【比較】iPhone XS MAXとiPhone Xはどこが違うの?徹底的にくらべてみた!

いちごくん
バナナちゃん!今年もやってきたよ
バナナさん
なにが?
いちごくん
iPhoneの新製品だよ!

2018年、今年もやってきました!

そう、iPhoneの新製品発表です。
iPhoneのファンであれば、さぞ待望したことでしょう!

スマホ部門では、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3種類が公表されたのです!

今回の記事では、「iPhone XS MAX」と「iPhone X」の性能を比較した記事となります。
それでは、よろしくお願いいたします。

※以後、iPhone XS MAX→MAX iPhone X→X と表記することがあります。

スポンサーリンク

カラー・デザイン

はじめに、カラーやデザインを見てみましょう。

iPhone XS MAXのカラー・デザイン

iphone XS カラーバリエーション

MAXのカラーバリエーションは以下の通りです。

  • ゴールド
  • スペースグレイ
  • シルバー

以上の3色となります。
いつも通りのカラーとなります。

ステンレススチール製フレームに高度な物理蒸着処理を施し、ガラスに美しくマッチする色と反射率を持たせました。
きれいな見た目となっております。

液晶画面がベゼルレスを継続

iphone XS クレジットカード使える

見てわかることなのですが、画面がすべて液晶画面のデザインとなりました。
こういった画面のことを、ベゼルレスといいます。

前回から引き続いたデザインですね。

ホームボタンの廃止

「MAX」は、ホームボタンが廃止されました。

8ではホームボタンはあったものの、押した感覚はありませんでした。
かろうじて形としては残っていました。

ホームボタンが廃止となったため、アプリを終了したり、Siriの起動方法などの操作性が一変しました。
すこし例をあげると、以下の通りです。

  • マルチタスク画面:下から上にスワイプして長押し
  • アプリ終了(ホーム画面に戻る):下から上にスワイプ
  • コントロールセンター:右上端を上から下にスワイプ
  • Siriの起動:サイドボタン(電源)を長押し
  • Apple Pay:サイドボタンをダブルクリック

使いやすいかどうかは、手に取ってみないと全くわからないです。
しかし操作になれるため、時間は必ずかかるでしょう。

本体の耐久性はピカイチ!!

iphone XS MAX 外観

「MAX」は、以下の素材を利用しております。

  • 医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール
  • 航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウム
  • 業界の中で最も強靭なガラスなど

このように上質な素材で作られているので、画面や背面を割ってしまう機会がへるでしょう。

その結果、どのスマートフォンよりも長持ちし、その価値ははるかに高い割合で保たれます。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫amazonで、おすすめのケースを集めてみました。

iPhone Xのカラー

シルバー

スペースグレイ

X(テン)は、「シルバー」と「スペースグレイ」の2色となっています。

カラーをみると、男性向けに作られたのかな…とおもいます。

つづいて、デザイン面をみていきましょう。

背面がガラス素材となる

前面と背面のすべてがガラスデザインとなっています。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じざるを得ないでしょう。

これにより、画面や背面を割ってしまう機会がへるでしょう。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

スポンサードリンク

基本的なスペック

iPhone XS Max
iphone xs max カラーバリエーション
iPhone X(テン)
カラーゴールド
スペースグレイ
シルバー
スペースグレイ
シルバー
 幅
高さ
厚さ
77.4
157.5
7.7mm
70.9
143.6
7.7 mm
OSiOS 12iOS 11
CPUA12 Bionic
次世代のNeural Engine
A11
Bionicチップ
6コア(2+4)
ニューラルエンジン
重さ208 g174g
microSD
最大容量
×
RAM不明未公開(3GB)
ROM64GB
256GB
512GB
64GB/256GB
価格64GB:124,800
256GB: 141,800
512GB:164,800
64GB:112,800円
256GB:129,800円
発売日9月21日2017年11月3日
DSDS(nanoSIM + eSIM)×

iPhone XS MAXのほうが良い点

MAXのほうが、良い点の紹介です。

A12 Bionicチップを搭載!

iphone XS A12 BIONIC

  • MAXのCPU→A12
  • XのCPU→A11

高性能にしているのは、A12 BionicとよばれるAppleが開発したCPUです。

2つの性能コアが負荷のかかるゲームなどのことを処理し、4つの効率コアが日常的な作業をおこないます。
これらのコアの間で作業を動的に振り分け、圧倒的なパワーが必要な時には6つすべてを使えるようにします。

  • 2つの性能コア最大15%高速 (A11 Bionicとの比較)
  • 4つの効率コア最大50%少ない消費電力 (A11 Bionicとの比較)

しかもこのチップは効率性を考えて作られているので、そのパワーをフルに使ってもバッテリーは長持ちします。

Appleが開発したGPU

新しい4番目のコアとロスレスメモリ圧縮は、ゲーム、ビデオ編集などのグラフィックス性能に大きな進化をもたらします。

  • 4コアのGPUグラフィックス性能 最大50%高速 (A11 Bionicとの比較)
  • Metal 2向けに最適化

Appleが開発したNeural Engine

iphone XS A12 BIONIC (3)

AppleのNeural Engineは、リアルタイムの機械学習のために作られています。

あなたと同じような方法でパターンを認識したり、何かを予測したり、体験から学ぶことができます。

Neural Engineはとても高速なので、毎秒5兆の演算処理を行えます。
効率がいいので、リアルタイムで様々な新しいことをこなせます。

膨大な数値なので意味不明ですが、とりあえず速いのです!

