Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ncbrynch/sumaho-clinic.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

UQモバイルは、余ったデータ容量を翌月へ繰り越しができる!

格安SIMは、たくさんの企業が参入しています。
そして、それぞれが独自のプランを持っているので、料金や通信速度などがさまざまです。

たくさんある格安SIMから、わたしはUQモバイルを契約しました。
えらんだ要因として、データ容量が翌月へ繰り越せることが大きいです。

あなたは、データ繰り越しについてご存知でしょうか?

今回は、データ容量繰り越しについて解説した記事となります。

データ翌月繰り越しって?

データ繰り越しとは、どういったサービスなのでしょうか?
「余った通信量を翌月に繰り越す」ことをいいます。

「データ繰り越し」で繰り越せるのは、翌月までになっています。
通信をしないと、繰り越し分が無駄になってしまうでしょう。

UQモバイルの「データ繰り越し」は、繰り越しぶんが先に消費されていきます。
1番効率のよい方法で、データをつかうことができるのです!

便利ですよね。

3GBで契約した場合の具体例

では、ここで1つ例をあげます。
UQモバイルを3GBで契約しているとします。

【1月データ容量あまり】

1月1日~1月31日の間で、2GBつかいます。
すると、1GB余ってますよね?

  • 3GB-2GB=1GB

【2月でつかえるデータ容量】

この1GBを2月1日~2月28日までもってこれるのです。
つまり2月の利用できるデータ容量は、最大で4GBになるんですね。

  • 3GB+1GB=4GB

【2月データ容量あまり】

2月中に1GBつかうと、3GB余ります。
ちなみに、この1GBは繰り越し分から消費されるのです。

そのため、3月に繰り越せるデータ容量が3GBとなります。

  • 4GB-1GB=3GB

【3月でつかえるデータ容量】

2月繰り越し分の3GB、契約分の3GB、あわせると6GB使うことができます。

  • 3GB+3GB=6GB

【3月データ容量あまり】

3月1日~3月31日までに1GBしか使わないとします。
すると、5GB余ります。

  • 6GB-1GB=5GB

【4月でつかえるデータ容量】

3月残ったデータ容量は、5GBでした。
しかし今回の例では、3GBの契約を前提としています。

そのため、繰り越しできるデータ容量は3GBが限界となります。
つまり4月でつかえるデータ容量は、最大で6GBになるのです。

  • 3GB+3GB=6GB

プラン変更をしてもデータ繰り越しが継続される

UQモバイルでは、契約中でプラン変更をしてもデータ繰り越しが有効になります。

  • 3GBで契約していた
  • データ容量をあまり使うことなく2GB余る
  • 翌月に1GBにプラン変更した。

こういったときに、1GB(契約分)+2GB(繰り越し分)の合計3GBを使うことができます。

初めてUQモバイルを契約するときでも、おおきな損をすることなく、安心して契約することができますね。

データ繰り越しの注意点・まとめ

  1. データ繰り越しできるのは、契約している容量が限界
  2. データ繰り越しできるのは、翌月分まで
  3. データ繰り越しした容量からデータ通信が消費されていく

データ繰り越しサポートがあることで、毎月の料金をより安くすることができる上に、データ利用量が月によってかわる人でも安心してつかえるようになります。

通信料で困ることは、圧倒的にすくなくなります!

わたしは、データ繰り越しがある「UQモバイル」を強くオススメです!

UQモバイルについてもっと知りたい人は、こちらもご覧ください!
ここまで、読んでいただきありがとうございました。