のコントラスト比を誇っています。

ちなみに、コントラスト比とはこのような意味です。

コントラスト比とは、画面で一番明るい白表示と一番暗い黒表示との明るさの比率のことです。
比率が大きいほど明暗がはっきりと表示できることを意味します。

引用元:コトバンク様

画面サイズがおおきい

  • Galaxy S9+ SCV39の画面サイズ→約6.2インチ
  • AQUOS R2の画面サイズ→約6.0インチ

「Galaxy S9+ SCV39」のほうが、わずか0.2インチおおきいと判明いたしました。

AQUOS R2 SHV42の特徴・良い点

「AQUOS R2 SHV42」における、良い点の紹介です。

ハイスピードIGZOディスプレイを利用

ハイスピードIGZOディスプレイは、従来のIGZOよりも進化を遂げています。

進化した点は、以下のとおりです。

  • 画面スクロールや動画の表示がなめらかになった
  • 液晶の応答速度はやくなった
  • 残像感がすくなく、見やすい液晶表示
  • 目が疲れにくいという効果がある
いちごくん
詳しく性能をみていくね。

なめらかに画面表示される

ハイスピードIGZOディスプレイによって、動きの激しい動画や画面スクロール時の文字も残像をおさえます。
それにより、なめらかな表示にすることができます。

画面解像度がたかい

  • Galaxy S9+のディスプレイ解像度→2,960×1,440(QHD+)
  • AQUOS R2のディスプレイ解像度→3,040×1,440(WQHD+)

「AQUOS R2」の方が、数段階ほどよく画面表示することができます。

スポンサードリンク

カメラのスペック

Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
AQUOS R2
SHV42
有効画素数メイン:約1,220万画素
(デュアルピクセル)/約
1,220万画素
サブ:約800万画素
メイン:約2,260万画素
約1,630万画素
サブ:約1,630万画素
撮影素子メイン:CMOS/CMOS
サブ:CMOS
メイン:CMOS
サブ:CMOS
F値メイン:1.5・2.4
望遠:2.4
サブ:1.7
メイン:1.9
サブ:非公開
撮影ライト静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
オート
フォーカス
機能
静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
手ブレ
補正機能
(電子式)
静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
手ブレ
補正機能
(光学式)
静止画:○
動画:○
接写機能
動画最大
撮影サイズ
3,840×2,1603,480×2,160
動画ズーム10倍8倍
静止画最大
撮影サイズ
4,032×3,0245,480×4,112
静止画
ズーム
10倍8倍

Galaxy S9+の特徴

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

おおくの光をとりいれる、レンズを搭載

  • Galaxy S9+ SCV39のF値→メイン:1.5・2.4/望遠:2.4/サブ:1.7
  • AQUOS R2のF値→メイン:1.9 サブ:非公開

カメラのレンズは「Galaxy S9+ SCV39」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

とくに、メインカメラに大きな差があると感じます。
これにより、夜間や屋内などでもキレイに撮れることでしょう。

2種類のレンズで、昼夜両用に成功!

galaxy s9 2種類のレンズについて解説

「Galaxy S9+ SCV39」には、2種類のレンズを搭載しています。
それぞれのレンズでF値がちがいます。

1.5のレンズと2.4のレンズが搭載しています。
昼で使うレンズと夜に使うレンズを自動的に切り替えています。

【夜に向いているレンズで撮った写真】

暗い場所では、おおくの光を集めるF値1.5に絞りがひらき、明るくきれいな写真をとることができます。

そのうえ暗い環境において、マルチフレームノイズリダクション機能がはたらきます。
おかげで、暗い場所で撮影してもクリアで綺麗に撮影できます。

F値1.5のレンズとマルチフレームノイズリダクション機能を併用し、暗い環境下につよくなりました。

【昼に向いているレンズで撮った写真】

昼の明るい場所では、F値2.4に切り替わり、きれいなな写真を撮影できます。

いちごくん
自動で切り替わるから、面倒な設定はいらないよ。

望遠レンズ搭載のため、ライブフォーカスがつかえる

galaxy s9+ デュアルカメラを搭載

「Galaxy S9+ SCV39」には、約1,220万画素の望遠レンズを搭載しました。
この望遠レンズは、光学2倍ズームができます。

また望遠レンズを利用した機能として、ライブフォーカスがあります。
写真のボケの強弱を調整することができるのです。

背景をぼかすことによって、写したいものを強調することも、また写したくないものをさりげなく隠すことができます。

撮影時も撮影後でも関係なく行えることが強みとなります。

ライブフォーカス使用後

Galaxy s9 SCV38 ライブフォーカス 背景ボケ

ライブフォーカス使用前

こうしてみると、背景のぼけ加減が一目瞭然ですね!
カメラ性能は着実に向上しています。

光学式手ぶれ補正と光学式ズームを搭載

Galaxy S9 SCV38  背面内部

暗い場所、遠いところ、揺れのひどい環境でも、光学手ブレ補正(OIS)と光学ズームで、くっきりとクリアな画像に仕上がります。

劣悪な環境でも、安定したきれいな写真がとれるのです。
カメラにこだわりのある人は、抑えておいた方が良い機能でしょう。

手軽にスローモーションが撮れる

Galaxy s9 SCV38 スローモーション紹介

「Galaxy S9+ SCV39」には、モーション検出という機能があります。

モーション検出機能をONにすると、ビデオ撮影時にカメラが自動で被写体を検知して、スーパースローモーション(960fps)で録画がスタートします。

これらの機能にて、SNSへの投稿がひときわ楽しく面白くなることでしょう。

スーパースロー映像の撮影ができる

XZ2 スローモーション

「Galaxy S9+ SCV39」には、最大960fpsのフルHD画質スローモーションカメラをとることができます。

バナナさん
960fpsとはどういった数値なの?

通常スピード(1秒30コマ)の映像に約6秒間のスローモーション映像(1秒最大960コマ)を組み合わせることで、緩急のある映像が簡単に作成できます。

通常のビデオ撮影中、スローモーションで残したい瞬間にスローボタンをタップすると、約0.2秒の一瞬を約6秒のスローモーション映像として記録。

プロ用のハイスピードカメラで撮るような、1秒960コマの印象的な映像がかんたんに残せます。

引用元:SONY公式

通常では、1秒で30fpsのところ、「Galaxy S9+ SCV39」には、のスローモーションカメラは、960fpsまで対応しています。

単純計算ですが、32倍細かく動画再生することができます!
SNSへの投稿がひときわ楽しく面白くなることでしょう。

スーパースローモーションで撮った動画をロック画面にできる

この子犬のように、スーパースローモーションで撮った動画を、ロック画面に設定することができます。

子犬かわいいですね。

AR機能が充実している

galaxy s9 SCV38 AR技術

「Galaxy S9+ SCV39」のAR技術により、、自分そっくりな絵文字スタンプを作ることができます。

喜怒哀楽、様々な気持ちを込めてAR絵文字をつかえます。
髪形や服装などを、自分好みの絵文字に加工することができます。

個人的な意見ですが、日本国内では需要が少ない機能のように感じます。

AQUOS R2 SHV42の特徴・良い点

「AQUOS R2 SHV42」における、良い点の紹介です。

動画撮影用のカメラを搭載!

AQUOS R2 動画撮影してみた

「AQUOS R2 SHV42」には、ドラマティックワイドカメラと呼ばれる、動画撮影専用のカメラを搭載しました。
このカメラの特徴は以下の通りです。

  • 超広角135°カメラ
  • ディープフォーカス
  • 風切り音低減

被写体が動いてもピントを上手にあわせることができるようになりました。

世界初!動画撮影中に、AIが自動で写真を撮る!

aquos r2動画専用カメラ

動画専用カメラと高画質標準カメラの2つで、動画を撮りながらAIが自動でおすすめの写真を撮ります。

もちろん、手動で写真を撮ることもできます。

2260万画素の高画質写真が撮れる!

夜間の写真

新画質エンジン「ProPix」で、
ノイズがのりやすい夜景シーンも美しく撮れる。
花や夕景などシーンにぴったりのモードを
セレクトするAIオートも搭載しています。

バーチャルHDRに対応

「AQUOS R2 SHV42」は、バーチャルHDR機能をつかって、写真をとることができます。

バナナさん
ところで、バーチャルHDRってなに?

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称。
明るく、高いコントラストを再現可能で、より肉眼で見た景色に近い映像を映し出せます。

上の画像から一目瞭然ですが、バーチャルHDR機能による画面表示は、鮮やかな色合いになっていますね。

広角のインカメラを搭載している

インカメラで写真をとってみた

インカメラは、背景もしっかり入るほどの広角レンズを搭載しています。

それだけでなく、背景をぼかすことも手軽にできます。

スポンサードリンク

充電関連のスペックと共通点

Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
AQUOS R2
SHV42
電池容量3,500mAh3,130mAh
通話時間約2,330分約2,110分
待受時間約430時間約630時間
電池
持ち時間
約110時間約90時間
充電時間約110分約170分
テレビワンセグ:○
フルセグ:○
ワンセグ:○
フルセグ:○
テレビ連続
視聴時間
ワンセグ:11時間10分
フルセグ:9時間50分
電池パック
取り外し
バッテリー
節電
充電方式USB Type-C
ワイヤレス充電
Type-C

USB Type-Cでの充電

「Galaxy S9+」と「AQUOS R2」は、USB Type-Cでの充電となります。

充電口は、端子に上下の区別がありません。
そのため、どちらの向きからでも差し込むことが可能です。

≫≫Amazonで、おすすめのUSB Type-cの充電器を集めてみました。

Galaxy S9+のほうが良い点

「Galaxy S9+ SCV39」における、良い点の紹介です。

充電時間が短い

  • AQUOS R2の充電時間→170分
  • Galaxy S9+ SCV39の充電時間→110分

「Galaxy S9+ SCV39」のほうが、60分も早く充電が完了します。

ワイヤレス充電に対応

XZ2 qi充電に対応

ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります。

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

≫≫Amazonで、おすすめのワイヤレス充電を集めてみました。

AQUOS R2 SHV42の特徴・良い点

「AQUOS R2 SHV42」における、良い点の紹介です。

バックライトの消費電力を下げる

液晶ディスプレイは、本体の裏面から光をとりこむことで、明るく映像としてみることができるようになっています。

しかし、液晶の性質上、裏面からとりこんだ光をさえぎってしまうのです。
そのため、光の量がすくなくなります。

一方、IGZO液晶では、裏面からの光のさえぎりが少なく、たくさんの光をとりこむことができます。

つまり、今まで液晶と比べると、IGZO液晶はより少ないLEDの光量で同じ明るさの映像を表示させることができるのです。

スマホにおいて電池をもっとも消費する原因は、LEDをつかうことなのです。
LEDの光量をおさえる=電池の持ち向上につながるのです。

静止画表示の消費電力を大幅に低減

液晶に映像を表示する時、人の目には見えないはやさの周期で画像は書きかえられております。
これが、電力消費に大きく影響をあたえます。

この書き換え周期を、静止画表示時におそくし、スクロールしているときや動画をみているときだけはやく周波数をかえることで、液晶画面の表示電力を20~80%減らすことができます。

駆動を止めても一定期間画像を保つことができるのは、「IGZO液晶」だからなのです。
消費電力をおさえた状態をうみだし、高画質をキープしながらも、電力を大きくにへらすことができます。

スポンサードリンク

その他のスペック

Galaxy S9+
SCV39
galaxy s9+ 正面
AQUOS R2
SHV42
Wi-Fi
テザリング
最大10台最大10台
Wi-Fi
規格
IEEE802.11
A/b/g/n/ac
IEEE802.11
A/b/g/n/ac
Miracast
対応
BluetoothVer.5.0Ver.5.0
赤外線通信
防水IPX5
IPX8
IPX5
IPX8
防塵IP6XIP6X
GPS
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応

スペック上では、ほとんどの項目がおなじ結果となっています。

【共通点】

  • Wi-Fi規格
  • Miracast対応
  • Bluetooth規格
  • 防水・防塵性能
  • GPS対応
  • おサイフケータイ対応
  • NFC対応
  • ハイレゾ対応

防水性能・防塵性能はおなじ

「Galaxy S9+」と「AQUOS R2」の防水性能は、IPX5/8となります。

では、IPX5/8とはどういった意味をするのでしょうか?
下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、「Galaxy S9+」と「AQUOS R2」の防水性能はこのとおりです。

  • すべての方向から、いきおいのある水流に対する保護
  • 連続的に水中に置いても保護

ただ、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

Galaxy S9+の特徴

「Galaxy S9+ SCV39」における、特徴の紹介です。

オーディオ環境に力をいれている

Galaxy s9 SCV38 高音質のスピーカー

世界的に有名なオーディオブランドAKGによってチューニングされたハイパワーなステレオスピーカーと、ドルビーアトモスによるオーディオ体験も楽しめます。

前機種のGalaxy S8 / S8+とくらべて、約1.4倍音量がアップしています。

ただ、そこまで大音量で音楽などをかける機会があるのかと言えば、疑問に思ってしまいます。

指紋認証は背面にある

Galaxy S9 SCV38 指紋認証は背面にある

指紋認証センサーは、簡単な動作でロック解除しやすいよう本体の背面へと位置しています。
人間工学に基づいた結果のようです。

わたし自身、背面に指紋センサーがあるスマホを持っていますが、あまり面倒とかんじた経験はありません。

これまで指紋センサーが、正面・サイドに搭載されていたスマホをつかっていた人でも、すぐに馴染むことでしょう。

インテリジェントスキャンが非常に便利!

Galaxy S9 SCV38 虹彩認証

「Galaxy S9+ SCV39」は、インテリジェントスキャンという機能を搭載しています。

インテリジェントスキャンとは、環境にあわせてロック解除方法を判断する機能です。

例えると以下の通りです。

  • マスクしているときは、指紋認証と虹彩認証
  • 手袋をしているときは、虹彩認証と顔認証
  • 虹彩認証が上手くいかないときは、顔認証も併用
  • 顔認証で情報がたりないときには、虹彩認証も併用

これにより、いかなる状況でも生体情報をつかうことができ、スムーズに使うことができるのです。

Bluetoothを2つ同時に接続できる

P20 Bluetoothを2つつかうことができる。

「Galaxy S9+ SCV39」は、2つ同時にBluetoothを接続することができます。

エクササイズ時にスマートバンドとイヤホンをスマートフォンに同時に接続したり、イヤホンを使用しながら車載用のBluetoothナビゲーションに接続できます。

昨今のさまざまな機器との接続を考慮されていますね。

AKGのイヤホンが同梱している!

Galaxy s9 SCV38 AKGのイヤホンを同梱

世界的にも有名なAKGの「マイク付きイヤホン」が、同梱品として用意されています。
またこちらのイヤホンは、ハイレゾにも対応しています。

そのほかの同梱品は以下の通りです。

  • テレビアンテナケーブル
  • Micro USB ケーブル(試供品)
  • AKGチューニングマイク付高音質イヤホン(試供品)
  • SIM取り出しツール(試供品)
  • OTG対応USB変換アダプタ(試供品)
  • クイックスタートガイド(取扱説明書)
  • クリアケース(試供品)

クリアケースもついているので、安心できますね。

AQUOS R2 SHV42の特徴・良い点

「AQUOS R2 SHV42」における、良い点の紹介です。

ドルビービジョンとドルビーアトモス両方を採用

ドルビーアトモスのロゴ

ドルビービジョンとドルビーアトモス両方を採用した世界初のスマホです。
鮮やかな色合いと臨場感のある音で、迫力の映像体験を楽しめます。

参考程度に現時点で、ドルビービジョン/ドルビーアトモスに対応した映像を配信しているサービスは以下の通りです。

  • 【ドルビービジョン/アトモス対応(予定)映像配信サービス)】COCORO VIDEO、ひかりTV
  • 【ドルビーアトモス対応映像配信サービス】U-NEXT

上記サービスを普段利用しているひとは、AQUOS R2はもってこいですね。

まとめ

以上が、「Galaxy S9+」と「AQUOS R2」のちがいでした。

性能において、大きな変化はみられませんでした。
しかし、細かな機能等はあきらかにちがいましたね、

カメラの機能でなやんでいるのなら、店舗で実際にさわってみることをオススメいたします!
ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク