Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ncbrynch/sumaho-clinic.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【比較】iPhone8とiPhone7 Plusを徹底的に比べてみた。

Appleが、iPhone 8/8 Plus/X(アイフォーン テン)の3つの新型スマホを正式に発表しました。

iPhoneファンだと、さぞ待望であったでしょう!!
わたしもその一人です。

今回は、最新機種「iPhone8」と前作の「iPhone7 Plus」を比較した記事となります。

※以後、「iPhone8」を「8」 「iPhone7 Plus」を「7 Plus」とすることがあります。

スポンサーリンク

デザインのちがい

はじめに「8」のデザインをみていきましょう。

つづいて「7 Plus」のデザインです。

ぱっと見た印象としては、カメラのレンズがちがいます。
「8」は1つのレンズに対し、「7 Plus」ではデュアルレンズをそなえております。

しかし「7 Plus」デュアルレンズの代償として、カメラ部分が出っ張っているのです。
これにより、机の上で操作しているとカタカタと音がなってしまいます。
「ツムツム」をしていると悲惨な光景となるでしょう。


つづいて、かわっている部分としては、背面につかわれている素材がちがいます。

  • 8→ガラス素材
  • 7 Plus→アルミ素材

「8」は、背面のすべてがガラスデザインとなりました。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じることでしょう。

ガラスの強度は、これまでの「iPhone」に採用された中で最も耐久性のあるものなのです!
それは、前面・背面ともに!

これにより、ガラスを割ってしまう機会がへることをいのるばかりです。
しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!

≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

基本スペックと共通点

iPhone8
iPhone7 Plus
カラースペースグレイ
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
ブラック
ジェットブラック
RED
※RED販売終了
高さ

厚さ
138.4 mm
67.3 mm
7.3 mm
158.2 mm
77.9 mm
7.3 mm
重量148 g188 g
チップ
セット
A11/M11
6コア(2+4)
ニューラルエンジン
A10/M10
4コア(2+2)
ストレージ64GB/256GB32GB/128GB/256GB
連続通話時間最大14時間最大21時間
インターネット
利用
最大12時間最大13時間
ワイヤレス
ビデオ再生
最大13時間最大14時間
ワイヤレス
オーディオ再生
最大40時間最大60時間
価格64GB:78,800円
256GB:95,800円
32GB:74,800円
128GB:85,800円

iPhone8のほうが良い点

「8」における、良い点の紹介です。

搭載チップがレベルアップ!

  • 8のCPU→A11 Bionic
  • 7 PlusのCPU→A10/M10

8には、A11 Bionicチップを搭載しています。

A11 Bionicは2つの高性能コアと4つの高効率コアの合計6つのCPUコアを搭載したプロセッサです。
高効率コアはA10 Fusionチップよりも最大70%高速になります。

また、高性能コアも最大25%高速になったのです。
GPUはAppleが独自に開発をしたもの。
7 Plusで搭載されていたA10 Fusionよりも30%高速になっています。

さらにニューラルエンジンと呼ばれる新しいハードウェアを内蔵することで、より高度な処理が可能になっているようです。

つまり、7 Plusよりも処理速度が高速化に成功したということです。
7 Plusでも十分な処理速度を誇っていたと思いますが…。

重たい処理をよくする方からすれば、うれしい進化となります!

サイズと重さがちがう

  • 8のサイズ・重量→138.4 mm  67.3 mm 7.3 mm 148 g
  • 7 Plusのサイズ・重量→158.2 mm 77.9 mm 7.3 mm 188 g

8のほうが小さくなっています。

そして、重さにもちがいがあるのです。
重さは8の方が、40gも軽いスマホとなります。

携帯性を重視するひとであれば、iPhone8の方が便利になるでしょう。

iPhone7 Plusのほうが良い点

「7 Plus」における、良い点の紹介です。

カラーバリエーションが多い

  • 8のカラー→スペースグレイ・ ゴールド・ シルバー
  • 7 Plusのカラー→ローズゴールド・ ゴールド・ シルバー・ブラック・ジェットブラック・(PRODUCT)RED(生産終了)

8は、3色しかありません。
一方、7 Plusでは6色ありました。

7 Plusのほうが充実していることがわかります。

バッテリーのもちがよい

バッテリーのもちは、「7 Plus」のほうがよくなっています。

本体のサイズがおおきい分、大容量のバッテリーを搭載しているのでしょう。

詳しい数値は上の表から確認してください。

価格がやすい

  • 8の価格→64GB:78,800円 256GB:95,800円
  • 7 Plusの価格→32GB:74,800円 128GB:85,800円

8と7 Plusでは、本体の値段がちがいます。

容量がそもそも異なるため、しっかりした比較はできませんが、iPhone7 Plusの方が低価格となっております。

安いといっても、高価な商品ですよね…。

スポンサードリンク

ディスプレイ性能と共通点

iPhone8
iPhone7 Plus
ディスプレイサイズ4.7インチ5.5インチ
ディスプレイ
仕様
IPSテクノロジー搭載
ワイドスクリーンLCD
Multi‑Touchディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
広色域ディスプレイ (P3)
True Tone ディスプレイ
拡大表示
簡易アクセス
IPSテクノロジー搭載
ワイドスクリーンLCD
Multi‑Touchディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
広色域ディスプレイ (P3)
拡大表示
簡易アクセス
使用
ディスプレイ
Retina HDディスプレイRetina HDディスプレイ
ディスプレイ
解像度
1,334 x 750
326ppi
1,920 x 1,080
401ppi

8と7 Plusの共通点は以下の通りです。

  • Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載ワイドスクリーンLCD
  • Multi‑Touchディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング広色域ディスプレイ (P3)
  • 拡大表示
  • 簡易アクセス

ディスプレイ面の性能は、ほとんど似たような状態となります。

iPhone8のほうが良い点

「8」ディスプレイスペックにおける、良い点の紹介です。

True Toneディスプレイ搭載

8のディスプレイには、True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

iPhone7 Plusのほうが良い点

「7 Plus」ディスプレイスペックにおける、良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

  • 8の画面サイズ→4.7インチ
  • 7 Plusの画面サイズ→5.5インチ

7 Plusの方が、画面はおおきいスマホとなります。

ゲームをする人、動画をみる方、電子書籍をつかう人においては、おすすめとなっていますね。

ディスプレイ解像度がたかい

  • 8の画面解像度→1,334 x 750  326ppi
  • 7 Plusの画面解像度→1,920 x 1,080 401ppi

7 Plusが1段階、ディスプレイ解像度がよいものとなっています。

画面がおおきいことに続き、ディスプレイ面では優れているのかもしれませんね。

カメラの性能と共通点

iPhone8
iPhone7 Plus
メイン
カメラ
1,200万画素

f値:1.8
6枚構成レンズ

最大5倍のデジタルズーム
光学手ぶれ補正

クアッドLED
True Toneフラッシュ

スローシンクロ

1200万画素

デュアルカメラ
広角:ƒ/1.8
望遠:ƒ/2.8
6枚構成レンズ

最大10倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正

クアッドLED
True Toneフラッシュ
4K動画撮影(60fps)

イン
カメラ
700万画素
f値:2.2Retina Flash
1080p
HDビデオ自動手ぶれ補正
自動HDR
人体検出と顔検出
700万画素
f値:2.2Retina Flash
1080p
HDビデオ自動手ぶれ補正
自動HDR
人体検出と顔検出
パノラマ
撮影
最大6,300万画素最大6,300万画素
ビデオ
撮影
4K撮影(24fps/30fps/60fps)
1080p HD撮影(30fps/60fps)
720p HD撮影(30fps)
3倍デジタルズーム
光学式手ぶれ補正スローモーションビデオ
1080p(120fps/240fps)連続オートフォーカスビデオ
4K撮影(30fps)
1080p HD撮影(30fps/60fps)
720p HD撮影(30fps)
光学ズーム
6倍デジタルズーム
光学式手ぶれ補正スローモーションビデオ
1080p(120fps)
720p(240fps)連続オートフォーカスビデオ
ポートレート
ポートレート
ライティング

画素数やカメラレンズのf値など、カメラの基礎となりうる箇所に変化はありません。
「8」のビデオ撮影の機能が、わずかながらよくなった程度です。

fps数値の向上により、なめらかな映像を撮ることができるようになりました。

ただ「8」は、CPUがよくなっています。
その恩恵をうけ、根本的なカメラ性能に差が出ている可能性がかんがえられるでしょう。

iPhone7 Plusのほうが良い点

「7 Plus」カメラスペックにおける、良い点の紹介です。

望遠レンズ搭載している

  • 8→望遠レンズなし
  • 7 Plus→望遠レンズあり

7 Plusには、望遠レンズを搭載しています。
これにより、カメラのズーム性能がよくなっています。

より遠くにあるものを、きれいに撮影できることを意味します。

ポートレートモード搭載

  • 8→ポートレートモードなし
  • 7 Plus→ポートレートモード搭載

「7 Plus」は、メインカメラにポートレートモードを登載しております。
顔の特徴と光の相互作用から最適な照明エフェクト機能がつかえるのです。

iPhoneが自動的に被写体と背景を区別して、背景だけ暗くすることもできます。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)

こういったエフェクト機能がつかえるようになりました。

「7 Plus」のほうが、カメラの楽しみがより深くなるでしょう!

スポンサードリンク

その他のスペックと共通点

iPhone8
iPhone7 Plus
通信方式4G LTE-Advanced

(最大450Mbps)
Wi-Fi 802.11
a/b/g/n/ac

GPS、GLONASS
Galileo、QZSS

VoLTE
NFC
FeliCa

4G LTE-Advanced

(最大450Mbps)
Wi-Fi 802.11
a/b/g/n/ac

GPS、GLONASS

VoLTE
NFC
FeliCa

BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 4.2
高速充電30分で最大50%充電
ワイヤレス充電
(Qi)
防水性能
(耐水・耐塵)
IP67IP67
Touch ID
(指紋認証)
Face ID
(顔認証)

防水、防塵性能は継続

「8」と「7 Plus」では、防水機能が搭載されています。
防水といっても幅広い種類が存在します。

IP67等級となります。

では、IP67等級とはどういった意味をするのでしょうか?

下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、両機種ともにこのとおりです。

  • 波浪、またはすべての方向から強いいきおいの水流に対する保護
  • 一定の水圧で30分間、水に浸かっても保護

決して、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

iPhone8のほうが良い点

「8」における、良い点の紹介です。

Bluetooth規格向上!

  • 8のBluetooth規格→ 5.0
  • 7 PlusのBluetooth規格→ 4.2

Bluetoothの規格は、現段階の最新は5.0です。

8にて、最新バージョンのBluetooth規格となりました。
Bluetoothを頻繁につかう人なら、安心のおける進化ですね。

ワイヤレス充電ができる

  • 8の充電方式→Lightning端子に有線接続+ワイヤレス充電対応
  • 7 Plusの充電方式→Lightning端子に有線接続のみ

8にて、ワイヤレス充電ができるようになりました。
背面の素材をアルミからガラス素材にかえたことで、ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

≫≫楽天市場で、おすすめのワイヤレス充電器を集めてみました。

高速充電ができる

  • 8→高速充電に対応
  • 7 Plus→高速充電に対応していない

AppleのUSB-C–LightningケーブルとUSB-C電源アダプタを使うと30分で最大50%まで充電できます。

いつものiPhoneよりも、充電の時間が短縮しました。
充電しわすれた朝においては、とっても助かる機能ですね。

まとめ

以上が、「8」と「7 Plus」のちがいでした。
まとめると以下の通りです。

【8と7 Plusの共通点】

  • 基本的なディスプレイ性能
  • 基本的なカメラ性能
  • 防水性能の継続

【8のほうが良い点】

  • CPUがよくなった
  • 本体が小さく、携帯性に優れている
  • 重量がかるい
  • True Toneディスプレイを搭載した
  • fps数値の向上
  • Bluetooth規格向上
  • 高速充電に対応
  • ワイヤレス充電ができる

【7 Plusのほうが良い点】

  • バッテリーのもちがよい
  • ディスプレイサイズがおおきい
  • ディスプレイ解像度がたかい
  • カラーバリエーションが多い
  • 価格がやすい
  • 望遠レンズ搭載
  • ポートレートモード搭載

このように比較してみると分かりますが、「7 Plus」でも十分すぎる性能をほこっています。

大きい画面が好きな人・カメラにこだわりがある人は、「7 Plus」で十分なのかもしれません。

「7 Plus」が使いにくく、小さいものしたいなら、「8」にかえるのも1つの方法ですね。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク