【比較】Galaxy S8とHTC U11を比べてみた【SCV36 vs HTV33】

auは、SamsungとHTCよりAndroidスマホの新製品を発表しました。

Samsungからは「Galaxy S8 SCV36
発売日は2017年6月8日です。

HTCからは「HTC U11 HTV33」
発売日は2017年6月下旬以降発売予定となります。
正式には決まっていません。

2017年7月14日発売となりました!

夏モデルとして発表された、この2機種を徹底比較していきます。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

デザイン

まずは、それぞれのデザインをみていきましょう。

「Galaxy S8 SCV36」 からです。

「ミッドナイトブラック」

「コーラルブルー」

「オーキッドグレー」

「Galaxy S8 SCV36」は3色の構成となります。


つづいて、「HTC U11 HTV33」  です。

「ブリリアントブラック」

こちらが「サファイアブルー」です。

auからは、2色の構成となっております。

「Galaxy S8 SCV36」 のほうが、横幅がみじかく、縦長のため、もちやすいデザインとなっております。

基本的なスペック

製品名Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
画像Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約68 × 149 × 8.0mm

約76×154×8.3mm

重量約150g

約170g

電池容量3,000mAh

3,000mAh

電池持ち時間約100時間

約80時間

充電時間約110分

約100分

電池パック
取り外し

microSDXC
最大容量
256GB

200GB
防水IPX5/IPX8

IPX7

防塵IP6X

IP6X

OSAndroid™ 7.0

Android™ 7.1

CPUMSM8998

2.35GHz/
クアッドコア

+1.9GHz/
クアッドコア

MSM8998

2.36~2.45GHz/
クアッドコア

+1.9GHz/
クアッドコア

内蔵メモリ容量
(ROM)
64GB

64GB

内蔵メモリ容量
(RAM)
4GB

4GB

重量がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」  約150g
  • 「HTC U11 HTV33」   約170g

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、約20gも軽い結果になりました。

20gのちがいは、意外と大きいのではないでしょうか?

電池の持ち時間がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」 約100時間
  • 「HTC U11 HTV33」  約80時間

「Galaxy S8 SCV36」 のほうが、20時間も電池の持ちがよいです。
およそ1日と考えると、けっこう大きな差であると感じます。

電池の持ちに関しては、「Galaxy S8 SCV36」 の勝利ですね。

ちなみに搭載している電池の容量はおなじとなっております。

充電時間がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」  約110分
  • 「HTC U11 HTV33」  約100分

充電時間については「HTC U11 HTV33」のほうが、10分だけ早く完了します。

実際につかうことを考えると、充電時間はみじかいに越したことはないですよね。
充電時間は、「HTC U11 HTV33」 に分配があがります。

しかし、あまり大きい差はないですね。

microSDXCの最大容量がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」 256GB
  • 「HTC U11 HTV33」 200GB

「Galaxy S8 SCV36」 の方が、56GBも容量のおおいSDカードをつかうことができます。
普段から多くのデータを持ち歩く方にとっては、大事なことだと思います。

スポンサードリンク

ディスプレイのスペック

製品名Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
画像Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
ディスプレイ
タイプ
Super AMOLED

Super LCD5

ディスプレイ
サイズ
約5.8インチ

約5.5インチ

ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色

約1,677万色

ディスプレイ
解像度
2,960×1,440
(QHD+)

2,560×1,440
(WQHD)

ディスプレイ サイズがちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」 約5.8インチ
  • 「HTC U11 HTV33」 約5.5インチ

「Galaxy S8 SCV36」 のほうが、0.3インチ大きいディスプレイを搭載しております。
より大画面で映像を見れるようになってます。

ディスプレイ解像度がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」2,960×1,440(QHD+)
  • 「HTC U11 HTV33」 2,560×1,440(WQHD)

「Galaxy S8 SCV36」 のほうが、きれいな映像をみれることを意味しています。

「Galaxy S8 SCV36」 では、大きな画面をもっており、解像度の高い映像をうつすことができます。

通信関連のスペック

製品名Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
画像Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
VoLTE

Wi-Fiテザリング最大10台

最大8台

Wi-Fi規格IEEE802.11

a/b/g/n/ac

IEEE802.11

a/b/g/n/ac

Bluetooth®Ver.5.0

Ver.4.2

赤外線通信

Bluetoothの対応規格がちがう

  • 「Galaxy S8 SCV36」 Ver.5.0
  • 「HTC U11 HTV33」 Ver.4.2

「Galaxy S8 SCV36」 のほうが、対応している規格がひろいです。
付属品の種類についても、「Galaxy S8 SCV36」 ほうがおおいことでしょう。

将来的にみても、対応規格はひろい方が安心できますね。

スポンサードリンク

カメラのスペック

製品名Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
画像Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
有効画素数メイン:約1,220万画素
(デュアルピクセル)
サブ:約800万画素

メイン:約1,200万画素
(ウルトラピクセル)
サブ:約1,600万画素

撮影素子メイン:CMOS
サブ:CMOS

メイン:CMOS
サブ:CMOS

撮影ライト静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

オートフォーカス
機能
静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

手ブレ補正機能
手ブレ軽減機能
静止画:○
動画:○

静止画:○
動画:○

接写機能

動画最大
撮影サイズ
3,840×2,160

3,840×2,160

動画ズーム8倍

4倍

静止画最大
撮影サイズ
4,032×3,024

4,032×3,024

静止画ズーム8倍

4倍

カメラの機能は、基本的には似たようなスペックです。

しかし、スペック上では語れないことがたくさんあります。
「Galaxy S8 SCV36」 と「HTC U11 HTV33」 には、それぞれカメラの特徴をもっています。

「Galaxy S8 SCV36」 カメラの特徴

F値1.7のレンズにより明るい写真がとれる

「Galaxy S8 SCV36」にはメインカメラにもインカメラにも、F値1.7の明るいレンズをつかっております。

これにより、暗い環境でもノイズのすくない、きれいな写真をとることができます。

デュアルピクセル技術の恩恵

「Galaxy S8 SCV36」には、デュアルピクセル技術を搭載しています。

デュアルピクセル技術とは、ピント合わせを行う位相差センサーを全ピクセルに配置します。すべてのピクセルでピントをあわせ、高速オートフォーカスをします。

その結果、撮りたい瞬間をのがさず、写真をとることができます。

マルチフレームテクノロジーにより、きれいな写真に

「Galaxy S8 SCV36」では、1回のシャッターを押すだけで内部的に3枚の写真をとります。

そして、ブレの少ない写真を瞬時に合成します。
これにより、どんなシーンでもブレのすくない最高の1枚に仕上がります。

ちなみにブレの多いズーム時にも合成されます。

「HTC U11 HTV33」カメラの特徴

世界最高の評価をうけたカメラ

「HTC U11 HTV33」は、グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」のモバイル端末部門から、世界最高評価「90スコア」を獲得しました。
DxOMark史上、もっとも高い評価を受けたスマホが「HTC U11 HTV33」なのです。

そのような評価にいたった、カメラ機能について解説していきます。

シャッターラグの少ない「HDRブースト」機能

「HTC U11 HTV33」にはシャッターラグのないHDRの利点を生かすため、オートHDRブースト機能を導入しました。

HDRブースト機能は、クリアかつバランスのとれた写真をとるため、1度に複数の写真をとり、速度をおとすことなく影とハイライトを計測します。
そこにテクスチャーと色を強調させることで、最高の1枚をのこせます。

おなじ技術を動画にもつかわれています。
そのため、クリアな動画撮影ができるのです。

Uウルトラスピード・オートフォーカス機能

「HTC U11 HTV33」は、フルセンサーのオートフォーカス(AF)技術をつかっております。
この技術は、最上位のDSLR(一眼レフ)カメラにもつかわれているのです。

そのフォーカス速度は圧倒的です。

「Uウルトラスピード・オートフォーカス」では、すべてのピクセルを位相差AFに利用します。
フレーム内のポジションにかかわらず、人間の眼のようにすばやいフォーカスができるのです。

動きまわるもの、暗い状況でのカメラ撮影にとっても相性がいいのです。
決定的瞬間をのがしません。

電子手ぶれ補正システム

「HTC U11 HTV33」の「光学及び電子手ぶれ補正システム」は、写真もビデオも安定化させます。
たとえ手が震えていても、徹底的に補正してくれます。

インカメラにも機能が充実している

「HTC U11 HTV33」に搭載したインカメラは、解像度1600万画素となっています。
1つ1つの画素を大きくした、特別な「撮像素子ウルトラピクセルの光センサー」により、昼でも夜でもすばらしいクオリティを実現します。

さらに、メインカメラと同様の、強力なHDRブースト機能とノイズ除去機能を搭載。

「HTC U11 HTV33」のインカメラは、他社のスマホをくらべても、まったく引けを取らないでしょう。

スポンサードリンク

その他のスペック

製品名Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
画像Galaxy S8 SCV36HTC U11 HTV33
テレビワンセグ:
フルセグ:

ワンセグ:-
フルセグ:-

GPS

おサイフケータイ®

NFC
(情報取得/リンク)

ハイレゾ対応

バッテリー節電

こちらも基本的におなじです。

フルセグ機能があるか、ないかの違いですね。

まとめ

以上が「Galaxy S8 SCV36」 と「HTC U11 HTV33」のちがいでした。

【Galaxy S8 SCV36の勝ったところ】

  • 本体の重さが軽い
  • 電池持ち時間が長い
  • 防水性能が優れている
  • 画面が大きく、解像度が高い

【HTC U11 HTV33 の勝ったところ】

  • 充電時間がみじかい
  • カメラが優れている

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、スペック上すぐれている部分が多いですね。

しかし、わたしがすぐにでもスマホが欲しい場合は、「HTC U11 HTV33」 をえらびます。

なぜなら、Galaxyシリーズでは、スマホの爆発という過去があります。

日本で爆発事件はおきなかったにしても、海外ではニュースになるほど注目を浴びておりました。
なので、いくらスペックがよくても安全性にかえられないと判断しました。

もしくは「Galaxy S8 SCV36」が発売されてから、しばらく情報を待つべきとおもいます。

ここまで、ありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク