【比較】Galaxy Note 8とHTC U11をくらべてみた!【SCV37 vs HTV33】

auから、2017年秋冬モデルとして新作のスマホが発表されました。

Samsung製品「Galaxy Note 8 SCV37」とSONY製品「Xperia XZ1 SOV36」とSHARP製品「AQUOS sense SHV40」の3機種です。

Samsung製品「Galaxy Note 8 SCV37」と夏モデルのHTC製品「HTC U11 HTV33」を比較しました。

では、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

デザインの違い

まずはじめに、「Galaxy Note 8 SCV37」と「HTC U11 HTV33」それぞれのデザイン特徴をみていきましょう。

Galaxy Note 8 SCV37のデザイン

まずはじめに、「Galaxy Note 8 SCV37」のデザインから見ていきましょう!

ベゼルレスデザイン

画面が、ほぼベゼルレスで全面フルガラスを採用しています。
フレームをそぎ落とした全画面ディスプレイです。

画面上から物理ボタンをなくしています。
画面を押すと現れる、感圧式ホームボタンを搭載しています。

ソフトウェアキーの採用により、戻るボタンと履歴ボタンの入れ替えができます。
フレームカラーもカスタマイズも可能。

これにより、別メーカーからの機種変更でも、問題なく対応できるようです。
「痒い所に手が届く」ともいえますね。

Sペンを使うことができる

「Galaxy Note 8 SCV37」には、Sペンをつかうことができます。

それにともなって下側面には、ペンの収納ができるようになっています。

背面レンズがスッキリしている

「Galaxy Note 8 SCV37」の背面には、カメラが配置しています。
カメラ部分が出っ張っている様子はないですね

HTC U11 HTV33のデザイン

つづいて、「HTC U11 HTV33」のデザインをみましょう。

背面にもガラス素材を採用

前面だけでなく、背面にもガラス素材をつかっています。

カメラ部分が出っ張っている

「HTC U11 HTV33」のほうも若干ですが、カメラ部分が出っ張っているように見えますね。

うーん、残念。

イヤホンジャックがない

Androidのスマホでは、珍しいのですが、イヤホンジャックがありません。

普段から使っているイヤホンがつかえないスマホとなります。
要注意ですね。

しかし、試供品としてハイレゾ対応イヤホン同梱しています。

【Galaxy Note 8 SCV37の特徴】

  • 全体的にまるっこい
  • ベゼルレス画面
  • カメラ部分は出っ張っていない
  • Sペンをつかうことができる

【HTC U11 HTV33の特徴】

  • 全体的にまるっこい
  • 表面がガラス素材になっている
  • イヤホンジャックなし

個人的に、デザインは「Galaxy Note 8 SCV37」がいいように感じます!

基本的なスペックと共通点

Galaxy Note 8 SCV37
HTC U11 HTV33
カラーメープルゴールド
ミッドナイトブラック
サファイアブルー
ブリリアントブラック
 幅
高さ
厚さ
75
163
8.6mm
約76
154
8.3mm
OSAndroid™ 7.1Android™ 7.1
CPUSnapdragon 835
MSM8998
2.35GHz/クアッドコア
+1.9GHz/クアッドコア
Snapdragon 835
MSM8998
2.36~2.45GHz/
クアッドコア
+1.9GHz/
クアッドコア
重さ約190g約170g  
micro SDXCカード256GB  200GB
 RAM6GB  4GB
ROM64GB64GB
価格64GB:125,000円前後64GB:86.000円前後
発売日2017年10月26日2017年7月14日

【共通点】

  • CPU
  • ROM(本体容量)

このように、基本的なスペックは似ていることがわかります。

ちなみに、CPUは同じものを搭載していますが、「Ghz」の数値が少しことなっています。
ここでは、「Ghz」の数値差は考慮しないことにします。

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」における、良い点の紹介です。

RAM容量がおおい

  • Galaxy Note 8 SCV37のRAM容量→6GB
  • HTC U11 HTV33のRAM容量→4GB

RAM容量の数値上では、「Galaxy Note 8 SCV37」がよいことがわかるでしょう。

RAMが大きければ大きいほど、同時にアプリを起動しても、正常にうごいてくれます。
ゲームなどの重たい処理をしているときでも、サクサクとうごいてくれます。

仮に、RAMが小さい状態で同時にアプリを使っていると下記のようなことがおきるのです。

  • アプリが強制終了してしまう
  • スマホの電源が勝手に切れる(再起動される)

RAMの容量が小さいと、いいことはあまりないです。
「Galaxy Note 8 SCV37」が優れていることがわかりますね。

しかしながら、「HTC U11 HTV33」のRAM容量は、決して小さいわけではありません。

microSDXCカードの対応容量が幅広い

  • Galaxy Note 8 SCV37の対応SDカード→256GB
  • HTC U11 HTV33の対応SDカード→200GB

「Galaxy Note 8 SCV37」の方が、SDカードが幅広く対応しています。

多くのデータをもちあるく人にとっては、喜ばしい点でしょう。

HTC U11 HTV33のほうが良い点

「HTC U11 HTV33」における、良い点の紹介です。

本体が軽い

  • Galaxy Note 8 SCV37の重量→約190g
  • HTC U11 HTV33の重量→約170g

「HTC U11 HTV33」のほうが、20gほど軽く、持ち歩きやすいスマホとなります。

おそらく今、あなたが持っているスマホと大きな差はないでしょう。
気軽に機種変更ができますね。

本体価格が安い

  • Galaxy Note 8 SCV37の価格→64GB:125,000円前後
  • HTC U11 HTV33の価格→64GB:86.000円前後

本体容量が64GBで比べると、約39.000円ほど安いことがわかります。
やっぱり安いほうがいいですよね!

スポンサードリンク

ディスプレイスペック

Galaxy Note 8 SCV37
HTC U11 HTV33
ディスプレイ
タイプ
Super AMOLEDSuper LCD5
3D Corning
Gorilla Glass 5
(カーブエッジ)
ディスプレイ
サイズ
約6.3インチ  約5.5インチ
ディスプレイ
最大表示色
約1,677万色1677万色
ディスプレイ
解像度
2,960×1,440
(QHD+) 
 2,560×1,440
(WQHD)

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」における、良い点の紹介です。

画面サイズがおおきい

  • Galaxy Note 8 SCV37の画面サイズ→約6.3インチ
  • HTC U11 HTV33の画面サイズ→5.5インチ

「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、0.8インチほど大きいことがわかります。

画面解像度が高い

  • Galaxy Note 8 SCV37の画面解像度→2960×1440(QHD+)
  • HTC U11 HTV33の画面解像度→2,560×1,440(WQHD)

「Galaxy Note 8 SCV37」の方が、1段階ほどよく画面表示することができます。

ディスプレイ表示に関しては、「Galaxy Note 8 SCV37」に軍配があがるでしょう。

HTC U11 HTV33のほうが良い点

「HTC U11 HTV33」における、良い点なし。

カメラのスペック

Galaxy Note 8 SCV37
HTC U11 HTV33
有効画素数広角:約1,220万画素
(デュアルピクセル)
望遠:約1,220万画素
サブ:約800万画素
メイン:約1,200万画素
(ウルトラピクセル)
サブ:約1,600万画素
撮影素子広角/望遠:CMOSメイン:CMOS
サブ:CMOS
F値メイン:1.7

望遠:2.4

サブ:1.7

メイン:2.0
サブ:2.0
撮影ライト静止画:―
動画:○
静止画:○
動画:○
オートフォーカス
機能
静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能
(電子式)
静止画:○
動画:○ 
手ブレ補正機能
(光学式)
静止画:○
動画:○
静止画:○
動画:○
接写機能
動画最大
撮影サイズ
3,840×2,1603,840×2,160
動画
ズーム
10倍 4倍
静止画最大
撮影サイズ
4,032×3,0244,032×3,024
静止画
ズーム
10倍  4倍
スポンサードリンク

Galaxy Note 8 SCV37の特徴

「Galaxy Note 8 SCV37」における、特徴の紹介です。

カメラのレンズがよい

  • Galaxy Note 8 SCV37のF値→メイン:1.7 望遠:2.4 サブ:1.7
  • HTC U11 HTV33のF値→メイン:2.0 サブ:2.0

カメラのレンズは「Galaxy Note 8 SCV37」のほうがよく、暗い環境でも対応できるようになっています。

とくに、サブカメラに大きな差があると感じます。
これにより、夜間や屋内などでもキレイに撮れることでしょう。

HTC U11 HTV33 と Galaxy Note 8 SCV37には、それぞれ特有の機能やセンサーをもっています。
それにより、画質の好みが別れることでしょう。

カメラ機能をよくつかう人は、かならず店舗で確認することがおすすめです!

望遠レンズを搭載している

  • Galaxy Note 8 SCV37→望遠レンズあり
  • HTC U11 HTV33→望遠レンズなし

「Galaxy Note8 SCV37」 には、Galaxyシリーズ初となる、約1,200万画素の望遠レンズを搭載しました。
この望遠レンズは、光学2倍ズームができます。

望遠レンズ・広角レンズともに、光学手ブレ補正機能を備えております。
ズームしてもブレの少ない写真をとることができるのです。

さらに「Galaxy Note8 SCV37」 には、ライブフォーカスという機能があります。
つまり、ボケの強弱を調整することができるのです。

背景をぼかすことによって、写したいものを強調することも、また写したくないものをさりげなく隠すことができます。

撮影時も撮影後でも関係なく行えることが強みとなります。

ライブフォーカス使用後

ライブフォーカス使用前

こうしてみると、背景のぼけ加減が一目瞭然ですね!
カメラ性能は着実に向上しています。

ズーム機能が優れている

  • Galaxy Note 8 SCV37のズーム倍率→10倍
  • HTC U11 HTV33のズーム倍率→4倍

望遠レンズの恩恵なのか、「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが遠くのものをきれいに撮ることができます。

HTC U11 HTV33の特徴

「HTC U11 HTV33」における、特徴の紹介です。

HDR撮影でも超高速で撮影ができる

「HTC U11 HTV33」にはシャッターラグのないHDRの利点を生かすため、オートHDRブースト機能を導入しました。

HDRブースト機能は、クリアかつバランスのとれた写真をとるため、1度に複数の写真をとり、速度をおとすことなく影とハイライトを計測します。
そこにテクスチャーと色を強調させることで、最高の1枚をのこせます。

この技術を、動画にもつかわれています。
そのため、クリアな動画撮影もできるようになっています。

Uウルトラスピード・オートフォーカス機能

「HTC U11 HTV33」は、フルセンサーのオートフォーカス(AF)技術をつかっております。

この技術は、最上位のDSLR(一眼レフ)カメラにもつかわれているのです。
動きまわるもの、暗い状況でのカメラ撮影にとっても相性よし。

電子手ぶれ補正システム

「HTC U11 HTV33」の「光学及び電子手ぶれ補正システム」は、写真もビデオも安定化させます。
たとえ手が震えていても、徹底的に補正してくれます。

インカメラにも機能が充実している

「HTC U11 HTV33」に搭載したインカメラは、解像度1600万画素となっています。
さらに、メインカメラと同様の、強力なHDRブースト機能とノイズ除去機能を搭載。

「HTC U11 HTV33」のインカメラは、他社のスマホをくらべても、まったく引けを取らないでしょう。

スポンサードリンク

充電関連のスペックと共通点

Galaxy Note 8 SCV37
HTC U11 HTV33
電池容量3,300mAh3,000mAh
通話時間約1,830分
約1,220分
(20.3時間)
待受時間約330時間320時間
電池持ち
時間
約110時間約80時間
充電時間約110分約100分  
電池パック
取り外し
バッテリー
節電
充電方式ワイヤレス充電
type-C
Type-C

USB Type-Cでの充電

両機種ともに、USB Type-Cでの充電となります。

充電口は、端子に上下の区別がありません。
そのため、どちらの向きからでも差し込むことが可能です。

≫≫楽天市場で、おすすめのUSB type-cの充電器を集めてみました。

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」における、良い点の紹介です。

電池の持ちがよい

  • Galaxy Note 8 SCV37の連続通話時間→約1,830分 (30.5時間)
  • HTC U11 HTV33の連続通話時間→約1,220分 (20.3時間)

「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、10.2時間ほど長くなっています。
基本的な電池のもちは「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが、優れていることでしょう。

HTC U11 HTV33のほうが良い点

「HTC U11 HTV33」における、良い点の紹介です。

充電時間が短い

  • Galaxy Note 8 SCV37の充電時間→約110分
  • HTC U11 HTV33の充電時間→約100分

「HTC U11 HTV33」のほうが、10分だけ早く充電が完了します。

その他のスペック

Galaxy Note 8 SCV37
HTC U11 HTV33
Wi-Fi テザリング最大10台最大10台
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
テレビワンセグ:○
フルセグ:○ 
ワンセグ:-
フルセグ:-
テレビ連続
視聴時間
ワンセグ:約14時間40分

フルセグ:約11時間10分

Miracast対応
BluetoothVer.5.0  4.2
赤外線通信
防水IPX5
IPX8
IPX7
防塵IP6XIP6X
GPS
おサイフケータイ
NFC
ハイレゾ対応

Galaxy Note 8 SCV37のほうが良い点

「Galaxy Note 8 SCV37」における、良い点の紹介です。

テレビを見ることができる

  • Galaxy Note 8 SCV37→テレビ機能あり
  • HTC U11 HTV33→テレビ機能なし

「Galaxy Note 8 SCV37」には、テレビ機能が搭載しています。
普段からテレビをみない人には、興味のわかない項目ですね。

Bluetoothの規格がよい

  • Galaxy Note 8 SCV37のBluetooth対応規格→Ver.5.0
  • HTC U11 HTV33のBluetooth対応規格→Ver.4.2

Bluetoothの規格は、現段階の最新は5.0です。

「Galaxy Note 8 SCV37」にて、最新バージョンのBluetooth規格となりました。
Bluetoothを頻繁につかう人なら、安心のおける進化ですね。

防水性能が優れている

  • Galaxy Note 8 SCV37の防水性能→IPX5 IPX8
  • HTC U11 HTV33の防水性能→IPX7
数字種類説明
0無保護保護されていない状態
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による保護
2防滴II形15°傾斜したときに
落下する水に対する保護
3防雨形鉛直から60°以内の範囲で
水滴が噴霧状に対して保護
4防まつ形あらゆる方向からの
飛まつによる保護
5防噴流形すべての方向から、いきおいのある
水流に対する保護
6耐水形波浪、またはすべての方向から強い
いきおいの水流に対する保護
7防浸形一定の水圧で30分間
水に浸かっても保護
8水中形連続的に水中に置いても保護

この表が防水性能の基準となっています。

「Galaxy Note 8 SCV37」の防水性能は、このようになります。

  • すべての方向から、いきおいのある水流に対する保護
  • 連続的に水中に置いても保護

一方、「HTC U11 HTV33」だとこのようになります。

  • 一定の水圧で30分間 水に浸かっても保護

「Galaxy Note 8 SCV37」の方が、防水性能に優れていることがわかります。

ただし、どんな水にも無敵というわけではないので注意しておきましょう!
防水ではありますが、できる限り水場をさけた方が賢明でしょう。

イヤホンジャックがついている

  • Galaxy Note 8 SCV37→イヤホンジャックあり
  • HTC U11 HTV33→イヤホンジャックなし

「Galaxy Note 8 SCV37」には、いままでと変わらずイヤホンジャックがあります。
あなたお気に入りのイヤホンは、かわらず使うことができます。

「HTC U11 HTV33」には、イヤホンジャックがついてないです。
残念ですね。

Sペンがつかうことができる

「Galaxy Note8 SCV37」 には、Sペンというものがついてきます。
このSペンが、「Galaxy Note8 SCV37」最大の特徴といっても過言ではないでしょう。

この「Sペン」では、約0.7mmのペン先と4096段階の筆圧を感知します。
それにより、自然なペン使いが可能になっています。

画面オフメモ

画面を起動させることなく、メモがとれる機能があります。
書いたメモはすぐに表示させるようにできる上に、本体に保存することもできます。

個人的にも1度つかってみたい機能です!!

本物のように絵が描ける

4096段階の筆圧を感知することで、線の太さや濃淡をコントロールします。

このように普段のメモから絵を描くことまで、本物の紙とペンのような書き心地で表現するのです。

HTC U11 HTV33のほうが良い点

「HTC U11 HTV33」における、良い点の紹介です。

エッジ・センス機能

「HTC U11 HTV33」には新機能の1つとして、「エッジ・センス」機能が追加されました。

スマホを握ると、アプリの起動ができるのです。
設定次第であらゆる機能やアプリに割りあてることができます。

個人的に興味のある機能の1つです。

アクティブノイズキャンセル機能

「HTC U11 HTV33」にはアクティブノイズキャンセル機能が追加されました。

アクティブノイズキャンセル機能により、周囲の雑音を消音にかえることができます。
音楽にこだわりがあるかたにとっては、たいへん興味深い機能でしょう。

アクティブノイズキャンセル機能に加えて、あなたのきこえ方にあわせて音をチューニングします。

人によって耳の構造やきこえ方がちがいますが、 「HTC Uソニック・ハイレゾ」は、音の反響からあなたの耳の構造を解析し、音のチューニングをおこないます。

うれしいことに、アクティブノイズキャンセル機能つきのイヤホンが付属します!

BoomSound

音を再生するためのスピーカーが、アップグレードされました。

その名も「BoomSound Hi-Fi」

上部のスピーカーは、高音・中音領域をよりゆたかに。
下部のスピーカーは、大きくクリアな深い低音域(ベース音)をひびかせます。

つまり、スピーカー自体もよりよいものになっています!

まとめ

以上が、「Galaxy Note 8 SCV37」と「HTC U11 HTV33」違いでした。

【Galaxy Note 8 SCV37を選べば満足する人】

  • 大画面で映像をみたい人
  • いままでのイヤホンを使いたい人
  • 充電しながらイヤホンを使いたい人
  • 大容量のSDカードを使いたい人
  • 水回りでつかうことが多い人
  • テレビを見たい人
  • 電池の持ちを重視する人
  • Sペンを使いたい人

【HTC U11 HTV33を選べば満足する人】

  • ガラスデザインが好きな人
  • エッジセンス機能を使いたい人
  • ハイレゾ機能を手軽に楽しみたい

全体的にみて、「Galaxy Note 8 SCV37」のほうが高スペックなスマホですね。
その分、値段差はあります。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事を見た方は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク