Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ncbrynch/sumaho-clinic.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【比較】Xperia XZsとAQUOS Rを比べてみた【SOV35 vs SHV39】

auからSHARP・SONYの新製品が発売されました。

その名も「AQUOS R SHV39」「Xperia XZs SOV35」です。

「AQUOS R SHV39」2017年7月上旬に発売予定となります。
2017年7月7日発売となりました!

「Xperia XZs SOV35」は2017/05/26発売となります。

販売時期はすこしちがいますが、同じ夏モデルです。

今回はSONY・SHARPのスマホをくらべたいとおもいます。

購入を検討されているかたは必見ですよ!
では、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

デザイン

まずは、デザイン面のちがいをみていきます。

「AQUOS R SHV39」がこちらになります。

背面パネルと、鏡面仕上げのアルミフレームにより、光沢感のスマホとなっております。

手に持っているときに滑らないように、エッジ感のある断面をしております。

つづいて、「Xperia XZs SOV35」です。

Xperia XZsの評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

ディスプレイ面→側面→背面へつながっていくデザインです。

「Xperia XZs SOV35」では背面カメラに「Motion Eyeカメラ」と呼ばれるものへ進化しました。

そのため、カメラ部分がすこしだけ出っ張っています。
一方「AQUOS R SHV39」では、カメラの出っ張りはないようです。

  • 「AQUOS R SHV39」では、丸みをおびたデザイン
  • 「Xperia XZs SOV35」では、角張った四角いデザイン

デザインの好むは、完全にわかれるかとおもいます。

基本的なスペック

製品名Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZs SOV35
AQUOS R SHV39
AQUOS R SHV39
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約72 × 146 × 8.1mm

約74×153×8.7mm

重量約161g

約169g

電池容量2,900mAh

3,160mAh

電池持ち時間約95時間

約95時間

充電時間約160分

約150分

電池パック
取り外し

microSD
最大容量
256GB256GB

防水IPX5/IPX8

IPX5/IPX8

防塵IP6X

IP6X

OSAndroid™ 7.1

Android™ 7.1

CPUMSM8996

2.2GHz/デュアルコア

+1.6GHz/デュアルコア

MSM8998

2.2GHz/クアッドコア

+1.9GHz/クアッドコア

内蔵メモリ容量
(ROM)
32GB

64GB

内蔵メモリ容量
(RAM)
4GB

4GB

発売日2017年5月26日発売2017年7月7日発売

重量がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」は約169g
  • 「Xperia XZs SOV35」は約161g

その差は約8gです。

大きな差はないですが、「Xperia XZs SOV35」のほうがかるいです。

重量の面では、「Xperia XZs SOV35」に軍配があがります。

電池の容量がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」は3,160mA
  • 「Xperia XZs SOV35」は2,900mAh

数字がおおきいほど、電池の容量がおおきいことをあらわします。

差は260mAhですね。
「AQUOS R SHV39」のほうが、約10%ほどおおきいことがわかります。

といっても、こちらも大きな差とはいえないでしょう。

電池容量では、「AQUOS R SHV39」に軍配があがります。

充電時間がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」が約160分
  • 「Xperia XZs SOV35」が約150分

電池の容量自体ちがうため、充電時間もちがってきています。

「Xperia XZs SOV35」のほうが、約10分ほどみじかく充電できることがわかります。

CPUの数・性能がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、MSM8998 (Snapdragon 835)
  • 「Xperia XZs SOV35」では、MSM8996(Snapdragon 820)

ちなみにCPUとは、

メモリー、周辺機器などからデータを受け取り、スマホでは「演算処理」を担当します。
性能がいいほど、CPUの数がおおいほど処理がはやく、アプリの実行速度や反応もはやくなります。

つまり、車で例えるとエンジン、人間の体で例えると頭脳にあたります

「Snapdragon 835」はiPhone 7を超える、高性能CPUなのです。

また「Snapdragon 835」は、「Xperia XZs SOV35」より上位互換となる「 Xperia XZ Premium」に搭載されているCPUとなります。

そして「AQUOS R SHV39」のほうが、CPU自体の数がおおく搭載されております。
「Xperia XZs SOV35」では4つに対し、「AQUOS R SHV39」8つを搭載しております。

CPUの数がおおいほど処理がはやく、アプリの実行速度や反応もはやくなります。
そのため、「AQUOS R SHV39」のほうが性能がいいといえます。

しかしその反面で、たくさんのCPUがあることで、「発熱」や「電池の劣化」をすすめてしまうことがあります。

スマホが熱をもつことで、スマホの電源がおちやすくなったり、動作が不安定になってしまいます。

こちらはとても大きなちがいとなるので、選ぶときは慎重になったほうがよいでしょう。

単純に性能面でいうと、「AQUOS R SHV39」のほうが頭1つ飛びぬけているイメージですね。

ROM搭載容量がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、64GB
  • 「Xperia XZs SOV35」では、32GB

「AQUOS R SHV39」では、「Xperia XZs SOV35」よりも倍の容量を保存できることがわかります。

ROMにかんしては、「AQUOS R SHV39」のほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

製品名Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZs SOV35
AQUOS R SHV39
AQUOS R SHV39
ディスプレイ
タイプ
トリルミナス®

ディスプレイ

for mobile

IGZO

ディスプレイ
サイズ
約5.2インチ

約5.3インチ

ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色

約1,677万色

ディスプレイ
解像度
1,920×1,080

(Full HD)

2,560×1,440

(WQHD)

「AQUOS R SHV39」と「Xperia XZs SOV35」では、それぞれ別のディスプレイをつかっております。

それぞれのちがいについて、説明していきたいとおもいます。

SONYのディスプレイの特徴

「Xperia XZs SOV35」では、広視野角ディスプレイをつかっております。

これにより、斜めからみても視認性がたかくなっています。

液晶テレビ ブラビアで培われた、美しいディスプレイをスマホでも応用されております。

豊かな色表現と効果的なコントラストで、こまかい色のちがいまでも表現できるのです。

SHARPのディスプレイの特徴

「AQUOS R SHV39」には、「ハイスピードIGZO」という液晶を搭載しております。

従来のIGZOよりも、さらなるIGZO液晶の進化を遂げました。

進化した点は、以下のとおりです。

  • 画面スクロールや動画の表示が2倍なめらかになった
  • 液晶の応答速度約1.5倍
  • 残像感がすくなく、見やすい液晶表示
  • 目が疲れにくいという効果がある

動作がなめらかになり、つかっていて心地のいいものとなりました。

そのほかに、精度の高いタッチ操作ができるようになりました。

従来は、ガラスパネル、液晶パネル、タッチパネルの3層構造でした。

しかしこの仕組みでは、 画面表示のため液晶から電子ノイズがでてしまいます。
この電子のノイズが、タッチの反応をわるくしています。

あなたにも、操作しているのにうまく動かない、スムーズに動いてくれないなどの経験はありませんか?


一方、「AQUOS R SHV39」では、先ほどの仕組みとはことなっています。

まず、タッチパネルと液晶表示の部品が一体型となっております。

これを「IGZOフルインセル液晶」といいます。

IGZOフルインセル液晶により、ノイズ影響のすくない認識ができるようになりました。

そして、最適な感度調整をおこなうことで、水にぬれている状態でもしっかり動いてくれるのです。

ディスプレイサイズがちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では約5.3インチ
  • 「Xperia XZs SOV35」では約5.2インチ

その差は0.1インチです。
こちらもあまり気にならない程度でしょう。

しかし、「AQUOS R SHV39」のほうが大きいことがわかりました。

ディスプレイ解像度がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」では、2,560×1,440(WQHD)
  • 「Xperia XZs SOV35」では、1,920×1,080(Full HD)

ディスプレイ解像度については、1段階ちがっております。
映像をきれいにみたい人にとっては、重要なちがいとなるでしょう。

「AQUOS R SHV39」のほうが、きれいに見れることがわかります。

スポンサードリンク

通信のスペック規格

製品名Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZs SOV35
AQUOS R SHV39
AQUOS R SHV39
VoLTE

Wi-Fi
テザリング
最大10台

最大10台

Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac

IEEE802.11
a/b/g/n/ac

Bluetooth®Ver.4.2

Ver.5.0

赤外線通信

基本的なスペックはおなじです。

Bluetoothの対応規格がちがう

  • 「AQUOS R SHV39」Ver.5.0
  • 「Xperia XZs SOV35」Ver.4.2

「AQUOS R SHV39」のほうが、対応している規格がひろいです。
アクセサリーの種類は、「AQUOS R SHV39」ほうがおおいということになります。

将来的にみても、対応規格はひろい方が安心できます。

カメラのスペック

製品名Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZs SOV35
AQUOS R SHV39
AQUOS R SHV39
有効画素数メイン:約1,920万画素
サブ:約1,320万画素

メイン:約2,260万画素
サブ:約1,630万画素

撮影素子メイン:CMOS
サブ:CMOS

メイン:CMOS
サブ:CMOS

撮影ライト静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

オートフォーカス
機能
静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

手ブレ補正機能

手ブレ軽減機能

静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

接写機能

動画最大
撮影サイズ
3,840×2,160

3,840×2,160

動画ズーム8倍

8倍

静止画最大
撮影サイズ
5,056×3,792

5,488×4,112

静止画ズーム8倍

8倍

カメラの画素数がちがう

スペック上では、

  • 「AQUOS R SHV39」では、メイン:約2,260万画素 サブ:約1,630万画素
  • 「Xperia XZs SOV35」では、メイン:約1,920万画素 サブ:約1,320万画素

メイン・サブともに「AQUOS R SHV39」のほうが優れています。

しかしスペック上ではわからないのが、カメラの性能です。

「Xperia XZs SOV35」カメラの特徴

「Xperia XZs」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「Xperia XZs SOV35」では、メインカメラに役割のちがう3つのセンサー、

  • CMOSイメージセンサー
  • レーザーAFセンサー
  • RGBC-IRセンサー

それぞれのセンサーを搭載することで、暗いシーンや光の影響をうけやすいシーンでも、自然な色あいできれいな写真をとることができます。

ハンドシャッター機能がある

「Xperia XZs」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

「Xperia XZs SOV35」のインカメラには、手のひらをカメラに向けるだけで自動でシャッターが切れる「ハンドシャッター」があります。

スローモーション撮影ができるようになった

Motion Eyeカメラシステムにより、スローモーション撮影ができるようなりました。

日常のふとした瞬間を、テレビや映画でみるような1秒960コマのスーパースロー映像でのこせます。
通常映像(1秒30コマ)からスーパースローへの緩急が印象的な映像を撮影できます。

先読み撮影ができる!

「Xperia XZs」の評価!スペックや価格・評判のレビューまとめ

先ほどと同様に、Motion Eyeカメラシステム先読み撮影ができるようになりました。

「Xperia XZs SOV35」には、シャッターを押すとメモリに一時保存された撮影時の前後最大4枚の写真を記録します。

そして、ベストショットを選んで残せる「先読み撮影」が搭載されています。

「AQUOS R SHV39」の特徴

メイン・インともに画角90°の広角レンズのカメラを搭載しました。

また、4K動画撮影にも対応です。

それだけならず、「AQUOS R SHV39」のカメラは、高画素数なのです。

  • メイン:約2,260万画素
  • イン:約1,630万画素

カメラの機能については、好みが分かれてしまうことがあります。

実際に手元で確認してから、きめることをおすすめします。

スポンサードリンク

その他のスペック

製品名Xperia™ XZs SOV35
Xperia™ XZs SOV35
AQUOS R SHV39
AQUOS R SHV39
テレビ(視聴)ワンセグ:○
フルセグ:○

ワンセグ:○
フルセグ:○

GPS

おサイフケータイ®

NFC
(情報取得/リンク)

ハイレゾ対応

バッテリー節電

STAMINA®モード
緊急省電力モード

長エネスイッチ

こちらにおいても、とくに差はないように感じます。

しかし「Xperia XZs SOV35」では、音楽にこだわりをもっております。

  • デジタルノイズキャンセリング
  • ハイレゾ+デジタルノイズキャンセリングを両立
  • DSEE HX 機能

これらの機能が備わっているのが、大きなちがいでしょう。

総評

スペック上からみると、「AQUOS R SHV39」のほうが、すぐれている部分がおおいですね。

しかしスマホを決める点は、ユーザーにとって様々です。
あとは、カメラやデザインの好みによって決める人もいるでしょう。

なので、どのスマホが一番いい!とは断言できません。
わたし自身の判断としては、「AQUOS R SHV39」のほうが優秀にかんじます。

しかし、スマホはやはり手触り、持ちやすさも決める点でだいじです。
実際に、手元でスマホを確認することが一番大切です!!

ここまでありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク