【比較】Galaxy S8とAQUOS Rを比べてみた【SCV36 vs SHV39】

auからSHARP・ギャラクシーの新製品が発売されました。

その名も「AQUOS R SHV39」「Galaxy S8 SCV36」です。

「AQUOS R SHV39」は2017年7月上旬に発売予定となります。
2017年7月7日発売となりました!

「Galaxy S8 SCV36」は発売日は2017年6月8日です。

販売時期はすこしちがいますが、同じ夏モデルです。

今回はGalaxy・SHARPのスマホをくらべたいとおもいます。

購入を検討されているかたは必見ですよ!
では、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

デザイン

まずは、デザイン面のちがいをみていきます。

「AQUOS R SHV39」がこちらになります。

背面パネルと、鏡面仕上げのアルミフレームにより、光沢感のスマホとなっております。

手に持っているときに滑らないように、エッジ感のある断面をしております。

つづいて、「Galaxy S8 SCV36」のデザインです。

ディスプレイの両端がカーブしたデザインと取り入れております。
またディスプレイの両端に筐体部分はなく、ほとんどがディスプレイです。

持ちやすさを追求したスマホとなっております。

  • 「AQUOS R SHV39」では、丸みを帯びたデザイン
  • 「Galaxy S8 SCV36」では、もっと丸みを帯びたデザイン・縦に長いスマホ

基本のスペック

製品名Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約68 × 149 × 8.0mm

約74×153×8.7mm

重量約150g

約169g

電池容量3,000mAh

3,160mAh

電池持ち時間約100時間

約95時間

充電時間約110分

約150分

電池パック
取り外し

microSD
最大容量
256GB

256GB

防水IPX5/IPX8

IPX5/IPX8

防塵IP6X

IP6X

OSAndroid™ 7.0

Android™ 7.1

CPUMSM8998

2.35GHz/
クアッドコア
+1.9GHz/
クアッドコア

MSM8998

2.2GHz/
クアッドコア
+1.9GHz/
クアッドコア

内蔵メモリ容量
(ROM)
64GB

64GB

内蔵メモリ容量
(RAM)
4GB

4GB

発売日2017年6月8日発売2017年7月上旬以降

重量がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」は約169g
  • 「Galaxy S8 SCV36」は約150g

その差は約19gです。

大きな差はないですが「Galaxy S8 SCV36」のほうがかるいです。

重さの面では、「Galaxy S8 SCV36」に軍配があがります。

電池の容量がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」は3,160mAh
  • 「Galaxy S8 SCV36」は3,000mAh

数字がおおきいほど、電池の容量がおおきいことをあらわします。

差は160mAhですね。

といっても、こちらも大きな差とはいえないでしょう。

電池容量では、「AQUOS R SHV39」に軍配があがります。

充電時間がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」が約150分
  • 「Galaxy S8 SCV36」が約110分

電池の容量自体ちがうため、充電時間もちがってきています。

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、約40分もみじかく充電できることがわかります。

充電時間においては圧倒的に、「Galaxy S8 SCV36」に軍配があがります。

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

製品名Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

ディスプレイ
タイプ
Super AMOLED

IGZO

ディスプレイ
サイズ
約5.8インチ

約5.3インチ

ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色

約1,677万色

ディスプレイ
解像度
2,960×1,440(QHD+)

2,560×1,440(WQHD)

画面のサイズがちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、約5.3インチ
  • 「Galaxy S8 SCV36」では、約5.8インチ

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、液晶画面のサイズが大きいです。
しかし本体の大きさは、あまりかわりません。

ちなみに本体の84%が液晶画面となっています。

「Galaxy S8 SCV36」の本体は小さいわりに、画面の大きいスマホということがわかります。

ディスプレイ解像度がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、2,560×1,440(WQHD)
  • 「Galaxy S8 SCV36」では、2,960×1,440(QHD+)

ディスプレイ解像度については、1段階ちがっております。
映像をきれいにみたい人にとっては、重要なちがいとなるでしょう。

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、きれいに見れることがわかります。

「AQUOS R SHV39」ディスプレイの特徴

「AQUOS R SHV39」には、「ハイスピードIGZO」という液晶を搭載しております。

従来のIGZOよりも、さらなるIGZO液晶の進化を遂げました。

進化した点は、以下のとおりです。

  • 画面スクロールや動画の表示が2倍なめらかになった
  • 液晶の応答速度約1.5倍
  • 残像感がすくなく、見やすい液晶表示
  • 目が疲れにくいという効果がある

動作がなめらかになり、つかっていて心地のいいものとなりました。

そのほかに、精度の高いタッチ操作ができるようになりました。

従来は、ガラスパネル、液晶パネル、タッチパネルの3層構造でした。

しかしこの仕組みでは、 画面表示のため液晶から電子ノイズがでてしまいます。
この電子のノイズが、タッチの反応をわるくしています。

あなたにも、操作しているのにうまく動かない、スムーズに動いてくれないなどの経験はありませんか?


一方、「AQUOS R SHV39」では、先ほどの仕組みとはことなっています。

まず、タッチパネルと液晶表示の部品が一体型となっております。

これを「IGZOフルインセル液晶」といいます。

IGZOフルインセル液晶により、ノイズ影響のすくない認識ができるようになりました。

そして、最適な感度調整をおこなうことで、水にぬれている状態でもしっかり動いてくれるのです。

「Galaxy S8 SCV36」ディスプレイの特徴

Gorilla Glass5というものをつかっております。
地面におとしても簡単に、割れないスマホとなります。

また先にもいっておりますが、画面の占有率が84%かなりの部分をしめております。

通信のスペック規格

製品名Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

VoLTE

Wi-Fi
テザリング
最大10台

最大10台

Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac

IEEE802.11
a/b/g/n/ac

Bluetooth®Ver.5.0

Ver.5.0

赤外線通信

通信規格については、あまりちがいはないようです。

スポンサードリンク

カメラのスペック

製品名Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

有効画素数メイン:約1,220万画素
(デュアルピクセル)
サブ:約800万画素

メイン:約2,260万画素
サブ:約1,630万画素

撮影素子メイン:CMOS
サブ:CMOS

メイン:CMOS
サブ:CMOS

撮影ライト静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

オートフォーカス
機能
静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

手ブレ補正機能
手ブレ軽減機能
静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

接写機能

動画最大
撮影サイズ
3,840×2,160

3,840×2,160

動画ズーム8倍

8倍

静止画最大
撮影サイズ
4,032×3,024

5,488×4,112

静止画ズーム8倍

8倍

カメラの画素数がちがう

スペック上では、

  • 「AQUOS R SHV39」では、メイン:約2,260万画素 サブ:約1,630万画素
  • 「Galaxy S8 SCV36」では、メイン:約1,220万画素 サブ:約800万画素

メイン・サブともに「AQUOS R SHV39」のほうが優れています。

しかしスペック上ではわからないのが、カメラの性能です。

「AQUOS R SHV39」カメラの特徴

メイン・インともに画角90°の広角レンズのカメラを搭載しました。

また、4K動画撮影にも対応です。

それだけならず、「AQUOS R SHV39」のカメラは、高画素数なのです。

  • メイン:約2,260万画素
  • イン:約1,630万画素

カメラの機能については、好みが分かれてしまうことがあります。

実際に手元で確認してから、きめることをおすすめします。

「Galaxy S8 SCV36」カメラの特徴

インカメラにもオートフォーカス(AF)を搭載しました。
これにより、自撮り棒をつかった撮影時でもブレずに、ピントの合った写真をとることができます。

こちらは、Galaxy初の機能となります。

つづいて、「Galaxy S8 SCV36」にはメインカメラにもインカメラにも、F値1.7の明るいレンズをつかっております。

これらの機能により、暗い環境でもノイズのすくない、きれいな写真をとることができます。

「Galaxy S8 SCV36」には、デュアルピクセル技術を搭載しています。

デュアルピクセル技術とは、ピント合わせを行う位相差センサーを全ピクセルに配置します。すべてのピクセルでピントをあわせ、高速オートフォーカスをします。

その結果、撮りたい瞬間をのがさず、写真をとることができます。

スポンサードリンク

その他のスペック

製品名Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

テレビ(視聴)ワンセグ:○
フルセグ:○

ワンセグ:○
フルセグ:○

GPS

おサイフケータイ®

NFC
(情報取得/リンク)

ハイレゾ対応

バッテリー節電


(長エネスイッチ)

セキュリティ指紋センサー
虹彩認証
顔認証
指紋センサー

セキュリティ機能がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、指紋センサー
  • 「Galaxy S8 SCV36」では、指紋センサー・虹彩認証・ 顔認証

とくに注目すべきは、虹彩認証です。
ちなみに、虹彩認証は「コウサイニンショウ」とよみます。

虹彩認証とはいったいなに?

生体認証技法の1つで、個人の目の虹彩の高解像度の画像にパターン認識技術を応用して行われる。網膜スキャンとは異なる。

Wikipedia参照

ひとの目をつかった、ロックの解除方法です。
最先端っぽさをかんじますね。

「Galaxy S8 SCV36」のほうが充実しているのがわかります。

総評

「AQUOS R SHV39」の勝ったところ

  • 電池の容量
  • カメラの画素数おおい

「Galaxy S8 SCV36」の勝ったところ

  • 本体のが軽い
  • 充電時間がみじかい
  • 画面のサイズが大きい
  • ディスプレイ解像度がよい
  • セキュリティー機能が充実している

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、スペック上すぐれている部分が多いですね。

しかし、わたしがすぐにでもスマホが欲しい場合は、「AQUOS R SHV39」をえらびます。

というのも、Galaxyシリーズでは、スマホの爆発という過去があります。

日本で爆発事件はおきなかったにしても、海外ではニュースになるほど注目を浴びておりました。
なので、いくらスペックがよくても安全性にかえられないと判断しました。

もしくは「Galaxy S8 SCV36」が発売されてから、しばらく情報を待つべきとおもいます。

ここまで、ありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク