【LGV32】必見!電源が切れる・再起動を繰り返す不具合が多発!【isai Vivid】

LG製品のスマホでLGV32 isai Vividという機種があります。
auから出している機種です。

カタログのスペック上では、すばらしい性能をもっています。
カメラの性能・ディスプレイの性能など、同時期の他社スマホと比べても、ひけをとらない性能をもっています。

しかし、カタログ上ではわからないのがスマホなのです。

この機種には、とある不具合が多発しているのです。
その不具合というのは…

  • 勝手に電源が切れる
  • 電源を入れた後に、再起動を繰りかえされる
  • 起動中のisaiロゴ画面でフリーズする。
  • 充電の反応もなく、電源が入らなくなる。
  • 画面一面が緑色になる、小さい字なにかが書かれている。

電源系にかかわる不具合が多発しています。
このLGV32で発生している不具合に、効果的な対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

対処法

電池パックのとりはずす

LGV32は電池パックの取りはずしができる機種です。

一時的な不具合であれば、電池パックの取りはずしで不具合がなおることがあります。

SDカードを抜いた状態で起動してみよう

SDカードが不具合の原因であった場合、カードを抜いた状態で起動することがあります。

試してみて損しない方法なので、早速試してみましょう

セーフモードを試してみる

セーフモードとは、工場出荷時にちかい状態でスマホを起動させる機能です。
つまりインストールしたアプリなどを抑制して、スマホを起動させることができます

オールリセットと似たような効果があるのです。

これによりスマートフォン本体が不具合原因なのかアプリ・設定・データが不具合の原因となっているのかを判断できます。

もしセーフモードの状態で不具合がでないのであれば、スマホ本体は正常というわけです。
セーフモードの状態でも不具合がでれば、スマホ本体が異常となります。

LGV32の場合、セーフモードの方法が1つあります。

  • 電源が入った状態で、電源キー長押し→「電源を切る」長押し→「OK」

見ていただければわかりますが、電源が入った状態が条件となります。
状況によっては、セーフモード自体行えないでしょう。

スポンサードリンク

細かなバックアップを取っておこう

LGV32で多発している不具合は、電源が入らない・再起動を繰りかえす不具合です。

この不具合になってしまうと、大切なデータを取り出すことができません。
万一にそなえて、日ごろからバックアップをしておいた方が安心でしょう。

まとめ

以上が対処法・予防策となります。

まとめると以下の4点となります。

  1. 電池パックのとりはずす
  2. SDカードを抜いた状態で起動してみる
  3. セーフモードを試してみる
  4. 細かなバックアップを取っておく

すべての対処法を試しても、不具合がなおらない可能性はあります。
それはスマホ本体の部品が不具合の原因となっている場合です。

例えば、電池パックが劣化しているなどです。

その時には「修理」もしくは「交換」での対応となります。
ご不便な方は、ぜひともご覧ください。

ここまで、ありがとうございました。

※画像はすべてXperia Z3 SOL26 Android バージョン 5.0.2を利用しています。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク

コメント

  1. とても役に立つ情報でした。スッキリしました。
    ありがとうございます。