そしてとても頭が良い賢いので、AR機能を自由につかえ、探している写真すべてをすばやく見つけることができます。

  • 8コアのアーキテクチャ毎秒5兆の演算処理
  • Core MLの動作 最大9倍高速(A11 Bionicとの比較)
いちごくん
iPhone史上最速なんだって !

DSDSに対応!

  • MAX→DSDSに対応
  • X→DSDSに非対応

DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応しております。

バナナさん
DSDSってどういうこと?

SIMカードスロットへ刺したSIMカードとeSIMの同時利用ができるという。
2つのSIMでの同時待ち受けも可能となる。

この機能の良い点としては、プライベート用の電話番号と仕事用の電話番号を使い分けることができる点でしょう。

再起動なしに、両方のSIMカードで電話の受発信が可能なので活躍の幅が広がりますね。

しかし注意点が1つございます。

国内版のiPhoneですと、片方のSIMは本体内蔵のeSIMです。
eSIMを利用するには、iOS 12の次期バージョンが必要となります。
発売後、すぐにデュアルSIMが解放されないようです。

iPhone Xのほうが良い点

Xのほうが、良い点の紹介です。

本体が軽い

  • MAXの重量→208g
  • Xの重量→174g

Xのほうが、34gも軽い商品となっております。

スポンサードリンク

ディスプレイスペックと共通点

iPhone XS Max
iphone xs max カラーバリエーション
iPhone X(テン)
ディスプレイ
タイプ
オールスクリーンOLED
Multi
Touchディスプレイ
OLED(有機EL)
ディスプレイ
サイズ
6.5インチ5.8インチ
比率:16:9
液晶パネル有機EL
Super Retina

HDRディスプレイ
1,000,000:1コントラスト比
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(
P3
3D Touch
1,000,000:1
コントラスト比
最大輝度625cd/m2
広色域
True Tone
耐指紋性撥油
コーティング
3D Touch
画面
解像度
2,688 x 1,2422,436 x 1,125
画素密度458ppi458ppi
HDR動画
再生対応
Dolby Vision
HDR10コンテンツ

True Toneディスプレイを採用した

iphone XS True tone

True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

有機ELディスプレイ搭載!

iphone XS MAX 画面性能

OLEDパネルとよばれる、有機ELディスプレイを搭載しています。
HDRディスプレイに業界で最も正確な色、真の黒、驚くような輝度と業界の中で最も正確な色を表現いたします。

またこのパネルは、あらゆるApple製スマホの中で最も高いピクセル密度をもっているので、こまかな表示もきれいに映ります。

ディスプレイ性能に、そこまで大きな差がないように感じました。

iPhone XS MAXのほうが良い点

MAXのほうが、良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

iphone XS MAX画面サイズ

  • MAXの画面サイズ→6.5インチ
  • Xの画面サイズ→5.8インチ

Xよりもさらに6.5インチというおおきい液晶画面を搭載しております。

iPhone Xのほうが良い点

Xのほうが、良い点はとくになしです。

スポンサードリンク

カメラのスペック

iPhone XS Max
iphone xs max カラーバリエーション
iPhone X(テン)
有効画素数背面:デュアル
12MPカメラ
前面:
7MP (True Depthカメラ)
メイン:1200万画素
(裏面照射型センサー)
望遠:1200万画素
サブ:700万画素
F値広角:ƒ/1.8
望遠:ƒ/2.4
前面:ƒ/2.2
メイン:F1.8
望遠:F2.4
サブ:F2.2
自動
手ぶれ
補正
デュアル
光学式
手ぶれ
補正
光学ズーム2最大2倍
デジタル
ズーム
10最大10倍
クアッド
LED
True Tone
フラッシュ
○(スローシンクロ、動画時も可)
自動HDR
4Kビデオ
撮影

24/30/60fps

(24fps、30fps、60fps)
1080p HD
ビデオ撮影

30/60fps

(30fps、60fps)
720p HD
ビデオ撮影

30fps
○(30fps)
スロー
モーション
動画
○1080p
(120fps、240fps)
TrueDepth
カメラ
アニ文字
ポートレート
モード

(サブカメラも対応)
ポートレート
ライティング

(サブカメラも対応)

iPhone XS MAXの特徴(Xより進化した点)

待望のカメラ機能の紹介です!

今回は下記の機能から、一部を取り上げております。

  • スマートHDR機能
  • 進化したポートレートモードのセルフィー
  • ボケと深度コントロール
  • 暗めの場所でもさらに対応
  • 動くものへ性格にピントを合わせる!
  • 4Kビデオとよりワイドに広がるステレオ再生
  • 一枚の写真は、数兆の演算からできています。
バナナさん
カメラ機能ってまだ進歩するんだね!

背景ボケと深度のコントールができる!

iphone XS で撮った写真 (2)

MAXでは、より精巧なボケをつかうことができます。
これにより、よりきれいなポートレートが撮れます。

さらに、新機能である深度コントロールにより、撮影後でも被写界深度を調整できるようになりました。

深度コントロールを使えば、撮影後でも、スライドするだけで被写界深度を調整できます。

カメラ機能が着実に成長しております。

暗めの場所でもさらに対応

iphone XS で撮った写真 (4)

MAXのカメラセンサーは、より深く・より大きなピクセルを採用しました。

その深さにより、画像は忠実に再現されます。
その大きさにより、多くの光をセンサーに取り込めます。

その結果、暗い環境下でも、きれいな写真が撮れるようになりました。

動くものへ性格にピントを合わせる!

iphone XS で撮った写真 (5)

より高速なセンサー・スマートHDR・ゼロシャッターラグの組み合わせにより、動いているもの一瞬を切り取り、正確に写真撮影ができます。

動きのある写真でも、往来よりも正確にピントをあわせてくれます。

スポンサードリンク

充電関連のスペックと共通点

iPhone XS Max
iphone xs max カラーバリエーション
iPhone X(テン)
連続
通話時間
最大25時間最大21時間
連続
待受時間
最大13時間
(インターネット利用)
最大15時間
(ビデオ再生)
最大60時間
(オーディオ再生)
最大12時間
(インターネット利用)
最大13時間
(ビデオ再生)
最大60時間
(オーディオ再生)
電池容量不明未公開(2,716mAh)
電池パック
取り外し
×
充電方式Qi対応
Lightning
Lightning
ワイヤレス充電
高速充電
30分で最大50%充電

置くだけ充電もできる

背面の素材がガラス素材のため、ワイヤレス充電ができます!

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホ Xをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!
≫≫amazonで、おすすめのワイヤレス充電器を集めてみました。

iPhone XS MAXのほうが良い点

MAXのほうが、良い点の紹介です。

電池の持ちが良い

  • MAXの電池持ち→最大13時間(インターネット利用)、最大15時間(ビデオ再生)、最大60時間(オーディオ再生)
  • Xの電池持ち→最大12時間(インターネット利用),最大13時間(ビデオ再生),最大60時間(オーディオ再生)

MAXのほうが全体的に電池の持ちがいい結果となっております。

スポンサードリンク

その他のスペックと共通点

iPhone XS Max
iphone xs max カラーバリエーション
iPhone X(テン)
Wi-Fi802.11 acIEEE 802.11
A/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.05
GPSAssisted GPS
GLONASS
Galileo
QZSS
デジタルコンパス
テレビ×
防水機能IP68IPX7
防塵性能IP68IP6X
生態認証Face IDFace ID
(顔認証センサー)
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応
イヤホン
ジャック
×

生体認証は顔認証Face ID

iphone XS Face ID (2)

顔認証のFace IDを搭載しています。

Face IDは先進的な機械学習によって、外見の変化を認識します。
帽子をかぶっても、メガネをかけても問題ありません。
様々なタイプのサングラスをかけたままでも使えるようです。

また、Face IDがさらに速く解除するように進化しました。

片手モードがあるから、画面が大きくても平気

iphone XS 片手モード

XとMAXは、画面がおおきいですよね。
そのため、女性が扱うには困難とかんじるでしょう。

しかし、片手モードが搭載されているので、そんな悩みをかかえるほどはありません。

ご安心を!

iPhone XS MAXのほうが良い点

MAXのほうが、良い点の紹介です。

防水、防塵性能は継続

iphone XS 防水

  • MAXの防水性能→IPX8
  • Xの防水性能→IPX7

防水機能が搭載されています。
防水といっても幅広い種類が存在します。

IP68等級です。

では、IP68等級とはどういった意味をするのでしょうか?

下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、両機種の性能を比較すると以下のようになります。

  • MAX→連続的に水中に置いても保護
  • X→一定の水圧で30分間水に浸かっても保護

決して、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

まとめ

以上が、「MAX」と「X」のちがいでした。
まとめると以下の通りです。

【MAXとXの共通点】

  • True Toneディスプレイを採用した
  • ワイヤレス充電対応

【MAXのほうが良い点】

  • A12のCPUを搭載
  • DSDSに対応
  • ストレージ容量が大きい
  • 画面がおおきく、きれいに表示される
  • カメラ性能が優れている
  • 防水性能が優れている
  • カラーバリエーションが多い
  • 電池の持ちがよい

【Xのほうが良い点】

  • 重量がかるい
バナナさん
いちごくんありがとう!
いちごくん
とんでもないよ!

一通りの機能が向上している結果となります。

あなたも購入を考えているなら、店舗でさわってみることをおすすめします!

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク