【比較】iPhone8とGalaxy S8をくらべてみた!

AppleがiPhone 8/8 Plus/X(アイフォーン テン)の3つの新型iPhoneを正式に発表しました。

2017年09月22日が発売日となります。

Samsungからは「Galaxy S8 SCV36」に2017年6月8日で発売しました。

発売時期に多少の差がありますが、「iPhone 8」と「Galaxy S8 SCV36の性能をくらべてみました!

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

デザインの違い

まずは、「iPhone 8」のデザインをみていきましょう。

前面と背面のすべてがガラスデザインとなっています。
そのおかげで、iPhone本体に高級感を感じます。

またガラスの強度は、これまでの「iPhone」に採用された中で最も耐久性のあるものなのです!

これにより、画面や背面を割ってしまう機会がへるでしょう。

またフレーム部分には、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミ製です。
公式では明言されていませんが、おそらく頑丈な仕あがりとなっているのでしょう。

しかし全面がガラス素材となりますので、フィルムやケースをつけたほうが無難でしょう!
≫≫楽天市場で、おすすめのケースを集めてみました。

「Galaxy S8 SCV36」のデザインをみていきましょう。

画面が、ほぼベゼルレスで全面フルガラスを採用しています。
フレームをそぎ落とした全画面ディスプレイです。

画面上から物理ボタンをなくしています。
画面を押すと現れる、感圧式ホームボタンを搭載しています。

このように、背面のカメラは、出っ張っていません!

まとめるとこのようになります。

【Galaxy S8 SCV36】

  • 全体的にまるっこい
  • カメラ部分は出っ張っていない
  • ベゼルレス画面
  • 画面がおおきい

【iPhone 8】

  • 丸みを帯びたデザイン
  • 全面がガラス仕様
  • カメラ部分が出っ張っている

個人的に、デザインは「Galaxy S8 SCV36」がいいように感じます!

基本的なスペック

iPhone 8

Galaxy S8 SCV36

カラーゴールド
シルバー
スペースグレイ
ミッドナイトブラック
オーキッドグレー
コーラルブルー
 幅
高さ
厚さ
67.3
138.4
7.3mm
68
149
8mm
重さ148g 150g
OSiOS 11Android 7.0
CPUA11
M11
MSM8998
2.35GHz/クアッドコア
1.9GHz/クアッドコア
microSD
最大容量
256GB

ROM64GB
256GB
 64GB
 RAM未公開(2GB)4GB
価格64GB:78,800円
256GB:95,800円
64GB:94,000円前後
発売日2017年09月22日2017年06月08日

iPhone 8のほうが良い点

「iPhone 8」における、良い点の紹介です。

本体が軽い

  • iPhone 8の重量→148g
  • Galaxy S8 SCV36の重量→約150g

iPhone 8のほうが、2gほど軽くなっています。
誤差程度のちがいですが、取り上げました。

ROM容量が大きい

  • iPhone 8のROM容量→64GB・256GB
  • Galaxy S8 SCV36のROM容量→64GB

ROMは大きいほうが、たくさんのデータを保存できるので、大きければ大きい方がよいでしょう。

ただその分、本体の値段が変わりますので、あなたにあった容量をえらぶとよいでしょう。

本体価格が安い

  • iPhone 8の価格→64GB:78,800円 256GB:95,800円
  • Galaxy S8 SCV36の価格→64GB:94,000円前後

本体容量が64GBで比べると、約16.000円ほど安いことがわかります。
やっぱり安いほうがいいですよね!

Galaxy S8 SCV36のほうが良い点

「Galaxy S8 SCV36」における、良い点の紹介です。

SDカードを取り付けることができる

  • iPhone 8→SDカード取り付け不可
  • Galaxy S8 SCV36→SDカードがつかえる

「Galaxy S8 SCV36」には、最大256GBのSDカードをつかうことができます。
SDカードをつかうことができるのが、Androidの強みといえるでしょう。

RAM容量がおおい

  • iPhone 8のRAM容量→未公開(2GB)
  • Galaxy S8 SCV36のRAM容量→4GB

「iPhone 8」のRAM容量は正式公表されていませんが、ユーザー間の情報で2GBとなっています。
「Galaxy S8 SCV36」では、4GBつまり、iPhone 8よりも倍のRAM容量です。

RAM容量の数値上では、「Galaxy S8 SCV36」がよいことがわかるでしょう。

ただシステムがちがうので、正確な動作比較などはできないものとなります。

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

iPhone 8

Galaxy S8 SCV36

モニター4.7インチ
比率:16:9
5.8インチ
比率:18.5:9
画面解像度1334x750px2960×1440
(QHD+)
液晶パネルRetina HD
IPSテクノロジー搭載
ワイドスクリーンLCD
1,400:1
コントラスト比(標準)
有機EL
(Super AMOLED)
Infinity display
TFT
1677万色
HDR動画
再生対応
Dolby Vision
HDR10コンテンツ対応

iPhone 8のほうが良い点

「iPhone 8」における、良い点の紹介です。

True Toneディスプレイを採用した

ディスプレイには、True Toneディスプレイというものを採用しました。

True Toneディスプレイとはどういったものなのでしょうか?

画面の周りに埋め込まれているセンサーを使い、環境光に応じて画面のホワイトバランスを調整する技術です

たとえば、太陽光の下で見る画面と、蛍光灯の下で見る画面とでは同じ色を表示していても色合いが異なって見えます。
True Toneディスプレイはこうした環境光の違いを識別し、その環境で正確な色を表示するように画面を調整します。

True Toneディスプレイとは、iPad Proにもつかわれた技術です。
往来のiPhoneより、どんな環境でも見やすい液晶画面となりました!

Galaxy S8 SCV36のほうが良い点

「Galaxy S8 SCV36」における、良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

  • iPhone 8の画面サイズ→4.7インチ
  • Galaxy S8 SCV36の画面サイズ→5.8インチ

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、1.1インチほど大きいことがわかります。

本体の84%が液晶画面を占めています。
そのため、極端に大きいわけではありません。

画面解像度が高い

  • iPhone 8の画面解像度→1334x750
  • Galaxy S8 SCV36の画面解像度→2960×1440(QHD+)

「Galaxy S8 SCV36」の方が、数段階ほどよく画面表示することができます。

ディスプレイ表示に関しては、「Galaxy S8 SCV36」に軍配があがるでしょう。

カメラのスペック

iPhone 8

Galaxy S8 SCV36

有効画素数メイン:1200万画素
(裏面照射型センサー)
サブ:700万画素
メイン:約1,220万画素
(デュアルピクセル)
サブ:約800万画素
F値メイン:F1.8
サブ:F2.2
メイン:1.7
サブ:1.7
自動手ぶれ
補正
静止画:○
動画:○
光学ズーム
デジタル
ズーム
最大5倍8倍  

iPhone 8のほうが良い点

「iPhone 8」における、良い点なし。

Galaxy S8 SCV36のほうが良い点

「Galaxy S8 SCV36」における、良い点の紹介です。

カメラのレンズがよい

  • iPhone 8のF値→メイン:1.8 サブ:2.2
  • Galaxy S8 SCV36のF値→メイン:1.7 サブ:1.7

カメラのレンズは「Galaxy S8 SCV36」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

これにより、夜間や屋内などでもキレイに撮れることでしょう。

iPhone8・Galaxy S8 SCV36には、それぞれ特有のカメラ機能やセンサーをもっています。
それにより、画質の好みが別れることでしょう。

カメラ機能をよくつかう人は、かならず店舗で確認することがおすすめです!

スポンサードリンク

充電関連のスペックと共通点

iPhone 8

Galaxy S8 SCV36

連続
通話時間
最大14時間約1,420分
(23.7時間)
連続
待受時間
最大12時間
(インターネット)
最大13時間
(ワイヤレスビデオ)
最大40時間
(ワイヤレスオーディオ)
約340時間
バッテリー
容量
未公開(1.821mAh)3000mAh
電池パック
取り外し
充電方式Lightning
ワイヤレス充電
USB Type-C
ワイヤレス充電

連続待受時間が、「iPhone 8」と「Galaxy S8 SCV36」では、明らかにちがいます。
検査方式がちがうのでしょうか?

ここでは、あえて取り上げないようにします。

ワイヤレス充電ができる

  • iPhone 8→ワイヤレス充電ができる
  • Galaxy S8 SCV36→ワイヤレス充電ができる

両機種ともに、ワイヤレス充電ができるようになりました。

では、ワイヤレス充電というのはどういうものなのでしょうか?

ワイヤレス充電というのは、充電器の台にスマホをおくだけで充電がはじまるのです!
スタイリッシュな充電方法ができるようになります。

往来なら、充電器をさして充電がはじまりますね。
専用の台におくだけで、充電がはじまるのです!

≫≫楽天市場で、おすすめのワイヤレス充電器を集めてみました。

また言うまでもないのですが、充電器をさして充電することもできます!

iPhone 8のほうが良い点

「iPhone 8」における、良い点なし。

Galaxy S8 SCV36のほうが良い点

「Galaxy S8 SCV36」における、良い点の紹介です。

電池の容量が大きい

  • iPhone 8の電池容量→未公開(1.821mAh)
  • Galaxy S8 SCV36の電池容量→3,000mAh

「iPhone 8」の電池容量は正式公表されていませんが、ユーザー間の情報で1.821mAhとなっています。

「Galaxy S8 SCV36」の方が、大容量の電池パックを搭載していることがわかります。

電池の持ちがよい

  • iPhone 8の連続通話時間→最大14時間
  • Galaxy S8 SCV36の連続通話時間→約1,420分(23.7時間)

「Galaxy S8 SCV36」のほうが、9.7時間ほど長くなっています。
基本的な電池のもちは「Galaxy S8 SCV36」のほうが、優れていることでしょう。

スポンサードリンク

その他のスペック

iPhone 8

 Galaxy S8 SCV36

Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
Bluetooth5.0
GPS
テレビ ーワンセグ
フルセグ
ハイレゾ
防水機能IPX7IPX5
IPX8
防塵性能IP6XIP6X
セキュリティ指紋認証指紋認証
虹彩認証
顔認識
イヤホン
ジャック

iPhone 8のほうが良い点

「iPhone 8」における、良い点の紹介です。

Galaxy S8 SCV36のほうが良い点

「Galaxy S8 SCV36」における、良い点の紹介です。

テレビを見ることができる

  • iPhone 8→テレビ機能なし
  • Galaxy S8 SCV36→テレビ機能あり

「Galaxy S8 SCV36」には、テレビ機能が搭載しています。
普段からテレビをみない人には、興味のわかない項目ですね。

セキュリティ方法が豊富

  • iPhone 8のセキュリティ→指紋認証
  • Galaxy S8 SCV36のセキュリティ→指紋認証 虹彩認証 顔認識

特に取りあげたい機能が、虹彩認証です。
虹彩認証というのは、ユーザーの目を認識して登録者かどうか判断する機能です。

セキュリティー面でも安心できますね。

防水性能が優れている

  • iPhone 8の防水性能→IPX7
  • Galaxy S8 SCV36の防水性能→IPX5 IPX8
数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

この表が防水性能の基準となっています。

「iPhone 8」だとこのようになります。

  • 一定の水圧で30分間 水に浸かっても保護

一方、「Galaxy S8 SCV36」の防水性能は、このようになります。

  • すべての方向から、いきおいのある水流に対する保護
  • 連続的に水中に置いても保護

「Galaxy S8 SCV36」の方が、防水性能に優れていることがわかります。

ただし、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

イヤホンジャックがついている

  • iPhone 8→イヤホンジャックなし
  • Galaxy S8 SCV36→イヤホンジャックあり

「Galaxy S8 SCV36」には、いままでと変わらずイヤホンジャックがあります。
あなたお気に入りのイヤホンは、かわらず使うことができます。

「iPhone 8」には、イヤホンジャックがついてないです。
残念ですね。

まとめ

以上が、「iPhone 8」と「Galaxy S8 SCV36」スペックの違いでした。

まとまると、以下のとおりです。

【iPhone 8を選ぶと満足する人】

  • 軽いスマホが好きな人
  • できるだけ、安く買いたい人
  • 以前からiPhoneを使っている人
  • ほかのapple製品をお持ちの方

【Galaxy S8 SCV36を選ぶと満足する人】

  • 大画面で映像をみたい人
  • いままでのイヤホンを使いたい人
  • 充電しながらイヤホンを使いたい人
  • 大容量のSDカードを使いたい人
  • 水回りでつかうことが多い人
  • テレビを見たい人
  • 電池の持ちを重視する

こうして比べてみると、「Galaxy S8 SCV36」のほうがスペックは優れていることがわかりますね。

ただスペックだけでは、すべてを語ることができないのがスマホです。
スマホを買うときは、手に取ってからきめることが大切でしょう!

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク