AQUOS L2のスペックや特徴を徹底解説!【UQモバイル】

UQモバイルからSAHRP製品スマホ、「AQUOS L2」の取りあつかいをはじめました。

2017年6月2日発売となっております。

一括3万円台とスマホにしては低価格となっています。

そのため処理能力は低いので、ゲームや処理の多いアプリを使用する習慣がある人には向きません。
スマホをあまり使わないけれど、機能が充実している機種を探している人におすすめです。

今回は「AQUOS L2」についてまとめた記事となります。
それでは、よろしくお願いします。

※UQモバイルへ乗り換えようと決めている人とって身になる記事になります。

AQUOS L2のカラー・デザイン

ラベンダー、ホワイト、ブラックの3色の構成となっております。

丸みを帯びたデザイン

つづいて、「AQUOS L2」のデザインをみていきましょう。

見てわかるとおり、丸っこいデザインです。

またこちらも、カメラ部分はスッキリしたデザインであることがわかります。

キャップレスデザインとなっている

また、外部接続端子・イヤホンマイク端子にフタのないキャップレス構造となります。
充電やイヤホン接続時の使いやすさが実現しました。

お気に入りのストラップを付けることができます。

基本スペック

AQUOS L2
カラーホワイト
ブラック
ラベンダー
 幅
高さ
厚さ
約143
71
8.3mm
OSAndroid 7.0
CPUSnapdragon 430
(MSM8937)
1.4GHz×4コア
+1.1GHz×4コア
重さ約138g
micro
SDXCカード
最大256GB
 RAM2GB
ROM16GB
価格31,212円
発売日2017年6月2日発売
(UQmobile)

本体サイズは平均的なスマホ

  • 「AQUOS L2」の本体サイズは、約143 x 71 x 8.3mm

XperiaやGalaxyに比べると、すこし小さい程度となります。

一般的にみても大きくもなければ、小さくもないですね。
持ちやすいサイズとなります。

CPUの性能がイマイチ

  • 「AQUOS L2」のCPUは、Snapdragon 430(MSM8937)1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア(オクタコア)

Snapdragon 430(MSM8937)は、「ZenFone 3 Laser」と同じCPUになります。
ちなみに「ZenFone 3 Laser」とは、昨年発売されたAUSUのスマホです。

CPU性能は現時点ではイマイチにかんじますが、3年~4年前のハイエンド機種と同程度といわれています。
そのため、動作のかるいゲームや動画鑑賞、ネットサーフィンをする程度なら、十分の性能を誇っています。

コスパ的にみれば、かなり理想的なCPUともいえるでしょう。

RAM・ROMのメモリが少ない

  • 「AQUOS L2」はRAM2GB・ROM16GB

RAM・ROMともにほかのスマホとくらべても、すこしばかり少なくなっております。

RAMやROMが大きければ大きいほど、スマホの動作も安定します。
そのため「AQUOS L2」の動作の安定性は、すこし心もとないかもしれません…。

ディスプレイのスペック

AQUOS L2
ディスプレイ
タイプ
IGZO
ディスプレイ
サイズ
5.0インチ
ディスプレイ
解像度
1,280×720ドット HD

5.0インチの液晶画面

  • 「AQUOS L2」のディスプレイサイズは、約5.0インチ

5.0インチあれば、ネットや動画もかなり見やすいものかと思います。
一般的なサイズのため、特筆すべき点はないです。

スマホを持つと画面が点灯する機能がある

「AQUOS L2」には、スマホを手に取ると画面が点灯する機能があります。
そのため、ボタンを探す必要や押す必要がなくなります。

慣れれば、気にいる機能となるでしょう。

スクロールオート機能がある

インターネットやSNSなどの縦に長いページを、自動でスクロールする機能です。

ゆっくりとスクロールし、表示されたボタンの上で指を離すとスクロールオートがスタートします。
まるで、テレビを流し見する感覚です。

Clip Now(クリップナウ)

なぞるだけでスクリーンショットが撮れる機能、Clip Nowが登載されています。

画面の上端を真横になぞるだけでスクリーンショットが撮れます。
画像のように片手でスクリーンショットができる点は魅力的ですね!

精度の高いタッチ操作ができる!

従来は、ガラスパネル、液晶パネル、タッチパネルの3層構造でした。

しかしこの仕組みでは、 画面表示のため液晶から電子ノイズがでてしまいます。
この電子のノイズが、タッチの反応をわるくしています。

あなたにも、操作しているのにうまく動かない、スムーズに動いてくれないなどの経験はありませんか?

一方、「AQUOS L2」では、先ほどの仕組みとはことなっています。

まず、タッチパネルと液晶表示の部品が一体型となっております。
これを「IGZOフルインセル液晶」といいます。

IGZOフルインセル液晶により、ノイズ影響のすくない認識ができるようになりました。

そして、最適な感度調整をおこなうことで、水にぬれている状態でもしっかり動いてくれるのです。

液晶パネルの恩恵により、電池消費量を抑制

液晶ディスプレイは、本体の裏面から光をとりこむことで、明るく映像としてみることができるようになっています。

しかし、液晶の性質上、裏面からとりこんだ光をさえぎってしまうのです。
そのため、光の量がすくなくなります。

一方、IGZO液晶では、裏面からの光のさえぎりが少なく、たくさんの光をとりこむことができます。

つまり、今まで液晶と比べると、IGZO液晶はより少ないLEDの光量で同じ明るさの映像を表示させることができるのです。

スマホにおいて電池をもっとも消費する原因は、LEDをつかうことなのです。

LEDの光量をおさえる=電池の持ち向上につながるのです。

リラックスオート性能

「AQUOS L2」には、リラックスオート機能とよばれるものが搭載されております。

リラックスオートとは、どのような機能なのでしょうか?
以下の通りです!

就寝時間が近づくと自動的にブルーライトを抑えた画質へ移行します。
目に優しい画面表示となります。

就寝前にスマホいじりする人には、あってうれしい機能ですね。

強化ガラス搭載

「AQUOS L2」のディスプレイには、キズがつきにくい強化ガラスを採用しています。
摩擦などのうっかりキズも防いで、きれいな画面を使いつづけることができます。

カメラのスペック

AQUOS L2
有効画素数メイン:約1,310万画素
サブ:約500万画素
F値メイン:2.2
撮影ライト
オート
フォーカス 機能
手ブレ補正機能
(電子式)
手ブレ補正機能
(光学式)
接写機能

約1,310万画素のメインカメラ

「AQUOS L2」のメインカメラには、約1,310万画素の写真を撮ることができます。

それだけでなく、選択メニューからやわらかなイメージの「ふんわり」や被写体を強調する「くっきり」などを選んで手軽に表現力の高い写真が撮れます。

かんたんな調整をするだけでこだわりの写真を撮ることができるのです。

美肌補正機能搭載

「AQUOS L2」には、美肌調整機能があります。

インカメラで撮れば、人の顔を認識して、自動で美肌調整します。
毛穴などを自動で調整して肌をなめらかにし、鼻筋に自然なシャドウを加えて、はっきりした顔立ちに仕上げます。

女性にとっては、あっても困らない機能ですね!

充電関連のスペック

AQUOS L2
電池容量2,700mAh
通話時間約1,440分
待受時間約950時間
充電時間約140分
テレビ
テレビ連続
視聴時間
電池パック
取り外し
バッテリー
節電
充電方式Bタイプ

電池の持ちがよいスマホとなっています。

その他のスペック

AQUOS L2
Wi-Fi
テザリング

(最大10台)
Wi-Fi
規格
IEEE802.11b/g/n
BluetoothVer4.2
赤外線通信
防水
(IPX5/IPX8)
防塵
(IP6X)
GPS
おサイフ
ケータイ
NFC
ハイレゾ
対応

キャップレス防水対応・浴室利用もできる

「AQUOS L2」は、お風呂でも使える防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)性能です。

水濡れに強いIGZO&タッチパネルだから、画面に水滴がついていても問題なく操作できます。
前面に搭載したスピーカーにより、お風呂でクリアなサウンドの音楽が楽しめます。

そして先にすこし触れていますが、「AQUOS L2」はキャップレス防水対応です。

浴室利用も問題ないと、メーカー公表されています。
水没などを気にせず使いたいかたにとっては、魅力的でしょう!

wi-fi規格の5.0GHzは非対応

  • 「AQUOS L2」のwi-fi規格は、IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)を対応

wi-fi規格の5.0GHzは非対応となっています。
家庭環境で5.0GHzまで利用できるかたにとっては、地味ながら注意点となっております。

まとめ

以上が「AQUOS L2」のスペックや特徴でした。

個人的評価として、「AQUOS L2」はあまりオススメしません。

「AQUOS L2」を買うくらいなら、「AQUOS sense」のほうがオススメです!
「AQUOS sense」も、おなじUQモバイルから発売されています。

「AQUOS sense」についての記事もありますので、参考にしてください。

【比較】AQUOS senseとAQUOS L2のスペックをくらべてみた!【UQモバイル】

UQモバイルから購入する人は必見!

「AQUOS L2」が気になった人は必見です!

公式サイトやショップで申し込むと初期費用が掛かりますが、下記のサイトからUQモバイルに申し込みすると初期費用がかかりません!

またスマホと一緒にUQモバイルを契約すると、最大で25.000円のキャッシュバックを期間限定・当サイト限定でうけることができます。
これらのキャンペーンは公式サイトでも、ショップや量販店でも行っていません。

毎月の固定費の削減をしたい人、できる限り安く契約したい人はぜひご覧ください!
うまくご活用いただくのがおすすめです!

くわしいキャンペーン内容は、こちらに記事としてまとめています。

UQモバイルで最大25.000円のキャッシュバック!?お得に契約しよう!【キャンペーン】

こちらから、当サイト限定の申し込みサイトにつながります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。