Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ncbrynch/sumaho-clinic.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

iPhone8の特徴・デザイン・スペックをまとめてみた!

AppleがiPhone 8/8 Plus/ X(アイフォーン テン)の3つの新型スマホを正式に発表しました。

今回にて、「sシリーズ」はなくなったようですね。

iPhoneファンだと、さぞ待望であったでしょう!!
わたしもその一人です。

今回の記事は、iPhone8の特徴をまとめた記事となります。

では、よろしくお願いいたします。

※以後、「iPhone8」→「8」と表記することがあります。

スポンサーリンク

デザイン・カラー

まずは、8のカラーバリエーションからみていきましょう!

左からゴールド・シルバー・スペースグレイの3色構成となります。

今回から、ピンクゴールド色がなくなったようですね。
そして、スペースグレイの復活を遂げました。


つづいて、デザイン面をみていきましょう!

デザイン面は往来の「7」と似たようなものとなっております。

しかし!

前面と背面のすべてがガラスデザインとなっています。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じざるを得ないでしょう。

またガラスの強度は、これまでの「iPhone」に採用された中で最も耐久性のあるものなのです!

これにより、画面や背面を割ってしまう機会がへるでしょう。

またフレーム部分には、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミ製です。
公式では明言されていませんが、おそらく頑丈な仕あがりとなっているのでしょう。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

基本スペック

これから紹介するのが、8の基本的なスペックです。

iPhone 8

サイズ138.4 x 67.3 x 7.3 mm
重量148g
ストレージ容量64GB/256GB
CPUプロセッサA11 Bionicチップ
6コア(2+4)
ニューラルエンジン
RAM不明
駆動時間連続通話:最大14時間
インターネット:最大12時間
ビデオ:最大13時間
オーディオ:最大40時間
価格64GB:78,800円
256GB:95,800円

ストレージは64GB/256GBのみ

8では、ストレージつまり本体容量が64GB/256GBのみとなります。

今後の生産状況によっては、本体容量が64GB/256GB以外のモデルもでることでしょう。

A11 Bionicチップを搭載!


8には、A11 Bionicチップを搭載しています。
ちなみに、iPhone XとiPhone 8 Plusにも同じチップが登載されています。

A11 Bionicは2つの高性能コアと4つの高効率コアの合計6つのCPUコアを搭載したプロセッサです。
高効率コアはA10 Fusionチップよりも最大70%高速になります。

また、高性能コアも最大25%高速になったのです。
GPUはAppleが独自に開発をしたもの。
7で搭載されていたA10 Fusionよりも30%高速になっています。

さらにニューラルエンジンと呼ばれる新しいハードウェアを内蔵することで、より高度な処理が可能になっているようです。

つまり、7よりも処理速度が高速化に成功したということです。
7でも十分な処理速度を誇っていたと思いますが…。

重たい処理をよくする方からすれば、うれしい進化となります!

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

つづいて紹介するのが、iPhone8のディスプレイスペックです。

iPhone 8

ディスプレイサイズ4.7インチ
ディスプレイの仕様1,334 x 750ピクセル
1,300:1コントラスト比
最大輝度625cd/m2
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
3D Touch

True Toneディスプレイを採用した

ディスプレイには、True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

カメラスペック

そして、8のカメラスペック紹介となります。

iPhone 8

メインカメラ1200万画素
ƒ/1.8・6枚構成のレンズ
光学式手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュ
4K動画撮影(60fps)
インカメラ700万画素
ƒ/2.2のレンズ
1080p HD動画撮影

高画質なカメラをとることができる

8は1200万画素の高画質な写真をとることができます。

A11 Bionicチップになったこともあり、暗い場所でもオートフォーカス性能や画質が良くなりました。

また光学手振れ補正機能も搭載しています。
これにより、写真を撮るときの手ぶれを軽減することができます。

インカメラも向上!

インカメラが700万画素です。

4Kビデオ(24fps、30fps、60fps)
1080p HDビデオ(30fps、60fps)
ローモーションビデオ撮影(1080Pの120fpsまたは240fps)が撮影できます。

スポンサードリンク

その他のスペック

最後には、ほかのスペックをみていきましょう!

iPhone 8

ワイヤレス
通信
4G LTE-Advanced
(最大450Mbps)
MIMO対応
802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth 5.0
GPS、GLONASS
Galileo、QZSS
VoLTE
リーダーモード対応NFC
FeliCa
認証
システム
第2世代 Touch ID
Lightning
端子充電
ワイヤレス充電
(Qi)
高速充電
(30分で最大50%充電ができる)
防水防塵IP67等級

ワイヤレス充電ができる

8にて、ワイヤレス充電ができるようになりました。
背面の素材をアルミからガラス素材にかえたことで、ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

≫≫楽天市場で、おすすめのワイヤレス充電器を集めてみました。

防水、防塵性能は継続

8では、防水機能が搭載されています。
防水といっても幅広い種類が存在します。

8においては、IP67等級となります。

では、IP67等級とはどういった意味をするのでしょうか?

下の表をみてください。

数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

表からわかるように、iPhone8はこのとおりです。

  • 波浪、またはすべての方向から強いいきおいの水流に対する保護
  • 一定の水圧で30分間、水に浸かっても保護

決して、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

まとめ

iPhone8の特徴が以上です。
まとめると以下のとおりです。

  • ガラスデザインになった
  • A11 Bionicチップを搭載!
  • True Toneディスプレイを採用した
  • カメラ性能の向上
  • ワイヤレス充電対応
  • 防水防塵対応

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク