【SHL23】電源ボタンの反応不良!?不具合多発 対策はないのか!?

シャープ製品のスマホ SHL23という機種があります。
こちらです、けっこう古い機種ですね。

この機種では、電源ボタンに関する不具合が多発しているのです。

  • まったく反応しない
  • 何回に1回しか反応しない
  • 強くおすときだけ、反応する

人によって、不具合のどあいも様々です。


この通り、すこし検索するだけで、同症状での口コミが多数あるのがわかります。

今回はSHL23でよくおきている電源ボタン不具合について書いた記事となります。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

どうして、電源ボタンの不具合がおきるのでしょうか?

あまりにも多くのどうよう報告があるので、SHL23には電源ボタンの接触不良がおきているケースがかんがえられます。

そのほかには、一時的な不具合であることがございます。

対処法

それでは、SHL23の電源ボタン不具合に有効な対処法をご紹介していきます。

強制終了をやってみる

電源ボタンが反応しない不具合が一時的なものであれば、強制終了によりなおる可能性もございます。

SHL23の場合は、以下の通りです。

  • SHL23 (AQUOS PHONE SERIE) / 「電源ボタン」 長押し(8秒)→バイブレータが振動した後、手を離すと電源が切れる。

こちらをするときは、注意が必要です。

SHL23では、強制終了なのです。
※自動的に再起動するわけではありません。

強制終了を行うときは、電源がはいらなくなってもよいという気持ちでないとだめです。
あらかじめ、必要なデータのバックアップはすませておきましょう。

スポンサードリンク

グリップセンサーを有効にしておく

SHL23では、グリップセンサーを有効にすることがたいせつです。

では、グリップセンサーとはいったいなんでしょうか?

本体の両側にセンサーをついています。
両側のセンサーを同時にふれることで画面をつけることができます。
②の部分がセンサーの箇所でございます。

グリップセンサーを有効にすることで、電源ボタンをつかわないようにすることができます。

オススメの機能です!

では、設定方法をみていきましょう。

設定」アプリより、「グリップセンサー」をタップする。

右上の項目より「ON」に変更する。

持った時の表示」をタップする。

ロック画面表示」に設定しよう

カバー装着設定」をタップする。

カバーなし」「カバーあり」をかえることができます。

まとめ

SHL23での電源ボタン不具合に対する対処法は、強制終了とグリップセンサーを有効にする方法の2つだけです。

一時的に不具合をおこしているのか、電源ボタン自体が不具合をおこしているかになります。

もし強制終了をしてもなおらなければ、電源ボタンが接触不良をおこしているでしょう。

その時には「修理」もしくは「交換」での対応となります。
ご不便な方は、ぜひともご覧ください。

ここまで、ありがとうございました。

※画像はすべてXperia Z3 SOL26 Android バージョン 5.0.2を利用しています。

この記事を見た人は、こちらの記事も見ています。

スポンサーリンク