【比較】HUAWEI機種!P10 lite とnova2 の性能をくらべてみた!

auとUQモバイルからHUAWEIの新しい機種が発表されましたね!

その名も、「HUAWEI nova2」

個人的に、auからHUAWEIのスマホが販売されたことに驚きました。
wi-fiルーターなら以前からありましたが…

そこで今回は、「HUAWEI P10 lite」と「HUAWEI nova2」のスペックを比較していきたいとおもいます。

簡単に特徴を説明しておきます。
両機種の特徴としては、低価格に抑えられている点でしょう。

ハイスペックのスマホを必要としない人には、おすすめできる機種となります。
どちらの機種にしようか悩んでいる人は必見です!

では、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

カラー・デザイン

まずは、カラーやデザインの特徴から見ていきましょう。

HUAWEI P10 liteのカラー・デザイン

はじめに、「P10 lite」のカラーバリエーションをみていきます。

サファイアブルー


パールホワイト

ミッドナイトブラック


プラチナゴールド(グローバルモデル専用)

サクラピンク(UQモバイル専用)

以上の、計5色となっています。
どれもきれいな配色ですね。

なかでもサクラピンクはUQモバイル専用となります。
サクラピンクをきにいったかたは、UQモバイルしか選択肢がないというわけです。

色が気にいらないから、ほかの機種と検討するということはあまりないでしょう。
あるとすれば、「色が多いからなやむ…」ことかとおもいます。

背面がガラス素材

「P10 lite」の背面が、光沢フィルムにガラスを重ねたものとなっています。
従来のものとちがって、高級感のある作りとなっています。

悪くいえば、落としたときにすぐ割れてしまいそうですね…

カメラの出っ張りはない

「P10 lite」のカメラ部分には、出っ張りはなく、とてもスッキリしたデザインとなります。

HUAWEI nova2のカラー・デザイン

つづいて、nova2のカラーをみていきましょう。

huawei-nova2 カラー

オーロラブルー、グラファイトブラック、プレステージゴールド(UQモバイルのみ)

HUAWEI nova2 hwv31_color_03

ローズゴールド(auのみ)となります。

アルミニウムマグネシウムメタルボディ

HUAWEI nova2  デザイン1 HUAWEI nova2  デザイン2

nova 2のアルミニウムマグネシウムメタルボディです。
おかげで、本体が軽く、十分な強度という点が特徴といえるでしょう。

ぱっと見た印象は、iPhoneにみえますね。
個人的には、わるくないデザインのように感じます。

指紋センサーが浅く、清潔感をたもてる

指紋認証センサー部分は、0.1mmの深さとなります。
ほぼ段差がないため、汚れにくく清潔感をたもてるでしょう。
表面に光があたることにより、きれいな反射を生みだすことができます。

カメラ部分が出っ張っている

huawei nova2 背面のデザインを紹介

上の画像からわかるように、カメラ部分がわずかに出っ張っています。

ケースをつければ気になりませんが、なにもつけない人にとっては気になる点となるでしょう。

両機種の特徴をまとめると以下の通りです。

【P10 liteの特徴】

  • カメラ部分は出っ張っていない
  • 背面がガラス素材
  • カラーバリエーションが多数用意されている

【nova2の特徴】

  • iPhone6のような外観
  • アルミニウム素材のため、軽くて頑丈
  • カメラ部分が出っ張りいる

個人的には、「P10 lite」のほうが好きなデザインです。

基本的なスペック

HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova 2
HUAWEI nova2  デザイン
カラーサファイアブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
プラチナゴールド
(SIMフリー専用)
サクラピンク
(UQモバイル専用)
オーロラブルー
グラファイトブラック
ローズゴールド
(auのみ)
プレステージゴールド
(UQモバイルのみ)
 幅
高さ
厚さ
72
146.5
7.2 mm
69
142
6.9mm
OSAndroid 7.0
/ EMUI 5.1
Android 7.0
CPUKirin658
オクタコア (4×2.1GHz
+4×1.7GHz)
Kirin659
2.36GHz/クアッドコア
+1.7GHz/クアッドコア
重さ146g約143g
micro
SDカード
最大128GB128GB
 RAM3GB4GB
ROM32GB64GB
価格33,804円31,212円
(UQモバイル価格)
発売日2017年6月2018年1月26日

HUAWEI P10 liteの良い点

「P10 lite」良い点は、とくになし。

HUAWEI nova2のほうが良い点

「nova2」の良い点を紹介します。

本体が軽い

  • P10 liteの重量→約146g
  • nova2の重量→約143g

重さの差はたったの3gです。
もってみても、違いはわからないでしょう。

CPU性能がよい

  • P10 liteのCPU→Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz +4×1.7GHz)
  • nova2のCPU→Kirin659 2.36GHz/クアッドコア 1.7GHz/クアッドコア

ちなみにCPUとは、

メモリー、周辺機器などからデータを受け取り、スマホでは「演算処理」を担当します。
性能がいいほど、CPUの数がおおいほど処理がはやく、アプリの実行速度や反応もはやくなります。

「nova2」に搭載されているCPU方が性能が良いです。

アプリをよく使う人には、とっても魅力的な要素となるでしょう。

RAM容量がおおい

  • P10 liteのRAM容量→3GB
  • nova2のRAM容量→4GB

RAM容量の数値上では、「nova2」がよいことがわかるでしょう。

RAMが大きければ大きいほど、同時にアプリを起動しても、正常にうごいてくれます。
ゲームなどの重たい処理をしているときでも、サクサクとうごいてくれます。

仮に、RAMが小さい状態で同時にアプリを使っていると下記のようなことがおきるのです。

  • アプリが強制終了してしまう
  • スマホの電源が勝手に切れる(再起動される)

RAMの容量が小さいと、いいことはあまりないです。
「nova2」が優れていることがわかりますね。

しかしながら、「P10 lite」のRAM容量は、決して小さいわけではありません。

ROM容量が大きい

  • P10 liteのROM容量→32GB
  • nova2のROM容量→64GB

「nova2」 のほうが、本体にデータを保存できる容量がおおいです。
単純計算では、倍もおおくのデータを保存できます。

普段からおおくのデータを持ち歩く人からすれば、大切なことなのでおさえておきましょう。

ディスプレイスペック

HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova 2
HUAWEI nova2  デザイン
ディスプレイ
タイプ
TFT液晶
(IPS方式)
IPS
ディスプレイ
サイズ
5.2インチ約5,0インチ
ディスプレイ
解像度
1920×1080
フルHD
1,920×1,080
(FHD)

HUAWEI P10 liteの良い点

「P10 lite」良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

  • P10 liteの画面サイズ→5.2インチ
  • nova2の画面サイズ→5.0インチ

「P10 lite」のほうが、わずかながら画面が大きいことがわかります。

HUAWEI nova2のほうが良い点

「nova2」の良い点はとくにありませんが、必要最低限のスペックであると感じています。

カメラのスペック

HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova 2
HUAWEI nova2  デザイン
有効画素数メイン:1,200万画素
サブ:800万画素
メイン(広角):約1,200万画素
メイン(望遠):約800万画素
サブ:約2,000万画素
F値メイン:F2.2
サブ:F2.0
広角:1.8
望遠:2.4
サブ:2.0
撮影ライト静止画:○
動画:○
オート
フォーカス
機能
静止画:○
動画:○
手ブレ
補正機能
(電子式)
〇(電子)静止画:―
動画:―
手ブレ
補正機能
(光学式)
_静止画:―
動画:―

HUAWEI P10 liteの良い点

「P10 lite」良い点の紹介です。

手振れ補正機能がある

  • P10 liteの手振れ補正→電子式
  • nova2の手振れ補正→なし

「P10 lite」には、電子式の手振れ補正機能があります。
歩きながらでも、写真や動画を撮る場合に必要となるでしょう。

HUAWEI nova2のほうが良い点

「nova2」の良い点を紹介します。

ダブルレンズカメラを搭載!

HUAWEI nova2  カメラレンズ

「nova2」には、ダブルレンズカメラを搭載しています。
外観を見た際に、気になったのではないでしょうか?

広角レンズ、望遠レンズの2種類のレンズを搭載しています。
低価格帯にかかわらず、カメラ性能へのこだわりが見受けられますね。

広角レンズにより、より広い風景撮影できる。
望遠レンズにより、離れたものへピントを合わせることができる。

美しい写真をとることができることでしょう。

メインカメラのレンズがよい

  • P10 liteのF値→2.2
  • nova2のF値→1.8

メインカメラのレンズは「nova2」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

インカメラに3D顔認証機能を搭載

HUAWEI nova2  インカメラレンズ

「nova2」は、インカメラの性能に力をいれています。

その中でも紹介したい機能が、3D顔認証機能とよばれるものです。
これにより、あざやかで明るい写真をとることができるようになります。

インカメラを頻繁に使うひとにとっては、悪くない機能でしょう。

インカメラでも暗い環境につよい

「nova2」は、インカメラでも暗い環境できれいに写真をとることができます。

というのも、インカメラにF値2.0のレンズを採用しています。
これにより、多くの光を取りこむことができます。

そのほかに、ボケ感を調整できるアパーチャー機能。
11の色を組みあわせたLCD照明、より明るい光を取りいれます。

暗い場所でも、カメラが活躍することでしょう。

ポートレートモードにより、プロのように撮影できる

HUAWEI nova2  ポートレートモード

「nova2」のカメラ機能として、ポートレートモードとよばれる機能があります。
ちなみに、iPhone Xにも同様の機能が搭載されています。

このポートレートモードにより、シャープな前景、ボケ味のある背景での写真がとれます。
機能を駆使することで、まるでプロカメラマンが撮ったような仕上がりになるでしょう。

そのほかに、ビューティーモードという機能も用意されています。

「P10 lite」と「nova2」には、それぞれ特有の機能やセンサーをもっています。
それにより、画質の好みが別れることでしょう。

カメラ機能をよくつかう人は、かならず店舗で確認することがおすすめです!

充電関連のスペック

HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova 2
HUAWEI nova2  デザイン
電池容量3,000mAh2,950mAh
通話時間WCDMA:約21時間
GSM:約37時間
約1,080分
待受時間FDD-LTE:約532時間
WCDMA:約564時間
GSM:約575時間
約390時間
充電時間97分約100分
テレビワンセグ:―
フルセグ:―
テレビ連続
視聴時間
ワンセグ:―
フルセグ:―
電池パック
取り外し
充電方式Type BUSB Type-C

HUAWEI P10 liteの良い点

「P10 lite」良い点の紹介です。

充電時間が短い

  • P10 liteの充電時間→97分
  • nova2の充電時間→100分

「P10 lite」のほうが、43分も充電時間が短いことがわかります。
10分の充電で、約2時間の動画をみることもできるのです。

ただ急速充電ができるだけでなく、電流制限設計を搭載することで、安全性にも考慮しています。

あえて挙げましたが、誤差の範囲ですね。

電池の持ちがよい

「P10 lite」には、インテリジェントバッテリー、Smart Power-Saving 5.0という機能の搭載をしております。

これらの機能により、省電力とアプリ使用の最適化で電池持ちが向上しています。

HUAWEI nova2のほうが良い点

「nova2」の良い点を紹介します。

Type-C充電ができる

  • P10 liteの充電方法→Bタイプ
  • nova2の充電方法→Cタイプ

「nova2」では、USB Type-Cで充電することができます。

「nova2」の充電口は、端子に上下の区別がありません。
そのため、どちらの向きからでも差し込むことが可能です。

≫≫楽天市場で、おすすめのUSB type-cの充電器を集めてみました。

その他のスペックと共通点

HUAWEI P10 lite
HUAWEI nova 2
HUAWEI nova2  デザイン
Wi-Fi
テザリング
最大8台最大8台
Wi-Fi
規格
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
(2.4GHz / 5GHz)
IEEE802.11
b/g/n
(2.4GHz)
Miracast
対応
Bluetoothver4.1Ver.4.2
赤外線通信
防水
防塵
GPS
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応

最後にその他のスペックをくらべてみましょう。

共通している内容ですが、どちらにも防水性能はありません。
防水性能が必要な人は、注意してください。

指紋センサーでロック解除ができる!

「P10 lite」と「nova2」には、指紋センサーが搭載されました。

画面が消えた状態からでも、指紋センサー部分にタッチするだけでロック解除できます。
また、指紋センサーはホームキーとしても使えます。

HUAWEI P10 liteの良い点

「P10 lite」良い点の紹介です。

wi-fiの対応規格が広い

  • P10 liteのwi-fi規格→IEEE 802.11a/ b/g/n/ac  (2.4GHz / 5GHz)
  • nova2のwi-fi規格→IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)

「P10 lite」では、wi-fi規格が5GHz帯まで対応しています。

これは地味ながらうれしい進歩です!
最新の通信規格をつかうことができます。

ナックルセンステクノロジーを搭載

「P10 lite」には、ナックルセンステクノロジーを初めてliteシリーズに搭載しました。

ナックルセンステクノロジーとは、HUAWEIが独自開発した機能です。
指関節で画面をノックしたり文字や輪郭を描くことで、機能を呼び出すことができます。

例えば、スクリーンショットやスクリーンレコードを撮ったりことが手軽にできます

  • 指関節で「S」と書くと、スクリーンショット
  • 指関節1本で2回ノック、これでスクリーンショットが起動する。
  • 指関節2本で2回ノックすればスクリーンレコードが起動する。

この機能になれることができれば、使いやすくなることは、まちがいないでしょう。

HUAWEI nova2のほうが良い点

「nova2」の良い点を紹介します。

Bluetooth対応規格が幅広い

  • P10 liteのBluetooth対応規格→Ver.4.1
  • nova2のBluetooth対応規格→Ver.4.2

Bluetooth対応規格は、「nova2」のほうが優れています。
Bluetoothをよく使う人は、気になる項目でしょう。

付属イヤホンにこだわりがある

HUAWEI nova2  同梱

「nova2」には、付属イヤホンが同梱されています。
画像のヘッドホンではないので、注意してください。

Hi-Fiチップセットに、立体的な音を生む独自の音響技術と、ドイツの音のプロフェッショナル、トーンマイスターによるチューニングをしています。

難しいことがかかれているので簡潔にいうと、付属のイヤホンなどできくと、音楽の臨場感をたのしめます!

まとめ

以上が、「P10 lite」と「nova2」スペックの違いでした。

まとめると以下の通りです。

【P10 liteを選ぶと満足する人】

  • 電池のお持ちを重視する人
  • ナックルセンスを使いたい人

【nova2を選ぶと満足する人】

  • 基本性能が高い方がいい人
  • カメラをよく使う人

両機種ともに、低価格帯の割に十分すぎる性能とかんじました。
どっちを選んでも、満足できる機種だとおもいます。

ただ防水性能はそなえていないので、ご注意ください。

UQモバイルから購入する人は必見!

「P10 lite」もしくは「nova2」が気になった人は必見です!

これから紹介する方法で申し込むと、通常よりもお得になるのです!

公式サイトやショップで申し込むと初期費用が掛かりますが、下記のサイトからUQモバイルに申し込みすると初期費用がかかりません!

またスマホと一緒にUQモバイルを契約すると、最大で25.000円のキャッシュバックを期間限定・当サイト限定でうけることができます。
これらのキャンペーンは公式サイトでも、ショップや量販店でも行っていません。

毎月の固定費の削減をしたい人、できる限り安く契約したい人はぜひご覧ください!
うまく活用いただくことが大切です。

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

UQモバイルで最大25.000円のキャッシュバック!?お得に契約しよう!【キャンペーン】

またこちらから、当サイト限定の申し込みサイトにつながります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク